*

EXILEの「NHK Eダンスアカデミー」テキスト1〜3月号を編集しました。

NHK「Eダンスアカデミー」のテキスト1〜3月号が今週発売されました。

前号(10〜12月号)に引き続き、今号も編集業務と、一部執筆を担当しています。

IMG_5400

前号の表紙は赤、今回は青で2冊並べてみるとなかなかキレイです。

今回もだいぶタイトなスケジュールでしたが、編集部の担当さんがビシバシ交通整理してくださったおかげで、ライター、デザイン、編集からなる制作チームは、それぞれ自分たちの仕事に没頭することができました。Yさん、ありがとうございました!

 

さて、今号の課題曲は「Rising Sun」。


EXILEが東日本大震災の復興支援を目的につくったチャリティーソングであり、太陽が再び昇るように、諦めず前へ進んでいく気持ちを曲にしたものです。

なんと、「Rising SUN」の振付には、盛岡の「YOSAKOIさんさ総踊り」のステップをEXILE流にアレンジして取り入れている部分もあり、実際にEXILEも東北地方の学校で「Rising Sun」の振付を教えたりもしています。

 

しかしながら、動きのあるダンスを紙面で見せるのはイバラの道でして、前回の「Choo Choo TRAIN」に増して動きの多い「Rising Sun」はカウントとカウントの間にいろんな動きがあるため、どうレイアウトすべきか、みんなで悩みました。

動きを割愛しすぎると、動きと動きのつながりがわからなくなってしまうし、たくさん写真を使って説明しようとするとかえってわかりづらくなる……という苦悩のせめぎ合いです。

また、ダンスの場合、カウントの感じ方が、カウントのジャストで動き始める場合と、動き終わったところがカウントになる場合とあります。そのため、写真の下にカウントを表示してレイアウトしたものを見てみると、実際に踊るときのイメージとズレを感じる部分が多々あり、校正でカウントの位置を移動したり、写真を差し替えたりすることが多々ありました。

なお、「Rising Sun」の振付は手加減無しの、EXILEとまったく同じバージョンです。

ダンスに接するのはほぼ初めてというEダンスキッズたちが、最後まで踊れるように成長していく様も圧巻です。

それにしても、実際に体を動かして「Rising Sun」にチャレンジしてみましたが、曲のスピードに合わせるのは大変でした。

「ライジング岡村サン」のすごさを再認識しました(汗)。

ということで、「Eダンスアカデミー」後半は1月4日から放送です。

PR


PR


関連記事

伊藤檀「自分を開く技術」でサッカー本大賞2017の優秀作品賞、読者賞を受賞しました

2000年に楽譜の出版社に転職し、そこから私の編集者人生はスタートしま...

記事を読む

アサヒビールとNHK。転職と起業という人生の点と点とがつながって仕事になった話

今年の春先から取りかかっていた本がやっと形になった。 スーパー...

記事を読む

祝!創立12周年。MOの読み方で世代がわかる、小社とデジタル環境の移り変わり。

先週の土曜日、10月29日(土)、会社創立から丸12周年を迎えた。 ...

記事を読む

楽譜集の自費出版を考えている人のための、著作権処理と編集業務について

2年ほど前に『尺八ポップス樂曲集ハ調ベース85選』という楽譜本の著作権...

記事を読む

設定とこだわりの絶妙なさじ加減。「戦車に夢中です!」を編集して思う、ガルパンとWoTのすごさ

去年の年末から取りかかっていた企画が、7月の中旬、形になりました。 ...

記事を読む

新着記事

伊藤檀「自分を開く技術」でサッカー本大賞2017の優秀作品賞、読者賞を受賞しました

2000年に楽譜の出版社に転職し、そこから私の編集者人生はスタートしま...

記事を読む

アサヒビールとNHK。転職と起業という人生の点と点とがつながって仕事になった話

今年の春先から取りかかっていた本がやっと形になった。 スーパー...

記事を読む

「エクセル4難民」がたどり着いた、2017年のバーチカル手帳はこれだ!

毎年この時期になると、書店や文房具店の手帳売り場は、来年の手帳を求める...

記事を読む

祝!創立12周年。MOの読み方で世代がわかる、小社とデジタル環境の移り変わり。

先週の土曜日、10月29日(土)、会社創立から丸12周年を迎えた。 ...

記事を読む

自分は今、人生の折り返し地点にいるのかもしれない。

今年に入って、お世話になった人が次々鬼籍へと入られていく。いずれも、...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます



PR


伊藤檀「自分を開く技術」でサッカー本大賞2017の優秀作品賞、読者賞を受賞しました

2000年に楽譜の出版社に転職し、そこから私の編集者人生はスタートしま...

アサヒビールとNHK。転職と起業という人生の点と点とがつながって仕事になった話

今年の春先から取りかかっていた本がやっと形になった。 スーパー...

「エクセル4難民」がたどり着いた、2017年のバーチカル手帳はこれだ!

毎年この時期になると、書店や文房具店の手帳売り場は、来年の手帳を求める...

祝!創立12周年。MOの読み方で世代がわかる、小社とデジタル環境の移り変わり。

先週の土曜日、10月29日(土)、会社創立から丸12周年を迎えた。 ...

自分は今、人生の折り返し地点にいるのかもしれない。

今年に入って、お世話になった人が次々鬼籍へと入られていく。いずれも、...

→もっと見る

    • RT : 歴史クラスタの旅は「1人旅」か「同じ穴の狢」もしくは「迷惑かけても気にならない人」としか一緒に旅をできないのよね。だってさぁ、何の思い入れもない人の墓参りとか、イミフな博物館とか、はるばる登山したゴールが城跡・廃寺とかいう名の何もない草地とか…
    • RT : 教わると早く出来るようになるけど気づく能力は落ちていく、かもね。 車輪の再発明の価値はそういうところにもある。 / “12時間円柱を描きつづけてはじめてわかったこと。「気づく」までにはたくさんの時間がかかるのに、みんな先に教わっ…” https://t…
    • 35歳、自分は何を学んでいただろう……>前RT
    • RT : 35って結構大事な年齢で、今パソコンのパの字もできない困った人達が一定数いる47〜60歳はWindows95が出た時25〜38歳だったのですよ。忙しい盛りに出た新しいものを学ばなかった結果だと思うと、自分達の背筋も伸びるわけです。
    • これ見た瞬間、真っ先にヤンデル先生が思い浮かぶ(笑)。芦田愛菜さんがあこがれる病理医とは?~女性にも女優にも向いた職業です(榎木英介) - Y!ニュース https://t.co/4ICtc6NsVl
  • 2017年4月
    « 12月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑