*

止まらない音楽のデジタル化と、出版楽譜業界のジレンマについて思う。

ヤマハが開発したアプリ「Chord Tracker」についてFacebookに投稿したところ、いろんな人がリアクションをくれたので、自分なりに少し考えてみました。

fb

「楽譜業界終了のお知らせ…」なんてどぎつい書き方をしましたが、実際のところ、商業ベースにおける楽譜業界は、だいぶ前からしんどくなってきているんです。

2013年にブログでも書いた、タブ譜が無料で見られる「ソングスター(songsterr)」(Web版、アプリ版それぞれあり)なんかもスマホユーザーをメインに広く浸透してきていますし、ネットでコード譜を検索すると有料、無料さまざまなデータがヒットします。
無料でタブ譜が見れる!楽譜業界衝撃のSONGSTERR(ソングスター)

 

app

むしろ、今回の件で、僕が一番ビックリしたのは、系列下に、ヤマハミュージックメディアという楽譜を専門に出版している子会社を持つヤマハが、子会社の本業と競合する(ひょっとしたらパイを奪う可能性のある)アプリを開発、発表したことです。

楽器の取引をタテに、楽器店に系列の楽譜を流すということもなくはないと思うので、親会社と子会社の力関係はおのずと明かではありますが、この場合、子会社側はなす術もなかったか、寝耳に水のどちらかだったのではないかと。

もっとも、ヤマハのウェブサイトを見てみると、2014年の5月に、ピアノ演奏用の音楽付楽譜を表示・再生できる「NoteStar」というiPad用のアプリも発売されているので、アプリ関連は楽譜業務と競合したとしても本体の管轄……ということになっているのかもしれませんね。

 

音楽業界はデジタルの影響をもろにかぶっている業界の1つで、人によっては「音楽はオワコン」と言われてしまうほど苦戦しています。
ところが、つい20年くらい前までは、キラッキラに輝いていた業界でした。
日本でも、ミリオンセラー、いわゆるCDが100万枚以上売れる作品が次々とヒットしていたのです。
※オワコン……終わったコンテンツの意。

 

さて、音楽がビジネスとして成り立つようになった背景には、大きくみて、2つの技術革新が必要でした。
1つは、1501年、イタリア人のオッタヴィアーノ・ペトルッチによる楽譜印刷の発明。
そして、もう1つは19世紀になって、エジソンほか多くの発明家たちによって完成されたレコードです。

これによって、「演奏」というカタチのないものが、「楽譜」や「レコード」という、カタチのあるものに姿を変え、物の売買に加わることができるようになりました。

一般的に、人は、カタチのないものより、カタチのあるものに、お金を払いやすいという傾向があります。

音楽は、楽譜とレコード(その後のCD)を手に入れたことで、商売の世界へ大きく羽ばたくことができたといえます。

 

出版楽譜の登場から約500年。
音楽をカタチのない世界へ再び引き戻そうとしているのが、デジタルの力なんですね。

 

もちろん、デジタル環境下でも、データによる楽曲の売買はできますし、先日、アップルが発表した「アップルミュージック」や、先行する「Spotify(スポティファイ)」のように、定額の支払いで、いろんな音楽が聴き放題になるといった、新しい音楽の聴き方と徴集システムもデジタルならではです。

デジタル化の大きな流れによって、音楽が再びカタチを失いつつある今、一生懸命「レコード・CD」を売っていたレコード会社は、データ配信と同時に、ミュージシャンの音楽を直接伝える場である「ライブ」での売上に力を注ぐようになりました。
チケット代はもちろん、会場で販売されるグッズ類、そしてファンクラブの会費などです。
特に、グッズは、カタチのあるものだけに、売買の俎上に乗せやすく、いろんな商品があります。

 

一方、同じようにカタチを失いつつある「楽譜」はどうでしょうか?

残念ながら、こちらはデジタル環境下での商品開発も、そして「レコード」でいうところの「ライブ」にあたるものも十分とはいえません。未だにアナログ本のまま、よくて、アーティストの楽譜本がライブでのグッズのラインナップとして加わるといったところです。

件のヤマハが開発した楽譜アプリや、デジタル楽譜という方向性もあるのですが、こちらは楽譜出版社が積極的に移行できない事情があります。
それは、楽譜出版社の商品を、市場に流通させる取次、いわゆる卸業者への配慮です。

同じ出版業界でも、ニッパン、トーハンといった、大手取次が電子書籍の流通に乗り出しているのとは対照的ですが、ニッパン・トーハンと、楽譜専門の取次業者とでは、売上規模がケタ2つも違うので、とても同じことはできません。

一方、楽譜出版社としては、マンガや雑誌などの出版と同様、デジタル化の流れにのりたいものの、それによってたとえば、自社のサイトでの直接販売や、電子書籍専門の取次を介することになれば、楽譜取次と軋轢を生む原因となります。
ネット上での楽譜のオンデマンド販売などが増えているとはいえ、まだ楽譜の売上ボリュームのほとんどは紙の本です。デジタル化によって、そのボリュームゾーンに悪影響を与えるリスクを冒すこともできず、しかし一方で、取次もデジタル環境に対応できないというジレンマがおきています。

そうこうしているうちに、アプリの開発を本業にしている会社や団体から、デジタル楽譜のアプリやサービスなどが出され、楽譜を本職とする関係者はそれを指をくわえて見ているしかない……というのが現状に一番近いのかもしれません。

 

既存の人々の商売と生活を守るために、それまで楽譜業界を支えてきたユーザーや、これから新たにユーザーとなるかもしれない人々のニーズを取りこぼすというのは、なんだかなぁ……と思うわけです。

 

なんかぼやきみたいになってしまった・・・(汗)。

でも、こんなこと書いてますが、僕も楽譜好きなので、このドン詰まりな感じは早く打破して、次の世界へ行ってほしいと思ってるんですよね。。。以上です。

PR


PR


関連記事

伊藤檀「自分を開く技術」でサッカー本大賞2017の優秀作品賞、読者賞を受賞しました

2000年に楽譜の出版社に転職し、そこから私の編集者人生はスタートしま...

記事を読む

「エクセル4難民」がたどり着いた、2017年のバーチカル手帳はこれだ!

毎年この時期になると、書店や文房具店の手帳売り場は、来年の手帳を求める...

記事を読む

祝!創立12周年。MOの読み方で世代がわかる、小社とデジタル環境の移り変わり。

先週の土曜日、10月29日(土)、会社創立から丸12周年を迎えた。 ...

記事を読む

自分は今、人生の折り返し地点にいるのかもしれない。

今年に入って、お世話になった人が次々鬼籍へと入られていく。いずれも、...

記事を読む

新着記事

伊藤檀「自分を開く技術」でサッカー本大賞2017の優秀作品賞、読者賞を受賞しました

2000年に楽譜の出版社に転職し、そこから私の編集者人生はスタートしま...

記事を読む

アサヒビールとNHK。転職と起業という人生の点と点とがつながって仕事になった話

今年の春先から取りかかっていた本がやっと形になった。 スーパー...

記事を読む

「エクセル4難民」がたどり着いた、2017年のバーチカル手帳はこれだ!

毎年この時期になると、書店や文房具店の手帳売り場は、来年の手帳を求める...

記事を読む

祝!創立12周年。MOの読み方で世代がわかる、小社とデジタル環境の移り変わり。

先週の土曜日、10月29日(土)、会社創立から丸12周年を迎えた。 ...

記事を読む

自分は今、人生の折り返し地点にいるのかもしれない。

今年に入って、お世話になった人が次々鬼籍へと入られていく。いずれも、...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます



PR


伊藤檀「自分を開く技術」でサッカー本大賞2017の優秀作品賞、読者賞を受賞しました

2000年に楽譜の出版社に転職し、そこから私の編集者人生はスタートしま...

アサヒビールとNHK。転職と起業という人生の点と点とがつながって仕事になった話

今年の春先から取りかかっていた本がやっと形になった。 スーパー...

「エクセル4難民」がたどり着いた、2017年のバーチカル手帳はこれだ!

毎年この時期になると、書店や文房具店の手帳売り場は、来年の手帳を求める...

祝!創立12周年。MOの読み方で世代がわかる、小社とデジタル環境の移り変わり。

先週の土曜日、10月29日(土)、会社創立から丸12周年を迎えた。 ...

自分は今、人生の折り返し地点にいるのかもしれない。

今年に入って、お世話になった人が次々鬼籍へと入られていく。いずれも、...

→もっと見る

    • RT : 5年ほど前、某出版社から「専門家を雇う予算がないのであなたが紋章デザインしてください」という無茶依頼をされたので紋章学の本を何冊も取り寄せて独学で付け焼き刃ながら頑張ってデザインしたものの、使われる事なく企画も立ち消えになり原稿料も出なかった…
    • RT : そのくせ作家さんにはSNSを使って自著やイベントごとの宣伝をしてくださいとあたりまえのように言ってきます。
    • RT : 出版不況で青色吐息の出版社はベースアップどころか、カットできるコストはないか常に探している状況です。売れそうなもの以外は広告宣伝費もつけてはくれません。
    • RT : 一部の人気作品を除いて、商業出版にはもはやかつてのような力もステータスもありません。商業出版は作家にどのようなメリットを提供できるのか。ここのところを再定義できない出版社に未来はないと思います。
    • RT : 作家に宣伝をさせるなら宣伝費を払うべきでは? 作家個人の人気にあやかって仕事をするなら、お仕着せの条件ではなく印税も原稿料も個別に話し合って契約すべきでは? コンペをするなら、成否を問わずプレゼン資料作成にかかった手間に応じた代金を支払うべきでは?…
  • 2017年10月
    « 4月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑