*

「無茶旅行」 一覧

九州最高峰!屋久島の宮之浦岳(1936m)に登る

2008/10/22 | 無茶旅行

 せっかく『日本の名山』(ユーキャン)を書いたのに、今年は高尾山しか登れなかった…。  と、おもったらチャンスが巡ってきた。  鹿児島出身のギタリストで、十数年来の友人Yoshiが数年ぶりに鹿児島に帰...

続きを見る

北海道は寒かった

2008/05/19 | 無茶旅行

 GW明けからあっという間に2週間が経とうとしている。  ゆっくりと旅の想い出を紹介したいが、どうにもまとまった時間が取れない。  日記を書く習慣がないので、ちょっとした時間を使い“さっと書く”という...

続きを見る

年に一度の徒歩旅行,いよいよ完結

2008/04/28 | 無茶旅行

 小学校1年生の時、実家(長野県箕輪町)から祖母の家がある伊那市までの約10キロ程を父とともに歩いた。  あれから、27年。  毎年少しずつ歩き足していった徒歩の旅は  このGW、日本最北端の宗谷岬へ...

続きを見る

激走!鈴鹿8時間耐久ちゃりんこ

2007/12/02 | 無茶旅行

 締切やら、ラフ制作やら、未収の取り立てやらに追われ、あっという間に11月が終わってしまった。よく「会社は3年持てば大丈夫」などという人がいるが、あれは3年も経つといろんなしわ寄せが襲ってくるというこ...

続きを見る

北海道行ってきます。

2007/04/28 | 無茶旅行

 会社の近況をお知らせするブログのはずが、なんだが「無茶旅行」ばっかりで、結局「あいつは何やってるんだ」「AISAって何の会社なの?」とブログ設立の目的が元の木阿弥状態ではありますが、まあ、世の中はゴ...

続きを見る

自転車爆走400キロ!その7 〜ついに完結、宮崎へ〜

2007/04/28 | 無茶旅行

 ケータイの目覚ましが鳴る3分前に目が覚めた。外はまだほの暗い。九州は日が長い分だけ朝寝坊だ。 7時、高千穂を出発。あたりに停めてある車は窓ガラスが霜で覆われ、吐く息が白い。  高千穂駅を過ぎ国道21...

続きを見る

自転車爆走400キロ!その6 〜神の国、高千穂 後編〜

2007/04/04 | 無茶旅行

 あれこれ慌ただしくしていたら、県境の頂に2人を残したまま2週間も経ってしまった。その間、本家本元の旅日記は完結してしまったらしい。すでに蛇足の感濃厚ではあるけれど、道行きを先に進めたい。  まずはこ...

続きを見る

自転車爆走400キロ!その5 〜神の国、高千穂 前編〜

2007/03/19 | 無茶旅行

 九州の山は深い。  長野県生まれの私だが、目の前に広がる景色を見てそう思う。盆地の東西に南アルプスと中央アルプスが横たわり、何処を見渡しても山が見える景色は子ども心に窮屈で仕方なかったが、実は結構落...

続きを見る

自転車爆走400キロ!その4 〜想い出の竹田 後編〜

2007/03/12 | 無茶旅行

 歩きでも自転車でも、その日の宿をその日に決めるぶらり旅の場合、宿と同じくらい大事なのがメシの確保である。特に飲んべえ二人旅ともなれば、夜のチョイスは最重要課題。お互い口にこそしないが、一日の締めくく...

続きを見る

自転車爆走400キロ!その3 〜想い出の竹田 前編〜

2007/03/05 | 無茶旅行

 ふと人の気配を感じた。  しばらくすると、ほのかに奥ゆかしい香りが鼻をくすぐる。すぐに線香と気がついたが、ん、仏壇のない三鷹の家になぜ線香が…と思って寝返りを打つと、目の前に寝相よく布団に収まった高...

続きを見る

自転車爆走400キロ!その2 〜臼杵ナイト〜

2007/02/28 | 無茶旅行

 「ポー」  警笛が港にこだますると、2時間余りの船旅も終わり、フェリーはゆっくりと旋回しながら臼杵港へ接岸した。  時刻は夕方の6時前。東京ではとっくに日も暮れている頃だが、大分ではお天道様が粘り腰...

続きを見る

自転車爆走400キロ!その1

2007/02/26 | 無茶旅行

 今月は雑誌の校了が2つと、教則本と曲集の進行を2本抱えているのだが、そんな切羽詰まった状況にこそ、ムラムラと湧き上がってしまうのがスケベ心・・・ではなく、冒険心である。  ということで、会社を休んで...

続きを見る

ミャンマー紀行〜チン州への道〜(6最終話)

2006/10/02 | 無茶旅行

 先日、ある著名な先生と「なぜ2時間毎なのか?」という議題でお話しする機会があった。このネタは全世界共通、老若男女問わず盛り上がるもので、全く違う用件でお会いしたのだが、先生も2時間苦悩のご経験者であ...

続きを見る

チンの映像を出展します

2006/09/29 | 無茶旅行

 当ブログにて連載中の「ミャンマー紀行〜チンへの道〜」を映像版にてご覧頂ける機会ができた。明日9月30日(土)13時より東急池上線、池上駅の池上会館(徒歩10分)にて開催される「第二回ミャンマー辺境映...

続きを見る

ミャンマー紀行〜チン州への道〜(5)

2006/09/22 | 無茶旅行

 ミャンマーへ来てからの私はいろんなことに驚いていたが、中でも一番私にとってサプライズであり、そして日本よりもいいなと感じたことは「食うには困らない」ということであった。どんなに貧しそうな家でも、それ...

続きを見る

ミャンマー紀行〜チン州への道〜(4)

2006/09/16 | 無茶旅行

 日本の登山道では大抵の場合、行き交う人々は同じ様な登山者であることが多い。しかしヴィクトリア山への道は地元の人々の生活道路を使うため、畑作業から帰る大人子供、木材の切り出しに出かける大人、はたまた鉄...

続きを見る

ミャンマー紀行〜チン州への道〜(3)

2006/09/14 | 無茶旅行

 「どこの国にいっても大抵自分のナショナリティー(アメリカ人とかフランス人とか)について意識することが多いが、日本だけは「自分は外人だ」と強く感じさせられる国である。」と何かに書いてあった在日外国人の...

続きを見る

ミャンマー紀行〜チン州への道〜(2)

2006/09/12 | 無茶旅行

 「泥のように眠る」という比喩があるが、ミャンマーでの私はほぼ毎日そのような夜を過ごしていた。それは肉体的に疲れていたせいもあるが、多分に毎夜飲み過ぎたためであろう。唯一「泥」と違うのは隣のルーインさ...

続きを見る

ミャンマー紀行〜チン州への道〜(1)

2006/09/11 | 無茶旅行

 まるで冷蔵庫にいるような効き過ぎのエアコンから徹夜明けの体を守るには、紫色の毛布では少々薄すぎた。機内食を2本のタイビールで流し込むと寒さも多少和らぎ、すぐに深い眠りに落ちていった。  「マイレージ...

続きを見る

PR




PR


伊藤檀「自分を開く技術」でサッカー本大賞2017の優秀作品賞、読者賞を受賞しました

2000年に楽譜の出版社に転職し、そこから私の編集者人生はスタートしま...

アサヒビールとNHK。転職と起業という人生の点と点とがつながって仕事になった話

今年の春先から取りかかっていた本がやっと形になった。 スーパー...

「エクセル4難民」がたどり着いた、2017年のバーチカル手帳はこれだ!

毎年この時期になると、書店や文房具店の手帳売り場は、来年の手帳を求める...

祝!創立12周年。MOの読み方で世代がわかる、小社とデジタル環境の移り変わり。

先週の土曜日、10月29日(土)、会社創立から丸12周年を迎えた。 ...

自分は今、人生の折り返し地点にいるのかもしれない。

今年に入って、お世話になった人が次々鬼籍へと入られていく。いずれも、...

→もっと見る

    • RT : 5年ほど前、某出版社から「専門家を雇う予算がないのであなたが紋章デザインしてください」という無茶依頼をされたので紋章学の本を何冊も取り寄せて独学で付け焼き刃ながら頑張ってデザインしたものの、使われる事なく企画も立ち消えになり原稿料も出なかった…
    • RT : そのくせ作家さんにはSNSを使って自著やイベントごとの宣伝をしてくださいとあたりまえのように言ってきます。
    • RT : 出版不況で青色吐息の出版社はベースアップどころか、カットできるコストはないか常に探している状況です。売れそうなもの以外は広告宣伝費もつけてはくれません。
    • RT : 一部の人気作品を除いて、商業出版にはもはやかつてのような力もステータスもありません。商業出版は作家にどのようなメリットを提供できるのか。ここのところを再定義できない出版社に未来はないと思います。
    • RT : 作家に宣伝をさせるなら宣伝費を払うべきでは? 作家個人の人気にあやかって仕事をするなら、お仕着せの条件ではなく印税も原稿料も個別に話し合って契約すべきでは? コンペをするなら、成否を問わずプレゼン資料作成にかかった手間に応じた代金を支払うべきでは?…
  • 2017年10月
    « 4月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑