*

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

2016.06.21みらぶー

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。
ふつう、文庫化といえば、単行本に「文庫あとがき」として後日談をちょっと付け加えた程度だが、
今回はちとちがう。

本書は単行本のとき、いわゆる「結論」的な文章をつけなかった。
ブータンを旅している中で、いきなりバサッと終わっている。
おかげで「尻切れトンボ」とか「何だかよくわからないまま終わっている」など、
多くの批判を受けた。ネットのレビューだけでなく、何人もの知人友人から直接お叱りを受けた。
友人知人は通常、ほめるか何も言わないかなので、これは極めて異例だ。
ネットのレビューにいたっては「著者のやる気が感じられない」「手抜き」「むりやり書籍化したのでは」とまで酷評されてしまった。

いや、やる気がないとか手抜きということはありえない。
私が本を書くというのは「義務」ではなく「欲望」のなせる技なので、絶対に手など抜かない。
性欲や食欲同様、欲望を満たすためには何でもやる。
ただ、今回は戦略として間違っていただけだ。
私はブータン紀行に関しては、あからさまな結論を述べず、スッと終わった方が読者に余韻を残すのではないかと思い、熟慮したうえでそうしたのだが、結果は「画竜点睛を欠く」となってしまったようだ。

なので、今回の文庫化にあたっては、本来単行本につけるべき「あとがき」もしくは「エピローグ」に類する文章を書き加えてこの旅を総括した。ブータン紀行は私の辺境ノンフィクション人生の大きな転換点だった、と。
そのうえで後日談も付け加えた。

もし単行本ですでに読まれた方、それから口コミやレビューで「終わり方がイマイチ」と聞いている方、
ぜひ文庫にトライしてみてください。
読後感は相当変わっていると思います。

関連記事

no image

やはりコンゴは別格

高知の四万十より、私の探検部の先輩にして人生の師匠・山田さんが上京、 うちに泊まっていった。 去年、

記事を読む

no image

別ジャンルで2つ上がる

「本の雑誌」2008年1月号が届いた。 2007年度ベスト10に『怪獣記』が6位にランクイン。 昨

記事を読む

no image

熊いじめと阿片チンキ

前々から英語圏に興味がなかったのだが、最近ははっきりと拒否反応を示すようになってきた。 おかげで客

記事を読む

no image

『アジア新聞屋台村』続編?

以前、アジア各国の新聞を発行しているエイジアンという不思議な新聞社で働いていたことがあり、その顛末を

記事を読む

no image

イベントのお知らせ

2月21日(木)20:00~、下北沢のB&Bにて『謎の独立国家ソマリランド』の刊行記念ト

記事を読む

no image

『メモリークエスト』文庫の装丁はすばらしい!

『メモリークエスト』(幻冬舎文庫)の見本が届いた。 単行本のカバーは正直言って気に入らなかったが、

記事を読む

no image

読書がすすむ

最近ずっと、あまり実にならない取材が続いている。 西へ東へうろうろしているが成果はこれといって、な

記事を読む

no image

ロゼをちびちびやりながら砂漠を行く

ごぶさたしております。 20日に東京を発ち、今度はなぜか北アフリカのチュニジアをうろうろしている。

記事を読む

no image

七夕に願いを

本日やっと東京の自宅に戻った。 ハルゲイザ(ソマリランドの首都)はさすがに遠い。 →ジブチ→アジスア

記事を読む

no image

ブルガリアの秀吉

部屋を整理していたら、変なものを発見した。 先日ブルガリアの首都ソフィアの路上で買った古本。 吉川英

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • そういう私も高校時代にめぞん一刻にはまり、最終刊を読み終わったときには自分の青春が終わってしまったかのような虚無感に襲われた。実際はそのあとに自分自身がめぞん一刻みたいなアパートに入ってしまったんだけど。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : ・フロー 感想コメント ノンフィクション作家の、#高野秀行 さんより 圧倒的な映像美と軸のぶれない世界観で、様々な角度から地球を見つめている。アイ・ウェイウェイ監督おそるべし。@daruma1021 https://t.co… ReplyRetweetFavorite
    • そんな橋本君が昨日いちばん熱く語っていたのはなんと『めぞん一刻』。同席した角川の文学系編集者(いずれも30代)も大好きとのことで、話題はノーベル文学賞からめぞん一刻へ思い切り傾いた。高橋留美子、最強説。 ReplyRetweetFavorite
    • 諸事情により半年ほど遅れてしまったが、畏友・橋本陽介君の新刊『ノーベル文学賞を読む ガルシア=マルケスからカズオ・イシグロまで』(角川選書)をを祝って飲み会。彼はまだ三十代半ばなのだが、すでにノージャンルの文学研究者として日本のトップに立っている観がある。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今日は夜 19:30から日本橋ANDONからライブ配信します。で、事務局チームでワイワイやってるので現地に遊びきてもらえるの大歓迎!クラファン締めくくりに盛り上がるぞー! https://t.co/mffbJh5k… ReplyRetweetFavorite
    • なぜこんな忙しいときに部屋の片付けなんて始めちまったんだろう。パンドラの箱だよ。 ReplyRetweetFavorite
    • ふと思い立って部屋の大片付けを始めたところ、いろんな秘蔵品(?)が出てきた。10年前に探検部の先輩が撮影してくれたワセダのアパートの映像なんかも発見した。大家のおばちゃんもまだ健在。なつかしい。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年1月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑