*

タマキングのおそるべき深化

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

早く紹介せねば!と思いながら、もう発売から二週間近くが過ぎてしまった。でも、まだ買っていない人もたくさんいるだろう。まだ遅くない。

宮田珠己部長の新刊『はるか南の海のかなたに愉快な本の大陸がある』(本の雑誌社)。昔からの熱烈なタマキンガーであり、今では文芸部の仲間である私が、今さら宮田部長の本をほめても説得力を感じないかもしれない。

でも、ちがう。本書はこれまでのタマキング本とは一線を画す凄い本なのだ。

まず装丁がむちゃくちゃいい。いまどき、単行本なんて高くて重くて嵩張って…と私でも思うが、本書は単行本でぜひ読みたいと思わせる装丁だ。

しかし装丁は序の口で、中身はもっと凄い。帯には「脱力エッセイ的ブックガイド」とあるが、そんなもんじゃない。たしかにいつも通りに笑えるし、下らない。学術書や人文書にあれこれツッコミを入れて楽しんでいる。でも、私は読んでいるうちに怖くなってきた。タマキングは相変わらず進歩は何もしていないが、いつの間にかおそろしく深化していたのだ。

ここに紹介されているのは、昔のヨーロッパ人の目から見た、あるいは単に誤解した日本や非西欧世界だったり、知られざる日本の昔の風景や先住民の世界観、宇宙論、深海の生き物などである。

東海道は中世には道と呼べるものではなく断崖絶壁や海の中を歩いて行ったが、もっと前、奈良時代には片側二車線の高速道路みたいな巨大直線道路が全国を走っていたとか、アボリジニには時間の概念がなく、すべてはもう起きてしまったことだとか、宇宙には11次元あることが有力視されているとか、昔の四国遍路は断崖から海にダイブし、運良く生き残ったらまた先を続けるという過激なものでそれに比べれば今の歩き遍路などスタンプラリーと変わらないんじゃないかとか、生物は地底から産まれ、石油は生物の堆積したものなんかではないという説が有力になってきてるとか、びっくりするようなことがこれでもかと並べられている。

本書を読んでいると、これまでの人類がいかにへんてこな目で世界を見ていたかわかるし、今まで私たちが学校で習ってきたことも誤解だらけで、常識などウソだらけだともわかるし、今の科学最先端はすでに20年前とは似ても似つかないものにとって変わられていることもわかる。

そして、今の私たちがそうだと思っているものも、おそらく他の国の人間や数百年前の人間や数百年後の人間から見たらデタラメの羅列であり、ほぼ無知と勘違いから構成されたフィクションだということにも気づかざるをえない。科学はどんどん進歩するが、逆にいえば、永遠に正解にはたどりつかないということも実感せざるをえない。

本書を読んでいると、自分たちのまわりは中世より暗い暗黒時代であり、すべてが謎に包まれているような恐怖というか不安にとらわれる。そのいっぽう、全てが謎で未知なら、それはもう私にとって楽園である。タヒチである。タマキング曰く、「今すぐ水着に着替えたい気分だ」ということになる。

世界観をひっくり返すような本であり、これを文学と言わず何と言おうか。私はおかげで読後、丸二日、仕事が手に着かなかった。仕事が調子いいときには読まない方がいいだろう。その代わり、仕事や就活、受験などのプレッシャーを抱えているとき、将来のことを思い悩んでいるときには最適だ。なにしろ、この世の全ては無知と勘違いなのである。進路? 売り上げ? 成果? そんなこと、どっちでもいいわと心から思えるのである。

関連記事

no image

奄美合宿

ツイッターを始めてから、ブログに書いたのかそれともツイッターに書いたのかわからなくなることが多々ある

記事を読む

no image

このベタな帯の作者はなんと…!!

妻・片野ゆかの「犬部!」(ポプラ文庫)が4月6日に発売になる。 単行本で3万部近く売れた、我が家で

記事を読む

no image

何でも話します

ミクシイのイベントを「しょーもない」と書いたことで 物議(?)をかもしているようだが、 別にほめ言葉

記事を読む

no image

夢のようなアジアの列車旅

おかげさまで『謎の独立国家ソマリランド』は先週、日本経済新聞と東京(中日)新聞の書評で取り上げてもら

記事を読む

no image

独裁者列伝

いわき市にいるとき、コンビニで『東日本大震災 レンズが震えた 世界のフォトグラファーの決定版写真集

記事を読む

no image

dancyuの味噌汁

本日発売のdancyu2月号は味噌汁特集。 私も戦国時代以前から伝わる元祖インスタント味噌汁を再現

記事を読む

ここで問題です。

朝日新聞社で角幡唯介と対談。 読書週間特集で「探検・冒険の本」を私たち二人が紹介するというのが

記事を読む

no image

幼児の気持ち

依然として声が出ない。 ずっと考えているのだが、これはやはり「今日のおりょうり」のインタビューで

記事を読む

no image

世界陰謀の真実はビニール傘にあるのか

某出版社で編集をしている探検部の後輩・杉山の紹介で、丸山ゴンザレスという異端作家と新宿の客家

記事を読む

no image

元「たま」石川浩司氏とのイベント

相変わらず花粉症に悩まされ、テンションが上がらない。 あまりに目がかゆいので火曜日に目医者に行き薬

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「清水さんはエッセイも一級品」と書くつもりだったのに、「清水さんのエッセイは一級品」と書いてしまった。これでは他の仕事が一級品じゃないみたいだ。もちろん全部一級品ですよ、すみません! ReplyRetweetFavorite
    • 清水さんはエッセイは一級品。読みやすい文章に誘われて、中世の人の息づかいを感じることができる。「スマホを手繰る」という斬新な表現にも感嘆した。蕎麦か!? ReplyRetweetFavorite
    • 私と対談本を出している歴史家の清水克行さんが「小説新潮」(9月号)にて「アナーキー・イン・ジャパン」なる新連載を始めた。同誌では私も「謎の未確認納豆を追え」という連載を行っており今月号は「西アフリカのハイビスカス納豆」。二人とも「それ、どうよ?」というタイトルだ…。 ReplyRetweetFavorite
    • 私はニュースの素材になるような取材をしていないから、そういうことをやっている人を尊敬するという意味です。 ReplyRetweetFavorite
    • 「人が表現者として世に出るのに必要なのは才能と運と継続」もけだし名言。 ReplyRetweetFavorite
    • 本棚で別の本を探していたら、大槻ケンヂ著『いつか春の日のどこかの町へ』(角川文庫)が目に留まり思わず再読してしまった。しみじみと明るく切ない名作。オーケンさんは大人になれない大人の話を書かせたら天下一品だ。 ReplyRetweetFavorite
    • 電車の中で親しげに「おう!」と声をかけてきた人がいて、誰かと思ったら弟だった。生きてたんだな、弟。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年8月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑