*

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

2016.01.28itodan
世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている人なのか説明できない」という人がいる。残念ながら私もそういう一人と目されているようだ。

ところが最近、自分がTBS「クレイジージャーニー」に出演することになり、過去にどんな人が出演しているのかチェックすると、実にそういう「説明できないユニークな人」が多いことに気づいた。

北極専門の探検家、奇妙な景色やモノを探して世界中を旅している人、誰も入ったことのない洞窟だけを探検しつづける人……。

みなさん、ものすごいこだわりをお持ちだし、行動力や気力は常人離れしているが、どうしてそんなことに情熱を燃やせるのか、端から見ていてもさっぱりわからない。

クレイジージャーニーにはそんな人ばかり登場する。
逆にいえば、そういう人は「クレイジージャーニーの人」とくくることができる。
これは画期的なことだ。今まで分類できなかった人々を集めて、一つのジャンルができたのだから。

昨日読み終えた『自分を開く技術』(本の雑誌社)の著者、伊藤壇さんはまさにこの新ジャンルの人だ。
伊藤さんはプロサッカー選手であり、それだけならこれほどわかりやすい仕事はないほどだが、変わっているのは、これまでアジア18カ国でプロ選手としてプレーしてきたということ。
18カ国!!
旅行で行くだけでもけっこう時間と労力を費やすというのに、プロとしてサッカーをやった国が18カ国。
しかも「一年一カ国で、毎年プレーする」と自分に縛りを課しているというから、やはりそのこだわりは理解不能だ。でも面白いことはまちがいない。

プレーすると一言でいっても、簡単なことではない。
まずその国のプロリーグのチームに入団するために、自分を売り込み、交渉しなければならない。
本書にはその驚くべきノウハウが書かれている。
例えば、私が驚いた(というか笑った)のは、そのチームがFWを求めているとわかれば、自分がMFでもFWのふりをしてテストを受け、契約を勝ち取ってしまうこともあるという。
で、後で「正直に自分は実はMFだ」と言うとのこと。それを「正直」というのかどうかわからないが、
契約が結ばれたらもういいらしい。日本人から見ていかに非常識であっても、その国の「ルール」に則っていればいいのである。

本書は体裁がビジネス書なのだが、こんなビジネス書を誰が必要とするのかさっぱりわからない。
作り手もクレイジージャーニーの人といっても過言ではない。
ただ、伊藤さんはたとえサッカーを辞めて別の仕事についても確実に成功するだろう。

なぜなら、彼は「相手が何を求めているかを適確に理解する力」と「自分が何を望んでいるかを適確に表現する力」を兼ね揃えているからだ。ちなみに「表現」とは“言葉”と“実際にやってみせる力量”の両方を指している。
文筆業を含めて、ほとんどの職業は、この2つの力があればやっていける。逆にいうと、素材は素晴らしいのに目が出ないという人はいずれかの力が欠けている可能性が高い。

ただ、やっぱりこれだけの能力があって毎年ちがう国でプレーするなんてこだわりをもたないよなあ…。
その逸話がイチイチ笑えるので、ビジネスとして真似が出来なくてもお勧めである。
そして実際のTBS「クレイジージャーニー」でもぜひ登場してもらいたいと強く希望する次第だ。

関連記事

no image

もう10月

いつの間にか10月になっていた。 先月読んだ本の中から面白いものをまとめて紹介しよう。 吉田誠一『ヨ

記事を読む

no image

イスタンブールは遠い…

再び成田空港に行き、今度はちゃんと飛行機が飛んだ。 が、ドバイに着いたものの、日にちがずれたためイ

記事を読む

no image

ネットでキム・ジョンイルになる方法

中川淳一郎『ウェブはバカと暇人のもの 現場からのネット敗北宣言』(光文社新書)は傑作だった。 著者

記事を読む

no image

残念な人

話題の『KAGEROU』の発売日にポプラ社の編集者にたまたま会い、一冊もらったので 昨日読んだ。 内

記事を読む

no image

トルコの飲酒史

トルコ通風来坊の末澤の紹介で、16世紀オスマン朝の文化・経済を研究している気鋭の研究者Sさんと一杯や

記事を読む

no image

ソマリアのワークショップで怪しまれる

日本エネルギー経済研究所・中東研究センターが主催するソマリア問題のワークショップというやつに行ってき

記事を読む

no image

探検部の後輩、パキスタンで銃撃される

下北沢で某社の編集者と打合せを兼ねて飲んでいた。 本題前の雑談で「パキスタンというのは意外といいとこ

記事を読む

タイ行きのお知らせ

今日からタイ行きである。 帰国は9月3日。二ヵ月弱も滞在することになる。 何しに行くのか

記事を読む

no image

早稲田についての質問は困る

「早稲田」についての記事をつくっている毎日新聞の記者の人から取材を受ける。 その記者さんの話では、今

記事を読む

no image

島田荘司『占星術殺人事件』

知り合いの先生に頼まれ、神奈川県の高校でミニ講義みたいなことをやった。 たまには趣向を変えて、辺境

記事を読む

Comment

  1. 高野ファン より:

    高野さんのお勧めの 『自分を開く技術』(本の雑誌社)をアマゾンで注文しました。って高野さんに報告しようと思ってネットで高野秀行って検索したら、 最初に「 高野秀行 アヘン タ イ ホ 」って出てきました。TVに出たからでしょう。『 アヘン王国潜入記 』は私の感想は ハート・ウオーミング・ ヒューマン・ラブ・辺境 ストーリー のカテゴリーに入るのに..高野秀行の本を読んだことがない人はそんなような発想になるのかと驚きました。TVや検索ワードが高野さんのこれからの活動に影響しないように願っています。どうしてTVは危険なんでしょうか?
    私が小学生の時は朝番組TVのNewsでありもしない行事を番組の人が作ってその小学校では恒例になっているように生放送で放送されて子供ながらショックでした。どう考えても日本の小学生クラス全員や教師が朝7時に学校にいるだけでもおかしいのに。。でも、高野さんにはまたTVにでてほしいです。出来れば編集無しがいいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 実に面白い記事。私も視覚障害者の友人(アブだけど)と一緒にいると、ときどきこういうことが起きる。 https://t.co/w0Allu5S1q ReplyRetweetFavorite
    • RT : 東京・銀座にあった、木彫の猫たちの楽園。毛の質感や体の柔軟さまでが表現されていて、ちょっとびっくり。三重県北部いなべ市の古民家在住のアーティスト、はしもとみおさんの作品展。中央通りに面した田中貴金属本店6階ホールにて。 https://t.co… ReplyRetweetFavorite
    • らしいとか、女優が映画館で前の座席に足を投げ出して観ているんだけど、その足裏が汚いとか、ブラピが銃のホルスターに缶ビールを2本指して屋根のアンテナ修理をするシーンが意味もなくカッコイイとか、夢中で喋ってしまった。二人の結論→「タランティーノは天才」。 ReplyRetweetFavorite
    • 映画監督の友人に電話し「ワンスアポンナタイムインハリウッド(略称ワンハリ)」話で盛り上がる。ブラピがなぜかブルース・リーをカンフーでぶちのめすとか、スティーブ・マックイーンでなくディカプリオが主人公を演じている「大脱走」のシーンとか、ブラピが犬にあげる缶詰がネズミやアライグマの肉 ReplyRetweetFavorite
    • 納豆で言えば、マイルドに熟成された感じ。 ReplyRetweetFavorite
    • 以前のタランティーノ作品特有のインパクトは薄くて、でもいつまでも観ていたいという温泉的気分だった。 ReplyRetweetFavorite
    • タランティーノ監督の新作「ワンスアポンナタイムインハリウッド」を観た。最初の感想は、ブラピカッコいい、ディカプリオおもろい。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年9月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
PAGE TOP ↑