*

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

2016.06.21みらぶー

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。
ふつう、文庫化といえば、単行本に「文庫あとがき」として後日談をちょっと付け加えた程度だが、
今回はちとちがう。

本書は単行本のとき、いわゆる「結論」的な文章をつけなかった。
ブータンを旅している中で、いきなりバサッと終わっている。
おかげで「尻切れトンボ」とか「何だかよくわからないまま終わっている」など、
多くの批判を受けた。ネットのレビューだけでなく、何人もの知人友人から直接お叱りを受けた。
友人知人は通常、ほめるか何も言わないかなので、これは極めて異例だ。
ネットのレビューにいたっては「著者のやる気が感じられない」「手抜き」「むりやり書籍化したのでは」とまで酷評されてしまった。

いや、やる気がないとか手抜きということはありえない。
私が本を書くというのは「義務」ではなく「欲望」のなせる技なので、絶対に手など抜かない。
性欲や食欲同様、欲望を満たすためには何でもやる。
ただ、今回は戦略として間違っていただけだ。
私はブータン紀行に関しては、あからさまな結論を述べず、スッと終わった方が読者に余韻を残すのではないかと思い、熟慮したうえでそうしたのだが、結果は「画竜点睛を欠く」となってしまったようだ。

なので、今回の文庫化にあたっては、本来単行本につけるべき「あとがき」もしくは「エピローグ」に類する文章を書き加えてこの旅を総括した。ブータン紀行は私の辺境ノンフィクション人生の大きな転換点だった、と。
そのうえで後日談も付け加えた。

もし単行本ですでに読まれた方、それから口コミやレビューで「終わり方がイマイチ」と聞いている方、
ぜひ文庫にトライしてみてください。
読後感は相当変わっていると思います。

関連記事

no image

野菜を洗剤であらう

忘れていたことをまたいくつか。 昨日(水曜日)、毎日新聞夕刊の「新・幸福論」という欄で私のインタビュ

記事を読む

no image

ラッシャー木村はツイていた

一昨日、夜ケーブルテレビでナイターを見ようとしたら、 たまたまNOAHの試合がやっていた。 しかも「

記事を読む

no image

大作家を斬る!

ある雑誌の増刊号で頼まれていた書評をやっと書く。 私が長らく愛読している、もう亡くなった大作家の作品

記事を読む

no image

ベトナムより帰国

ベトナムより帰国した。 謎の猿人フイハイ(フイホアイ)を探しに行ったのだが、例によって現地は思いがけ

記事を読む

no image

サッカーの敵

「本の雑誌」バックナンバーのサッカー本特集のコピーを杉江さんに送ってもらい、 それにしたがってサッ

記事を読む

no image

ミャンマーがまた…

ミャンマーがまた大変なことになっているようだ。 というか、自然災害でも戦争でも こんなに被害が出たの

記事を読む

no image

ミャンマーの伝奇小説「マヌサーリー」

 ジャズとプロレスを小学生のときから愛す義姉・高橋ゆりが(とついに名前が出てしまったが)日本語に訳

記事を読む

no image

ライバルは漱石!

紀伊国屋新宿東口本店へ行き、 「私のオススメ本 バトルロイヤル」をのぞいてきた。 たしかに10冊、面

記事を読む

no image

高島俊男先生の人生は失敗だったらしい

敬愛する高島俊男先生の新刊『お言葉ですが…別巻⑤ 漢字の慣用音って何だろう?』(連合出版)を読む。相

記事を読む

no image

もう10月

いつの間にか10月になっていた。 先月読んだ本の中から面白いものをまとめて紹介しよう。 吉田誠一『ヨ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : いよいよ来週の土曜日10月3日は、高野秀行「辺境チャンネル」開催!写真や動画、そしてゲストを交えてたっぷりオンラインで高野さんと辺境の魅力をお伝えいたします。テーマは『幻のアフリカ納豆を追え!』(新潮社)です。鯉の納豆焼き浸しが美味しそう… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 幻のアフリカ納豆を追え 高野秀行、新潮社 納豆で366頁!しかも面白い。単なる珍しい納豆の紹介ではなく、その地の食文化や歴史も考察する。前作「謎のアジア納豆」のほうが科学的?と思っていたら「納豆菌ワールドカップ」から、つるまめ納豆で縄文… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 旅人として尊敬する高野秀行さんの著書読了。素晴らしい内容!徹底した現場主義は勉強になります。 個人的には、納豆の世界とかつて調べたゴマの世界に関係性を感じゾクゾクしてきました。今度南米に行ったら・・・ ちなみに私は納豆NGです。笑 http… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行『幻のアフリカ納豆を追え!』面白かった。 前作『謎のアジア納豆』のほうが読んでいて面白かったかなと思ったけど、アフリカフィールドワークの描写の面白さ、紹介される納豆の多彩さなど実に面白い。最後に開陳されるサピエンス納豆仮説の壮大さも素晴らしい。 ht… ReplyRetweetFavorite
    • 健ちゃんは幼なじみだから容赦ない。しょっちゅう、「秀ちゃんはほんとにダメだな!」とよく叱られている。ゲストで登場したら、またダメ出しの嵐を食いそう…。ヤバいことを言われなきゃいいが…。 https://t.co/GjMZORwe3K ReplyRetweetFavorite
    • 「健ちゃん」は私の幼なじみ。技術者として味の素株式会社に入社、ナイジェリアに商品開発担当として赴任した。彼が目をつけたのはアフリカ納豆(?)の「ダワダワ」。私は彼に呼ばれてナイジェリアへ飛び、40年ぶりに再会してしまった…。「20… https://t.co/qTcqnDtiOn ReplyRetweetFavorite
    • 自分の本は抜きにしても、紀伊國屋新宿店はいい。2Fにちゃんと「ノンフィクション」の棚があり、しかも国内・海外両方が収められている。社会問題・旅・各国事情に収まらない「ノンフィクション」としか言えない本がたくさんあるのだから。個人的… https://t.co/ZX1myE9Anw ReplyRetweetFavorite
  • 2020年9月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑