September Christmas


九月に入り残暑が厳しくなった頃、ソーダ割をつくっていても、電車を待っていても、とびきり美人な女性に眼をうばわれているときでさえ、僕の頭の中に絶えず浮かんでくることがありました。

「今年のプレゼントは何にしよう・・・」

そう、九月十八日、この日はクリスマスとよばれ、われらが父である神の御生誕をお祝いする日です。毎日の糧とバーボンをあたえてくださる神に何をもって感謝の気持ちをあらわそうか。昨年は数人の共同でDVDプレーヤーでありました。

会長がジッポライターを愛用されているのはいつもみているので、今年はジッポにしよう!と思い立ち、そうと決まれば隠れたお宝からパチモンまで豊富に揃う上野アメ横へ。いやあ、本当にいろいろあるもんですね。

サメ皮の一品物
マンモスの牙をあしらったもの
マリンちゃん
ビリケン(非売品)エトセトラ。

しかしどれもピンとこない・・ユウスケさんにも協力してもらって(ユウスケさんはすでに赤の細かな模様の編みこまれたゴージャスな帽子に決まっていました)他にもいろいろ検討してみました。宮崎あおいさまのポスター、ゴジラの卵(季節モノのため手に入らず)、マンボウの干物(でかすぎる。そのまえにどこで売ってるんだろう?)。結局、あちこちのレコード屋をまわって揃えたフランク・シナトラ、サミィ・デイヴィスJr、ディーン・マーティンのオーシャンズ11レコードになりました。サミィのジャケットが一番素敵でした。さあさあ、いざ六本木へ!

十五夜の名月も祝福する中、六本木クレードルで会長御生誕大宴会特大号が開かれました。毎年この日お邪魔させていただくクレードルは、外国みたいになりつつある六本木の中でとても素敵な上品なバーで、こうゆうところで酒を飲める大人になりたいなあと見惚れていたら遅刻してしまいました。宴会はいつものように会長の乾杯からはじまります。今年も古くからの方、初めて参加する方、奥様と一緒に、あるいは子供さんと(「本当のお父さんは俺なんだよ」と会長の言葉)、いろんな人が集まって飲みました。

盛り上がってきたところでプレゼントの時間、さすがにみんないろいろ考えてます。・・カムバックしたベイダーのマスク、西村先生の愛の永眠枕、ヴィンテージのジッポ、チェストバスターのマゴノテなどなど。特製手作りケーキが登場、ハッピィバースデイ、そして会長の入刀「ハスラー!」

一次会もそろそろ終わりという頃、前日から手作り料理を用意してくださったたかこ姫が登場、ドンペリで乾杯して一次会はお開きとなりました。みんなが二次会へ移動した後、残った会長とたかこ姫が静かに飲んでいるクレードルは宴会とはまた違った素敵なシーンでした。

今年も会長の誕生日にかこつけて宴会をやらせていただきました。カウンターの先輩烈さんも駆けつけてくれた二次会では会長の「ジャングル・ブギ」、たかこ姫の「蘇州夜曲」まで聞かせていただいてしまいました。会長誕生日おめでとうございました!次はハワイですね!

Delicious にシェア
[`evernote` not found]

カテゴリー: 日本冒険小説協会より パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。