*

高野秀行プロフィール

高野秀行(たかの・ひでゆき)

1966年、東京都八王子市生まれ。ノンフィクション作家。
早稲田大学探検部在籍時に書いた『幻獣ムベンベを追え』(集英社文庫)をきっかけに文筆活動を開始。
「誰も行かないところへ行き、誰もやらないことをやり、それを面白おかしく書く」がモットー。アジア、アフリカなどの辺境地をテーマとしたノンフィクションのほか、東京を舞台にしたエッセイや小説も多数発表している。
1992-93年にはタイ国立チェンマイ大学日本語科で、2008-09年には上智大学外国語学部で、それぞれ講師を務める。
主な著書に『アヘン王国潜入記』『巨流アマゾンを遡れ』『ミャンマーの柳生一族』『異国トーキョー漂流記』『アジア新聞屋台村』『腰痛探検家』(以上、集英社文庫)、『西南シルクロードは密林に消える』『怪獣記』(講談社文庫)、『イスラム飲酒紀行』(扶桑社)、『未来国家ブータン』(集英社)など。
『ワセダ三畳青春記』(集英社文庫)で第一回酒飲み書店員大賞を受賞。
『謎の独立国家ソマリランド』(本の雑誌社)で第35回講談社ノンフィクション賞を受賞。

<高野秀行 著作リスト>(2012年11月15日現在)

幻獣ムベンベを追え
巨流アマゾンを遡れ
ワセダ三畳青春記
アヘン王国潜入記
怪しいシンドバッド
ミャンマーの柳生一族
怪魚ウモッカ格闘記 インドへの道
異国トーキョー漂流記
アジア新聞屋台村
神に頼って走れ! 自転車爆走日本南下旅日記
腰痛探検家
辺境中毒(以上、集英社文庫)
未来国家ブータン
またやぶけの夕焼け(以上、集英社)
西南シルクロードは密林に消える
怪獣記(以上、講談社文庫)
メモリークエスト(幻冬舎文庫)
世界のシワに夢を見ろ!(小学館文庫)
極楽タイ暮らし(ワニ文庫)
世にも奇妙なマラソン大会
放っておいても明日は来る
謎の独立国家ソマリランド(以上、本の雑誌社)
アジア未知動物紀行 ベトナム・奄美・アフガニスタン
移民の宴 日本に移り住んだ外国人の不思議な食生活 (以上講談社)
間違う力(メディアファクトリー)
イスラム飲酒紀行(扶桑社)

高野秀行オフィシャルサイト
http://www.aisa.ne.jp/takano


公開日:
最終更新日:2013/09/04

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : アフガニスタンで殺害された中村哲さん。あれほど現地で長年に渡って信頼されている人でさえ、こんな形で殺害されるとは……。亡くなったアフガン人の運転手や護衛の人達6人全員を追悼したい。日本では「日本人の死」ばかりが報道されるが、中村さんと共に活… ReplyRetweetFavorite
    • 最近ミステリを読んで満足する確率は二割五部くらいで、野球なら確実性に乏しい打者。スタメン起用がためらわれるが、ときどき凄いホームランが出るからやめられない。 ReplyRetweetFavorite
    • 大阪への道中、ベストセラーになっているミステリを読んだのだが、最後まで読んでも釈然とせず。ミステリは難しい。 ReplyRetweetFavorite
    • 最初は衝撃なんだけど、著者の巧みな描写や説明で、どんどんズー(動物性愛者)の人たちに感情移入していき、読了するころには「これってLGBTの一種じゃないの?」ぐらいにしか思わなくなっている自分がいた。 ReplyRetweetFavorite
    • 昨日新幹線の中で読んでいた濱野ちひろ著『聖なるズー』(集英社)を読み終える。動物と性愛を行う人々を追った衝撃のルポ。飼い犬を「妻」と紹介する男性が登場するなど、常識の土手っ腹に風穴が空いた。これぞノンフィクションの醍醐味だ。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【大阪大学イベント(外国語学部ビルマ語専攻井上さゆり先生主催)】ノンフィクション作家高野秀行氏講演会「言語オタクのちょっとクレイジーな探検生活」 https://t.co/hotbx2JeWl ReplyRetweetFavorite
    • RT : 小学館はノンフィクションを対象とする公募の文学賞「第26回 」の受賞作を発表。映像ディレクター・笠井千晶さんの「家族写真 3・11原発事故と忘れられた津波」が受賞。選考委員は高野秀行さん、三浦しをんさん、古市憲寿さん。… ReplyRetweetFavorite
  • 2019年12月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑