*

「SAI」 一覧

一見ムダなようでも、好きなことに没頭しておくと、後でいいかもよ……というお話

 一件ムダかもしれないことが、ひょんなことで役に立つケースがあります。  特に、子どものころ好きだったり、はまっていたことが、大人になって仕事や人づきあいなど、思わぬところで役立った経験のある人は少...

続きを見る

PR




PR


伊藤檀「自分を開く技術」でサッカー本大賞2017の優秀作品賞、読者賞を受賞しました

2000年に楽譜の出版社に転職し、そこから私の編集者人生はスタートしま...

アサヒビールとNHK。転職と起業という人生の点と点とがつながって仕事になった話

今年の春先から取りかかっていた本がやっと形になった。 スーパー...

「エクセル4難民」がたどり着いた、2017年のバーチカル手帳はこれだ!

毎年この時期になると、書店や文房具店の手帳売り場は、来年の手帳を求める...

祝!創立12周年。MOの読み方で世代がわかる、小社とデジタル環境の移り変わり。

先週の土曜日、10月29日(土)、会社創立から丸12周年を迎えた。 ...

自分は今、人生の折り返し地点にいるのかもしれない。

今年に入って、お世話になった人が次々鬼籍へと入られていく。いずれも、...

→もっと見る

    • RT : 土勤ちゃん「休日出勤辛いよぉ…倍勤マンなんとかして!」 倍勤マン「お、俺様は12連勤で…」 加齢パンマン「俺の若い時はもっと働いたぜ?最近の若者は…」 土勤ちゃん「助けて転職パンマン様!」 転職パンマン「ここはどうだい?実働8h未経験者歓迎20代が活躍中…
    • 大橋さんの過去の名作「スターウォーズ風小学校校歌」とか、「ミュージカル風小学校校歌」以下略あたりは、十分「みだり」に入るレベルではないかと(笑)。でも、相手からの依頼で、みんな喜んでいたので、問題なしですねー。
    • いま、手話の本を編集しているのだけれども、いろいろ疑問だったことが、高野IT作家と話して、霧が晴れたようにすっきりした。手話ネイティブの世界に興味が湧く。
    • 例の相撲の件は、詳細おっかけてるわけではないので、どちらが白黒いう立場にないのですが、江戸期の歴史や、清水の次郎長あたりをかじった人なら、相撲の評価って、とても「国技」とかいう、美しい類の話ではないんじゃないかと思ったり。
    • RT : 件の「世界一のクリスマスツリー」の醜悪な点 ①「何の使い途もない落ちこぼれの木がついに役に立つ時が!」という人間様目線 ②「ギネスに載りたい」というゲスなモチベーション ③キリスト教ぜんぜん関係ねえ ④終わったら切り刻んでちゃっかり商売
  • 2017年11月
    « 4月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑