*

10月29日、創業10周年を迎えました。

 今から10年前の2004年10月29日、金曜日。有限会社AISA(アイザ)は生まれました。

 創業者であり、社長兼雑用係である私、小林渡は大学卒業後、西宮酒造(現日本盛)で営業マンを経験したのち、4年でドレミ楽譜出版社へ転職。編集業務を行うかたわら、学生時代に知り合ったミュージシャンの音楽活動を手伝い、そこで身につけた技能や経験を足がかりに商売をしてみようと思いいたります。確か2002年あたりのことでした。

 しかし、当時の私にはさしたる資金もなく、起業の知識どころか、決算書の読み方もわからないレベルで、もやもやとした気持ちだけを抱え、焦りや苛立ちとともに日々を過ごしていました。

 そんな内面を知ってか知らずか、独立の夢を口にする度に、いろんな人たちが声をかけてくれました。起業に向け背中を押してくれた人、具体的な経営企画の立て方を教えてくれた人、起業までに必要な書類や手続きを実際に手ほどきしてくれた人、資金の融資を申し出てくれた人、親身に思うがゆえに独立を反対してくれた人など……。

その人達のおかげで、僕は起業への道を歩むことができたのです。

 創業日の10月29日(金)は、江古田のBUDDYというライブハウスで迎えました。

 会社の事業の1つとして考えていた音楽部門で、尺八とギター、ドラムからなる、OΛS/S(オアシス)というバンドのアルバム発売記念ライブを行ったのです。OΛS/Sとはその後、マレーシアへ渡って、現地のミュージシャンと共演したり、国営テレビに出演したりと、相当面白い時間を過ごしました。2005年にはマレーシア文化・芸術・伝統省の後援をとりつけ、共演したミュージシャンを日本に招聘してコンサートをひらくという大ばくち興行もやったほどです(笑)。

 おかげさまで大赤字をこさえ、それを汐に音楽事業は縮小しましたが、2008年、企画を依頼された「酒井松道尺八リサイタル“尺八の系譜”」が文化庁芸術祭大賞(音楽部門)を受賞したので、人生何がどこでつながるかわからないものです。

 最近は、本や広告類の編集一式を請け負う編集業が主な仕事になっています。

 10年という一区切りを迎えることができたのも、多くの皆様のおかげだと心から感謝しています。ありがとうございました。次の10年も無事に迎えることができるよう、精進してまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

2014年10月29日(水)小林渡

IMG_8119

写真はいただいたお祝いの一部です。

この年でメダルをもらえるとは思ってもみませんでした(笑)。

PR


PR


関連記事

アサヒビールとNHK。転職と起業という人生の点と点とがつながって仕事になった話

今年の春先から取りかかっていた本がやっと形になった。 スーパー...

記事を読む

自分は今、人生の折り返し地点にいるのかもしれない。

今年に入って、お世話になった人が次々鬼籍へと入られていく。いずれも、...

記事を読む

【備忘録】iPhoneのメッセンジャーに届いたPDFファイルを、iPhoneのメールで転送する方法

先日、知り合いとFacebookのMessengerを使ってやりとりし...

記事を読む

3か月で5キロ減量し、今のところ維持しているダイエットの記録

創立10周年を迎えるにあたり……というわけではないものの、2014年の...

記事を読む

新着記事

伊藤檀「自分を開く技術」でサッカー本大賞2017の優秀作品賞、読者賞を受賞しました

2000年に楽譜の出版社に転職し、そこから私の編集者人生はスタートしま...

記事を読む

アサヒビールとNHK。転職と起業という人生の点と点とがつながって仕事になった話

今年の春先から取りかかっていた本がやっと形になった。 スーパー...

記事を読む

「エクセル4難民」がたどり着いた、2017年のバーチカル手帳はこれだ!

毎年この時期になると、書店や文房具店の手帳売り場は、来年の手帳を求める...

記事を読む

祝!創立12周年。MOの読み方で世代がわかる、小社とデジタル環境の移り変わり。

先週の土曜日、10月29日(土)、会社創立から丸12周年を迎えた。 ...

記事を読む

自分は今、人生の折り返し地点にいるのかもしれない。

今年に入って、お世話になった人が次々鬼籍へと入られていく。いずれも、...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます



PR


伊藤檀「自分を開く技術」でサッカー本大賞2017の優秀作品賞、読者賞を受賞しました

2000年に楽譜の出版社に転職し、そこから私の編集者人生はスタートしま...

アサヒビールとNHK。転職と起業という人生の点と点とがつながって仕事になった話

今年の春先から取りかかっていた本がやっと形になった。 スーパー...

「エクセル4難民」がたどり着いた、2017年のバーチカル手帳はこれだ!

毎年この時期になると、書店や文房具店の手帳売り場は、来年の手帳を求める...

祝!創立12周年。MOの読み方で世代がわかる、小社とデジタル環境の移り変わり。

先週の土曜日、10月29日(土)、会社創立から丸12周年を迎えた。 ...

自分は今、人生の折り返し地点にいるのかもしれない。

今年に入って、お世話になった人が次々鬼籍へと入られていく。いずれも、...

→もっと見る

    • RT : 5年ほど前、某出版社から「専門家を雇う予算がないのであなたが紋章デザインしてください」という無茶依頼をされたので紋章学の本を何冊も取り寄せて独学で付け焼き刃ながら頑張ってデザインしたものの、使われる事なく企画も立ち消えになり原稿料も出なかった…
    • RT : そのくせ作家さんにはSNSを使って自著やイベントごとの宣伝をしてくださいとあたりまえのように言ってきます。
    • RT : 出版不況で青色吐息の出版社はベースアップどころか、カットできるコストはないか常に探している状況です。売れそうなもの以外は広告宣伝費もつけてはくれません。
    • RT : 一部の人気作品を除いて、商業出版にはもはやかつてのような力もステータスもありません。商業出版は作家にどのようなメリットを提供できるのか。ここのところを再定義できない出版社に未来はないと思います。
    • RT : 作家に宣伝をさせるなら宣伝費を払うべきでは? 作家個人の人気にあやかって仕事をするなら、お仕着せの条件ではなく印税も原稿料も個別に話し合って契約すべきでは? コンペをするなら、成否を問わずプレゼン資料作成にかかった手間に応じた代金を支払うべきでは?…
  • 2017年10月
    « 4月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑