アジアンハートビート〜Asian Heart Beat〜


アジアの犬たち。その名もアジワン!

Posted in タイ,ベトナム,ミャンマー,ラオス,中国,台湾 by Asian Heart Beat on the 4月 12th, 2007

アジアの国々へ行くと、自由気ままにうろうろするワンコたちを目にする。
一日中くさりにつながれて、不自由きわまりない日本に比べたら、アジアの国々はまさにワンコの天国。
そんな彼らを「アジワン」とネーミングし、のんきでコミカルなアジワン達の日常を、写真とイラストエッセイで綴った新刊が人気だ。

著者は、明治の愛犬家:平岩米吉の生涯をおった『愛犬王ー平岩米吉伝』小学館ノンフィクション大賞を受賞した片野ゆかさん。犬と言えばこの作家というほど、犬と人間との関わり合いに造詣が深い。そんな著者がアジアに行っては、旅先で出会った「脱力系ワンコ」たちを中心に全頁フルカラーでアジワンの魅力をたっぷり伝えてくれる。
アジアの犬たち。その名もアジワン!

アジア好きには「あー、この風景あるある!」
ワンコ好きには「わー、この犬かわいい!」
と思わずニンマリの一冊だ。

ajiwan.jpg
アジワン―ゆるりアジアで犬に会う
定価:1,300円+税
単行本: 150ページ
出版社: ジュリアン
ISBN: 4902584441

●片野ゆか
1966年東京生まれ。台湾、タイなどを中心としたアジアエリアのグルメ・食文化、人と犬の生活をテーマにしたもの全般について取材・執筆。
『愛犬王–平岩米吉伝』で第12回小学館ノンフィクション大賞受賞。
ブログ『片野ゆかの台湾と遊ぼう』
http://www.taiwankanko.com/yuka/

AHBサイト完全リニューアル!

迅速な情報更新や、情報提供の利便性を上げるため、Asian Heart Beatのウェブサイトをブログ化いたしました。
ブログ化に伴い、過去のデータを移植。
AHBのシンボルカラーでもある、赤と黒のツートンカラーを踏襲しつつ、すっきりとお洒落な雰囲気での新装開店です。
今後もアジアの様々な情報を皆様にお届けしてまいります。
どうぞお楽しみに。

logo.gif
Asian Heart Beat編集部スタッフ一同

竹下通りよりお勉強? 今どきの修学旅行

Posted in ブルネイ,マレーシア,中国 by Asian Heart Beat on the 4月 12th, 2007

「東京へ修学旅行」といえば、東京タワーに東京ドーム、ディズニーランドに竹下通り・・・と思いきや、最近の中学生はそんなに簡単には遊ばせてもらえないようだ。
5月中旬、銀座のあるオフィスに中学生のグループが入ってきた。あたりはオフィスビルが建ち並ぶ銀座のビジネス街、制服姿の彼女たちはいやがおうにも周囲の目を惹く。宮城県の七ヶ浜町立向洋中学校から修学旅行でやってきた彼女たちは、総合学習授業の一環としてマレーシアの貿易について調べるべく、マレーシア貿易開発公社(Matrade)を訪れていた。

ムスタファ所長のにこやかな出迎えを受けて、固くなっていた表情に笑みがこぼれる。ところで彼女たちはなぜここに来たのだろうか。現在、中学では“総合学習”という科目が組み入れられており、担当教員の大寺先生によると「2年生の終わり頃から、政治経済、スポーツ、科学、美術、文学歴史、国際理解という6 つのカテゴリの中からそれぞれに好きな1つを選択」する。この中で「国際理解を選んだ約20名の生徒たちはさらにアジアの国々の中から「ブルネイダルサラームの観光」「アジアの民族衣装」「中国と日本の観光」「マレーシアの貿易」「韓国について」といった具合にテーマを決め学習。修学旅行で東京に行く機会を使い、テーマに相応しい機関を先生が選び、アポイントを取って直接訪問。他のグループはASEANセンター、日本ブルネイ友好協会中国国家観光局国際理解教育センター(ERIC)あーずぷらざなど、訪問先も様々」だ。
2泊3日のスケジュールで来た約130名の生徒たちは、初日こそ東京ディズニーランドを楽しんだものの(午前中国会議事堂を訪ねているのだが!)、翌日は 1名から2〜3名単位に分かれて、合計9つの商店街にある沢山のお店に行き、職場体験として実際の仕事を経験。最終日は各テーマに合わせて会社や機関を訪問と、遊びの要素は非常に限られており、せっかく東京に来たのだから…と記者は少々気の毒に思った。
matrade_student3.jpg
5人の代表を務める日高彩さんは、なぜマレーシア?という問いに「日本とマレーシアは貿易が盛んだと聞いて興味を持ちました」と恥ずかしそうに答えていたが、展示フロアにピューター製のディズニーグッズを見つけると、はしゃぎながら写真を撮ったりする普通の中学生に戻っていた。
ムスタファ所長は「弊社に来て、実際にマレーシアの製品やマレーシアの情報に触れてもらうことで、将来の日本を担う若い人たちに、マレーシアに対して興味を持ってもらうことは非常に良いことだ」と、これからもこういった生徒の受け入れを積極的に行っていきたい考えだ。
matrade_student.jpg

アジアの食材が幕張に!

3月13日(火)より4日間にわたり「FOODEX JAPAN 2007 /第32回国際食品・飲料展」が幕張メッセにて開催される。
今年で32回を数える同展は、日本全国はもとより、世界77ヵ国・地域、約2,250社から選りすぐりの食品・飲料が出店されるアジア・環太平洋地域最大の食品・飲料専門展示会とあって、期間中は約100,000名の業界関係者が集まり、それぞれに活発な商談が行われる。企業毎の展示ブース以外にも、業界のトップランナー達によるセミナーやカンファレンス、最新の食のトレンドを紹介する展示コーナーなど、サイドメニューも充実の4日間。
8つあるホールのうち、5つは海外メーカーによる出店であり、アジアの食材も大いに期待出来そうだ。
食品・飲料に携わる人であれば入場可能なので、アジアの食材に興味のあるかたは足を運んでみてはいかがだろうか。
【16歳未満・お子様連れ入場不可】

foodex2006.jpg
FOODEX JAPAN公式サイト
http://www.jma.or.jp/foodex

日時:2007年3月13日(火)〜16日(金)
   10時〜17時(最終日は16時30分まで)
会場:幕張メッセ(千葉)

5月のFM AHB シンガポールの歌姫

Posted in FM アジアンハートビート,シンガポール,中国,台湾 by Asian Heart Beat on the 4月 10th, 2007

東南アジア随一の経済発展を誇るシンガポール、しかしながら自国のみを活動のフィールドに見据えたミュージシャンはあまり多くありません。それもそのはず、琵琶湖や淡路島ほどの国土(682平方キロメートル)に、人口420万人では音楽市場のパイにも限界がありますし、また人口の約80%を占めるのは中華系ですから、彼らのネットワークを生かせば、台湾や香港、中国大陸といった巨大な市場を狙うことも不可能ではありません。台湾のアーティストとして大成したころ「実はシンガポール出身」といった感じで露出するなんてことも。同じ理由でマレー系のアーティストもマレーシアやインドネシア等といった国々での活動を視野に入れた展開をしています。

さて、今回のFMAHBは、シンガポール出身で台湾をフィールドに活躍する孫燕姿(スン・イェンツィー/ステファニー・スン)をとりあげます。細身でキュートなルックスに、抜群の歌唱力のステファニーは、シンガポールはもちろん東南アジア �・中国域において人気の女性シンガー。さまざまなタイプの歌を歌いこなしていますが、特にアグレッシブなナンバーは彼女の歌唱力の高さを伺い知ることができます。30分の番組中、2つのアルバムから計3曲をお届けします。どうぞお楽しみに。

ON AIR 放送局
5月20日(土)23時〜30分 調布FM(83.8MHz)
▼エリア(近郊は一部地域)
調布市・世田谷区・狛江市
府中市・三鷹市・稲城市
川崎市多摩区
5月22日(月)23時〜30分 FM西東京(84.2MHz)
▼エリア(近郊は一部地域)
西東京市・練馬区・武蔵野市
東久留米市・小平市・小金井市
いずれも音楽評判堂にてON AIR

Pick up(太字はON AIR曲)

tobecontinued.jpg
孫燕姿(ヤン・イェン・ツィー)

「to be continued 未完成」
言語:北京語、英語
発売:2003年1月
MKCD-1858D

01 神奇
02 我不難過
03 永遠
04 未完成
05 接下来
06 学会
07 年軽無極限 (統一冰紅茶2003年中国広告曲)
08 了解
09 休止符
10 没有人的方向
11 My Story Your Song

stephanie_perfect.jpg
孫燕姿(ヤン・イェン・ツィー)
「Perfect day」
言語:北京語
発売:2005年10月7日

01 完美的一天
02 眼涙成詩
03 隠形人
04 流浪地図
05 第一天(FIR五月天燕姿聯合創作)
06 Honey Honey
07 心願
08 別一張臉
09 夢不落
10 明天晴天