自費出版サポート

多くの出版社と本をつくってきたノウハウを生かし、世の中に2つとない、オリジナリティーあふれるあなたの本づくりをサポートします。

原稿の種類(手書き/パソコン)や、編集者の関わり方によって、5つのパックをご用意しました。各パックについての、詳しい内容は、パック名をクリックしてごらんください。

※本の内容は、四六判程度の主に文章でつづられた単行本を想定しています。楽譜集や画集、その他、大判図書や図版の多い本の制作を検討しておられる方は、別途オプション料金がかかる場合もあります。お気軽にお尋ねください。

 

自費出版サポートパック


【1】コミコミパック(データ原稿コース)   30万円+税

お客様の原稿をそのまま使い、本にするパックです。原稿はWordなどで書いたテキストデータが必要です。お客様の撮った写真や、描いたイラストなどを挿絵に使うことも可能です。

【2】コミコミパック(手書き原稿コース)   45万円+税

お客様の手書き原稿を、小社でテキストデータにしたのち、そのデータを使って、本にするパックです。お客様の撮った写真や、描いたイラストなどを挿絵に使うことも可能です。


【3】編集パック(データ原稿コース)     60万+税

お客様の原稿をもとに、編集者が原稿を並び替えたり、見出しをつけたりして、読者によりわかりやすく、読みやすい本に仕上げるパックです。原稿はWordなどで書いたテキストデータが必要です。ご希望に応じて、文章の修正指示や加筆の提案も行います。また、お客様の撮った写真や、描いたイラストなどを挿絵に使うことも可能です。


【4】編集パック(手書き原稿コース)     85万+税

お客様の原稿をテキストデータ化したあと、編集者が原稿を並び替えたり、見出しをつけたりして、読者によりわかりやすく、読みやすい本に仕上げるパックです。原稿は原稿用紙などの手書き原稿で構いません。ご希望に応じて、文章の修正指示や加筆の提案も行います。


【5】がっつり取材パック(インタビューして原稿作成) 150万+税

編集者とライターがお客様からお話を直接お伺いし、取材によって1冊の本にまとめ上げるパックです。世に市販されているビジネス本や経営者本とまったく同じ制作方法でつくります。


 

各種パックの違い

自費出版をサポートする、5つのパックの違いをまとめました。

パック 編集者の原稿チェック 手書き原稿OK 校正者チェック カバーデザインの自由度
【1】コミコミパック(データ原稿コース) × ×要データ原稿 × ×
【2】コミコミパック(手書き原稿コース) × × ×
【3】編集パック(データ原稿コース) ×要データ原稿 ×
【4】編集パック(手書き原稿コース) ×
【5】がっつり取材パック(インタビューして原稿作成) ◎原稿はライター作成 原稿必要なし

 

 

 

 

AISAへのお問い合わせや、お仕事のご依頼などはこちらへ