*

「 月別アーカイブ:2017年03月 」 一覧

イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が増えています。 とても私一人で対応できる状態ではなくなったので、 本の雑誌社の営業兼編集の杉江由次さんにマネージャー役

続きを見る

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 【エッセイ】文藝春秋『辺境メシ~ヤバそうだから食べてみた』高野秀行・著 ヒキガエルジュース、ラクダ丼、水牛の脊髄炒め、サルの燻製脳味噌、元首狩り族の超熟納豆、古代粘土板せんべい、アマゾンの口嚙み酒・・・。書いてるだけでも何か凄過ぎる・・… ReplyRetweetFavorite
    • 答えは、「今のところ、大量破壊兵器が存在したという記録は一切なく、あくまで侵略の口実として使われたと思われる」だったが、「でも、まだ面白い資料がありそう」という意味深なコメント。まだ何かどんでん返しがあるのか?とミステリファンとしてつい期待してしまった。 ReplyRetweetFavorite
    • フセイン政権崩壊前後のUNSCOM (国連大量破壊兵器廃棄特別委員会)の仕組みについてイラク人の大学院生が発表したのだけど、その後の質疑応答で「で、結局、大量破壊兵器、あったの?」という質問がイラク人の教授から出て、思わずのけぞる。 ReplyRetweetFavorite
    • 風呂屋や八百屋を通り過ぎ、あゆみブックスで本を物色してシャノアールでコーヒーを飲む。ここで原稿を書いていたっけ。…そしてイラクに戻るという不思議さ。 ReplyRetweetFavorite
    • 意外にも隣の大家さん宅はそのまま。今にも裏口から、おばちゃんが「あら、高野さん!」とか言って出てきそうだ。懐かしい。 ReplyRetweetFavorite
    • アパートは3年前に取り壊され、今はおしゃれなワンルームマンションになっている。シンボルだったクルミの木も斬られてしまったが、マンションの名前はそれに因んだ名前がつけられている。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 小学校の保護者会で「自分が一番最近読んだ本」を聞かれ「娘といっしょに宮沢賢治を」「昔から赤毛のアンが愛読書」というママたちの清らか発言がつづく中、 「『サカナとヤクザ』です」 「暴力団による密漁ビジネスの潜入ルポです」 と正直に発表したわたし… ReplyRetweetFavorite
  • 2017年3月
    « 8月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑