*

「業務連絡」 一覧

事務所を移転しました

2016/04/26 | 業務連絡 , ,

2004年の起業より、ずっと同じ場所で事務所を構えてきましたが、この度、移転することとなりました。 新しい事務所は、京王線の特急でひと駅となりの「府中」です。 不動産屋さんの案内文では「徒歩4...

続きを見る

10月29日、創業10周年を迎えました。

 今から10年前の2004年10月29日、金曜日。有限会社AISA(アイザ)は生まれました。  創業者であり、社長兼雑用係である私、小林渡は大学卒業後、西宮酒造(現日本盛)で営業マンを経験したのち、...

続きを見る

明日、第2回「THE浪曲」に出演します

2013/08/24 | 業務連絡

ギリギリの告知であれですが、明日、8月25日(日)、浅草のアミューズミュージアムにて、浪曲イベント、第2回「THE浪曲」に出演します。 5月18日(土)に行われた、第1回「THE浪曲」の続編です...

続きを見る

浪曲イベント、Ustream中継するそうです。

いよいよ明日、THE浪曲があるんですが、よくよく調べたら今週末の浅草は三社祭なんですね。 御神輿やらお囃子やら、芸能のエネルギーが盛り上がってるところにぶつけるとは、さすが山田さん。 TH...

続きを見る

5月18日(土)浅草で浪曲のイベントに出演します(私は歌いません)。

縁がありまして、来月、浪曲のイベントに出演することになりました。 (え?何で浪曲と思われた方、浪曲ご存じですね(笑)、当日お待ちしておりますm(__)m) 一般的には浪曲というより、浪花節(な...

続きを見る

【業務連絡】サーバの引越をしました

昨年、同じ管理会社内の扱うレンタルサーバ間での引越を行ったのですが、共用サーバ内にヘビーユーザーがいるらしく、年末あたりからサーバにアクセスできないことが頻発するようになりました。 この間、ブロ...

続きを見る

2013年の年賀状がピカイチ賞をいただきました

2013年も早いもので2週間目も終わろうとしております。 遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。 いつもお世話になっているD先生より、 「今年もらった年賀状のピカイチ賞」をいただ...

続きを見る

被災時の身の処し方は、山での行動と同じ。

2011/03/12 | 業務連絡

打ち合わせ中に被災し、帰宅難民になりましたが 不幸中の幸いで、宿も確保でき、 今、無事に小渕沢から戻ってきました。 幸い、事務所は荷物など崩れることなく、そのままでした。 起動したままのパソコンもその...

続きを見る

サーバのアクセス障害により

2008/12/08 | 業務連絡

 業務連絡です。  本日(2008年12月8日)、18時〜22時の間、弊社サーバがアクセス障害に見舞われました。  ウェブサーバならびに、メールサーバもストップしていましたので、この間に送られたメール...

続きを見る

PR




PR


伊藤檀「自分を開く技術」でサッカー本大賞2017の優秀作品賞、読者賞を受賞しました

2000年に楽譜の出版社に転職し、そこから私の編集者人生はスタートしま...

アサヒビールとNHK。転職と起業という人生の点と点とがつながって仕事になった話

今年の春先から取りかかっていた本がやっと形になった。 スーパー...

「エクセル4難民」がたどり着いた、2017年のバーチカル手帳はこれだ!

毎年この時期になると、書店や文房具店の手帳売り場は、来年の手帳を求める...

祝!創立12周年。MOの読み方で世代がわかる、小社とデジタル環境の移り変わり。

先週の土曜日、10月29日(土)、会社創立から丸12周年を迎えた。 ...

自分は今、人生の折り返し地点にいるのかもしれない。

今年に入って、お世話になった人が次々鬼籍へと入られていく。いずれも、...

→もっと見る

    • RT : 5年ほど前、某出版社から「専門家を雇う予算がないのであなたが紋章デザインしてください」という無茶依頼をされたので紋章学の本を何冊も取り寄せて独学で付け焼き刃ながら頑張ってデザインしたものの、使われる事なく企画も立ち消えになり原稿料も出なかった…
    • RT : そのくせ作家さんにはSNSを使って自著やイベントごとの宣伝をしてくださいとあたりまえのように言ってきます。
    • RT : 出版不況で青色吐息の出版社はベースアップどころか、カットできるコストはないか常に探している状況です。売れそうなもの以外は広告宣伝費もつけてはくれません。
    • RT : 一部の人気作品を除いて、商業出版にはもはやかつてのような力もステータスもありません。商業出版は作家にどのようなメリットを提供できるのか。ここのところを再定義できない出版社に未来はないと思います。
    • RT : 作家に宣伝をさせるなら宣伝費を払うべきでは? 作家個人の人気にあやかって仕事をするなら、お仕着せの条件ではなく印税も原稿料も個別に話し合って契約すべきでは? コンペをするなら、成否を問わずプレゼン資料作成にかかった手間に応じた代金を支払うべきでは?…
  • 2017年10月
    « 4月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑