*

著作一覧

   

   

   

   

   

   

  


公開日:
最終更新日:2016/01/21

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 世界でいちばん臭い食品「シュールストレミング」を食べる会・第2弾。楽しかった!が、みんなに御馳走するつもりで大量にもっていったセンベイ納豆をザックから出し忘れてた。無念。 ReplyRetweetFavorite
    • 在米ジャーナリストは「ハイコンテキスト(忖度)の社会とローコンテキストの社会では『共謀』の意味がちがう」と語る。とても興味深い指摘。こういう記事を待ち望んでいたのだ。https://t.co/4DtIdJNWbl ReplyRetweetFavorite
    • レキシの新曲「KATOKU」に大受けしてしまった。日本のポップスも成熟してきたなー。 ReplyRetweetFavorite
    • 妻がこれだけ熱く語った本は近年稀。 https://t.co/G9ZXM1Ac8U ReplyRetweetFavorite
    • 各界有名人の字も見もの。まじめでかわいらしいゲッツ板谷氏、読みにくいを通り越して縦書きのアラビア文字のような石原慎太郎、自民、民進など政党党首たちの字の下手っぷり、などなど。 ReplyRetweetFavorite
    • 寸暇を惜しんで、というか率直に仕事をさぼって新保信長さんの『字が汚い』(文藝春秋)を読んでしまった。構成が素晴らしい。ゆったり落ち着いていて、でも無駄がなく、読みやすくて情感もある。字に喩えるなら、「お手本のような楷書体」。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : ★excite・経済⚫︎洞窟愛が詰まった探検家の書『洞窟ばか』辺境作家 高野秀行氏、探検家 角幡唯介氏らからコメントが到着! https://t.co/aYpKILZfLu ReplyRetweetFavorite
  • 2017年4月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑