*

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

2016.06.21みらぶー

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。
ふつう、文庫化といえば、単行本に「文庫あとがき」として後日談をちょっと付け加えた程度だが、
今回はちとちがう。

本書は単行本のとき、いわゆる「結論」的な文章をつけなかった。
ブータンを旅している中で、いきなりバサッと終わっている。
おかげで「尻切れトンボ」とか「何だかよくわからないまま終わっている」など、
多くの批判を受けた。ネットのレビューだけでなく、何人もの知人友人から直接お叱りを受けた。
友人知人は通常、ほめるか何も言わないかなので、これは極めて異例だ。
ネットのレビューにいたっては「著者のやる気が感じられない」「手抜き」「むりやり書籍化したのでは」とまで酷評されてしまった。

いや、やる気がないとか手抜きということはありえない。
私が本を書くというのは「義務」ではなく「欲望」のなせる技なので、絶対に手など抜かない。
性欲や食欲同様、欲望を満たすためには何でもやる。
ただ、今回は戦略として間違っていただけだ。
私はブータン紀行に関しては、あからさまな結論を述べず、スッと終わった方が読者に余韻を残すのではないかと思い、熟慮したうえでそうしたのだが、結果は「画竜点睛を欠く」となってしまったようだ。

なので、今回の文庫化にあたっては、本来単行本につけるべき「あとがき」もしくは「エピローグ」に類する文章を書き加えてこの旅を総括した。ブータン紀行は私の辺境ノンフィクション人生の大きな転換点だった、と。
そのうえで後日談も付け加えた。

もし単行本ですでに読まれた方、それから口コミやレビューで「終わり方がイマイチ」と聞いている方、
ぜひ文庫にトライしてみてください。
読後感は相当変わっていると思います。

関連記事

no image

高島先生の新刊

連合出版より高島俊男先生の新著『お言葉ですが… 別巻2』が届いた。 最近出版社や編集者からいろんな

記事を読む

no image

これが例の葉っぱ

ソマリランドに「帰国」してもう10日近く経つ。 「帰国」なんて言葉を使ったのが行けなかったのか、今

記事を読む

no image

まつりスペシャル

この前話題にあがった神尾葉子氏だが、少女マンガの絵にアレルギー体質がある私には さすがに『花より男

記事を読む

no image

本業

ここんところ、さっぱり本が読めなくなっていたのだが、 なぜか本棚にあった水道橋博士『本業』(文春文

記事を読む

no image

日本冒険界の奇書中の奇書

(昨日からのつづき) 「冒険家の藤原さん」で「イリアン」といえば、思い出すのは峠恵子の「ニュー

記事を読む

no image

完全なる無駄

お盆休みとオリンピックが重なり、 区民プールが昼間でも夜でも おもしろいぐらい空いている。 いつまで

記事を読む

no image

加点法の傑作「ジェノサイド」

ソマリ旅行中、なにしろ一人だけで話し相手もいないから、 iPhoneでツイッターをよく見ていた。

記事を読む

no image

お礼申し上げます

現在、チェンマイから北へ数十キロ行ったところにあるチェンダオという町のはずれにいる。 巨岩の塊のよ

記事を読む

no image

不思議で贅沢な春の晩

以前、コンゴ(旧ザイール)の障害者バンド「スタッフ・ベンダ・ビリリ」を日本に呼び、 そのライブに私

記事を読む

no image

島国チャイニーズと沖縄系ブラジル人

読了してから時間が経ってしまったが、野村進『島国チャイニーズ』(講談社)は 万人にお勧めの良書であ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 私はタオルを濡らして首に巻いていた。西欧人のランナーたちには怪訝そうに見られて、中には「それは重くて首によくないんじゃないか」と忠告してくれる人もいた。でも実際は首タオルは体温を低く保ち、すごく快適だった。西欧では知られていないジ… https://t.co/skXMkm6W2L ReplyRetweetFavorite
    • 十数年前、私がサハラマラソンに出場したとき、主催者はレース前に選手たちに「とにかくたくさん水を飲んでください。そして、(給水所で)頭から水をかぶってください」と言っていた。すると実際熱中症で倒れる人はいなかったようだ。日本で「水を頭からかぶる」は難しいが… ReplyRetweetFavorite
    • 私もまだ徹マン効果が続いている。気持ちが高ぶって昼寝しようにも眠れなくて困ってる。この発明はマジで凄いのかも。 https://t.co/J33GKQk6LZ ReplyRetweetFavorite
    • 帰りの新幹線で眉村卓著「ねらわれた学園」(講談社文庫)を一気読み。シンプルな力強さに古典の醍醐味を満喫。 ReplyRetweetFavorite
    • 長野県の菅平高原で開催されている信州森フェスで講演してきた。菅平は涼しい!森フェスは入場無料だから、避暑だけでも行く価値あり。食べ物も美味しいです。https://t.co/B7WUhvoHPc ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【🦍是非🦍】 『渋谷いきもの会議2022』のアーカイブ販売はいよいよ今週末6月25日(土)22時までとなります。三年ぶりの生物パーティーを目撃ください! https://t.co/zTNrOjP04A ※ゲストの宮田珠己氏の登場は開始から約2時間5… ReplyRetweetFavorite
    • 元のカバーと比べてみた。元の方もすごくいいんです。ちなみに内容はこんな感じ。 https://t.co/qTIJtTFEFJ ReplyRetweetFavorite
  • 2022年7月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑