*

無料でタブ譜が見れる!楽譜業界衝撃のSONGSTERR(ソングスター)

知人から楽譜を探して欲しいと頼まれ、ネット上で楽譜の情報を集めていたら、すごいサイトをみつけました。

その名もSONGSTERR(ソングスター)

ひと言でいえば「タブ譜の見られるウェブサイト」

それも、世界中の約4万人のアーティスト、40万曲以上の楽曲をカバーしているサイトです。

SONGSTERR(ソングスター)のトップページ。オススメの楽曲が並び、検索枠に曲名やアーティスト名を入力して楽曲を探すこともできる。

SONGSTERR(ソングスター)のトップページ。オススメの楽曲が並び、検索枠に曲名やアーティスト名を入力して楽曲を探すこともできる。

タブ譜とは、ギターやベース、ウクレレなどで使われる楽譜のこと。
五線譜が「音を表記」しているのに対し、タブ譜は「楽器の押さえる場所を表記」しています。

そのため、五線譜が5本の線でできた五線に書くのに対し、弦が4本のベースやウクレレでは、四線、弦が6本のギターは六線に書かれた楽譜になります。

この曲は何でしょう? ヒント:ガンズ&ローゼスの名曲

この曲は何でしょう?
ヒント:ガンズ&ローゼスの名曲

ソングスターがすごいのは、タブ譜が見られるだけでなく、カラオケと一緒に演奏することができる点。

しかも、各楽器のタブ譜も用意されているので、別のパートを演奏することも可能です。

さらに、毎月9.9ドルを払ってソングスター・プラス会員になると、画面表示をフルスクリーンにしたり、テンポをいじったり、印刷や各パートの音量を調節するなど、13の機能を使うことができます。

 

使い方は簡単。

検索枠に弾きたい曲を入力して、Searchを押すだけ。

曲によって、カラオケのない曲や、コード付歌詞譜のあるものなど、多少の違いがありますが、概ね原曲と同じアレンジで収載されています。

また、楽曲は、曲名検索だけでなく、ロックやジャズなどのジャンルや、60s、70sなどの時代別のカテゴリからも選べ、より細かいタグからの選曲も可能です。

さらに、Lessonsページには、ブルースのスケール練習や、フィンガーピッキングのエクササイズなど、ジャンルや演奏スタイルごとに身につけたいテクニックの練習譜例も掲載されています。

もちろん、こちらもカラオケ付です。

これって、よく考えてたら、普段自分が編集しているCD付教本や、CD付曲集などと思いっきり競合するサイトなんですよね・・・。

楽譜の下には、ユーザーが楽譜の間違いを指摘できる欄も設けられていて、ウィキペディアやクックパッドなどに見られる善意のコンテンツ拡充策がとられています。
言わば、ユーザー校正ですね。

まあ、楽譜の見やすさは紙のほうが数百倍上ですが、利便性や自由度、何より世界中の人がアクセスできるという点を考えると、こちらに利があるような気もします。うう・・・(汗)。

ただ、問題もないわけではなく、

1)楽譜が見にくい
譜割、いわゆる小節内のリズムの表記はかなりいい加減で(というよりも、見ている環境によって大きく異なってしまう)、見ながら楽器を弾くのはかなり難儀します。
特に、楽譜を絵のように見ている人からすると、許せないレベルでしょう。

その点、日本の出版譜のレベルは相当高度で、今のところそのレベルを満たすためには、楽譜にアウトラインをとって、図版として扱うのが現実的な対応です。
この辺は、電子書籍化でも問題となる点で、見栄えを犠牲にするか、利便性をとるかという二択の中では、特に音楽の本ならば、見栄えを重要視したいのが制作陣の本音です。

2)バックのカラオケが閲覧環境によってはヒドイことになっている
カラオケはMIDIデータのため、鳴っている音源は見ている環境(PC、Macなど)に依存します。
メロディーはハーモニカやアコーディオンなどが鳴っていたり、ハーモニーには原曲と同様、ストリングス(バイオリンなどの弦楽器群)が鳴ったりするのですが、時折変な音が聞こえてきたり、音の長さがおかしかったりします。
もちろん、外部音源や、高価なソフト音源などを鳴らすように設定すれば、原曲顔負けのオケになる場合もあるかもしれません。
この辺りは、扱う人によって差が出てしまうでしょう。

しかし、技術の進歩により、それまでの技能が一気に陳腐化してしまうことを破壊的イノベーションというそうですが、楽譜業界にとって、そんな不穏な可能性すら感じるサイトであることは確かだと思います。

この曲は何でしょう? こちらも名曲のイントロです。

この曲は何でしょう?
こちらも名曲のイントロです。

ところで、職業柄、どうしても「著作権の処理」は気になります。

サイト内を見てみましたら、aboutのページに

Songsterr is 100% legal. Support by paid users is the only thing that keeps the site alive by allowing us to pay royalties to music creators.

(意訳)ソングスターは100%合法です。お金を支払ってくださるユーザーの支援が、音楽家にロイヤリティーを払い、このサイトを継続していく唯一の方法です。

とありました。

日本では著作権の中のひとつである出版権の許諾がおりず、楽譜はほぼ作成不可能な、かのエリック・クラプトン氏の楽曲もたんまり掲載されており、ファン垂涎ものでございます。

エリック•クラプトンのタブ譜もたくさんある! こちらは名作「Tears in Heaven」。

エリック•クラプトンのタブ譜もたくさんある!
こちらは名作「Tears in Heaven」。

PR


PR


関連記事

伊藤檀「自分を開く技術」でサッカー本大賞2017の優秀作品賞、読者賞を受賞しました

2000年に楽譜の出版社に転職し、そこから私の編集者人生はスタートしま...

記事を読む

「エクセル4難民」がたどり着いた、2017年のバーチカル手帳はこれだ!

毎年この時期になると、書店や文房具店の手帳売り場は、来年の手帳を求める...

記事を読む

祝!創立12周年。MOの読み方で世代がわかる、小社とデジタル環境の移り変わり。

先週の土曜日、10月29日(土)、会社創立から丸12周年を迎えた。 ...

記事を読む

自分は今、人生の折り返し地点にいるのかもしれない。

今年に入って、お世話になった人が次々鬼籍へと入られていく。いずれも、...

記事を読む

止まらない音楽のデジタル化と、出版楽譜業界のジレンマについて思う。

ヤマハが開発したアプリ「Chord Tracker」についてFaceb...

記事を読む

新着記事

伊藤檀「自分を開く技術」でサッカー本大賞2017の優秀作品賞、読者賞を受賞しました

2000年に楽譜の出版社に転職し、そこから私の編集者人生はスタートしま...

記事を読む

アサヒビールとNHK。転職と起業という人生の点と点とがつながって仕事になった話

今年の春先から取りかかっていた本がやっと形になった。 スーパー...

記事を読む

「エクセル4難民」がたどり着いた、2017年のバーチカル手帳はこれだ!

毎年この時期になると、書店や文房具店の手帳売り場は、来年の手帳を求める...

記事を読む

祝!創立12周年。MOの読み方で世代がわかる、小社とデジタル環境の移り変わり。

先週の土曜日、10月29日(土)、会社創立から丸12周年を迎えた。 ...

記事を読む

自分は今、人生の折り返し地点にいるのかもしれない。

今年に入って、お世話になった人が次々鬼籍へと入られていく。いずれも、...

記事を読む

コメント/トラックバック (4件)

トラックバック用URL:

コメントフィード

  1. Song sterr guitar tabsのアップロードが、有料同意するしても、されていないことになり、インストールが出来ず、課金もしてないままです。auショップや、お客様サポートセンターに問い合わせても解らないみたいなので、こちらで、連絡させていただきました。アプリを使いたいのですが、どうしたらよいでしょうか?私は、ベースをしているので、ベースのtub譜は、このアプリしかありません。 返答をお待ちしております。

  2. 里中様
    コメントありがとうございます。

    アプリ版のSONGSTERRでのトラブルとのこと。
    iOS、Android、どちらでしょう?
    ダウンロードそのものでつまづいていますか?
    それとも、アプリ内課金でつまづいているのでしょうか?

    場合によっては、ソングスターに直接メールで聞いてみた方がよいかもしれません。
    support@songsterr.com

  3. こちらの譜面ですが、普通のチューニングだと駄目みたいです。
    間違っている点、具体的にどうすれば良いのかを教えてください。
    http://www.songsterr.com/a/wsa/lm-c-88-tab-s73002t1

  4. 高橋さん、こんにちは。
    いまパソコン環境(MAC、ブラウザはSafari)で楽譜を見てみたら、曲の冒頭の右上に、チューニングが出ていました。
    確かに、イレギュラーなチューニングのようです。
    Guitar tuning C# G# C# F# A# D#
    と書いてありますので、6弦から順に合わせてみればいけると思います。




管理人にのみ公開されます



PR


伊藤檀「自分を開く技術」でサッカー本大賞2017の優秀作品賞、読者賞を受賞しました

2000年に楽譜の出版社に転職し、そこから私の編集者人生はスタートしま...

アサヒビールとNHK。転職と起業という人生の点と点とがつながって仕事になった話

今年の春先から取りかかっていた本がやっと形になった。 スーパー...

「エクセル4難民」がたどり着いた、2017年のバーチカル手帳はこれだ!

毎年この時期になると、書店や文房具店の手帳売り場は、来年の手帳を求める...

祝!創立12周年。MOの読み方で世代がわかる、小社とデジタル環境の移り変わり。

先週の土曜日、10月29日(土)、会社創立から丸12周年を迎えた。 ...

自分は今、人生の折り返し地点にいるのかもしれない。

今年に入って、お世話になった人が次々鬼籍へと入られていく。いずれも、...

→もっと見る

  • 2017年9月
    « 4月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑