*

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

2016.01.28itodan
世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている人なのか説明できない」という人がいる。残念ながら私もそういう一人と目されているようだ。

ところが最近、自分がTBS「クレイジージャーニー」に出演することになり、過去にどんな人が出演しているのかチェックすると、実にそういう「説明できないユニークな人」が多いことに気づいた。

北極専門の探検家、奇妙な景色やモノを探して世界中を旅している人、誰も入ったことのない洞窟だけを探検しつづける人……。

みなさん、ものすごいこだわりをお持ちだし、行動力や気力は常人離れしているが、どうしてそんなことに情熱を燃やせるのか、端から見ていてもさっぱりわからない。

クレイジージャーニーにはそんな人ばかり登場する。
逆にいえば、そういう人は「クレイジージャーニーの人」とくくることができる。
これは画期的なことだ。今まで分類できなかった人々を集めて、一つのジャンルができたのだから。

昨日読み終えた『自分を開く技術』(本の雑誌社)の著者、伊藤壇さんはまさにこの新ジャンルの人だ。
伊藤さんはプロサッカー選手であり、それだけならこれほどわかりやすい仕事はないほどだが、変わっているのは、これまでアジア18カ国でプロ選手としてプレーしてきたということ。
18カ国!!
旅行で行くだけでもけっこう時間と労力を費やすというのに、プロとしてサッカーをやった国が18カ国。
しかも「一年一カ国で、毎年プレーする」と自分に縛りを課しているというから、やはりそのこだわりは理解不能だ。でも面白いことはまちがいない。

プレーすると一言でいっても、簡単なことではない。
まずその国のプロリーグのチームに入団するために、自分を売り込み、交渉しなければならない。
本書にはその驚くべきノウハウが書かれている。
例えば、私が驚いた(というか笑った)のは、そのチームがFWを求めているとわかれば、自分がMFでもFWのふりをしてテストを受け、契約を勝ち取ってしまうこともあるという。
で、後で「正直に自分は実はMFだ」と言うとのこと。それを「正直」というのかどうかわからないが、
契約が結ばれたらもういいらしい。日本人から見ていかに非常識であっても、その国の「ルール」に則っていればいいのである。

本書は体裁がビジネス書なのだが、こんなビジネス書を誰が必要とするのかさっぱりわからない。
作り手もクレイジージャーニーの人といっても過言ではない。
ただ、伊藤さんはたとえサッカーを辞めて別の仕事についても確実に成功するだろう。

なぜなら、彼は「相手が何を求めているかを適確に理解する力」と「自分が何を望んでいるかを適確に表現する力」を兼ね揃えているからだ。ちなみに「表現」とは“言葉”と“実際にやってみせる力量”の両方を指している。
文筆業を含めて、ほとんどの職業は、この2つの力があればやっていける。逆にいうと、素材は素晴らしいのに目が出ないという人はいずれかの力が欠けている可能性が高い。

ただ、やっぱりこれだけの能力があって毎年ちがう国でプレーするなんてこだわりをもたないよなあ…。
その逸話がイチイチ笑えるので、ビジネスとして真似が出来なくてもお勧めである。
そして実際のTBS「クレイジージャーニー」でもぜひ登場してもらいたいと強く希望する次第だ。

関連記事

no image

ブータンは4月

2月にブータンに行く予定だったが、向こうの事情やこちらの事情などで 4月に延期になった。 それまでゆ

記事を読む

no image

イランの料理をみくびっていた

日曜日、「おとなの週末」で連載開始する「移民の宴」の第2回取材で、 イラン人のベリーダンサー、ミーナ

記事を読む

「ダ・ビンチ」2月号にてオードリー春日氏と対談

現在発売中の「ダ・ヴィンチ」2月号にて、オードリーの春日俊彰氏と対談している。 私はテレビ

記事を読む

no image

butan no bukkyou

Zenkai no shasin no bijo wa watashi no zonka-go(bu

記事を読む

すごく太っている人は働き者なのか?

タイでは比較的やせた人が多いが、ときおり、男性でも女性でもすごく太った人を見かける。 身長160セ

記事を読む

no image

念願かなってモガディショ

今から十数年前だから、1990年代半ばか後半くらいだろうか。 ヨーロッパか中東かアフリカか忘れたが、

記事を読む

no image

「アドゥンはタイ人」さんご来場

上智大学の講義第2回。 ゲストであるタイの伝統音楽家アドゥンさんと大学の北門で待ち合わせていたのだ

記事を読む

no image

「野々村荘」は今…

なんと約7年ぶりに、『ワセダ三畳青春記』の舞台である「野々村荘」を訪問、後輩の「中江」とともに大家の

記事を読む

no image

大学の講義のゲストみたい

上智大学講義、第10回目。 今年ラストの授業のゲストは琉球カウボーイフィルムズ統括プロデューサーの

記事を読む

no image

犬連れ旅はつづく

 犬との旅を終え、やっと東京に戻ってきた。思えば、ずいぶんいろんな場所へ行った。 いわき市と南

記事を読む

Comment

  1. 高野ファン より:

    高野さんのお勧めの 『自分を開く技術』(本の雑誌社)をアマゾンで注文しました。って高野さんに報告しようと思ってネットで高野秀行って検索したら、 最初に「 高野秀行 アヘン タ イ ホ 」って出てきました。TVに出たからでしょう。『 アヘン王国潜入記 』は私の感想は ハート・ウオーミング・ ヒューマン・ラブ・辺境 ストーリー のカテゴリーに入るのに..高野秀行の本を読んだことがない人はそんなような発想になるのかと驚きました。TVや検索ワードが高野さんのこれからの活動に影響しないように願っています。どうしてTVは危険なんでしょうか?
    私が小学生の時は朝番組TVのNewsでありもしない行事を番組の人が作ってその小学校では恒例になっているように生放送で放送されて子供ながらショックでした。どう考えても日本の小学生クラス全員や教師が朝7時に学校にいるだけでもおかしいのに。。でも、高野さんにはまたTVにでてほしいです。出来れば編集無しがいいです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 川下り2日目、荒川上流の長瀞で転覆し、洗濯機の中みたいにぐるぐるもまれる。あれ〜という感じ。不幸中の幸いは、後から来た観光客に間一髪、失態を見られずに済んだこと。 ReplyRetweetFavorite
    • 川辺のキャンプ場で飲み会開始。川からちょっと離れているし気温33度だけど、やはり気にならない。まぁ、酔っ払いは何も気にならないのだが。 ReplyRetweetFavorite
    • 気温は現在38度だが、川辺の日陰はウソのように涼しい。これから昼寝タイム。 ReplyRetweetFavorite
    • 本日の川下りの場所、最高気温38度って出てる。マジか。 ReplyRetweetFavorite
    • 泊りがけで川下りに出発。こんな早朝なのに、駅まで歩いただけで汗だく。 ReplyRetweetFavorite
    • 文芸出版の内情をある程度知っている人間にとっては、「こんなこと、あるわけないだろ!」という部分と、「こんなこと、あっても不思議じゃない」という部分が絶妙にブレンドされていて、飲み心地抜群の虚実カクテル。 ReplyRetweetFavorite
    • サイゼリアで昼酒を飲み過ぎ、午後以降は使い物にならず。しかたなく、寝そべって東野圭吾著『歪笑小説」(集英社文庫)を再々読。この小説はほんと、面白い。マイ殿堂入り。 ReplyRetweetFavorite
  • 2018年7月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑