*

「 謎の怪魚ウモッカ 」 一覧

キタ帰る

先週の土曜日、キタ先発隊長が無事にご帰還された。 色は日焼けと垢と埃で真っ黒、インドで買ったぺらぺらの上下の服に ゾウリ履きという格好。 まさにヒッピー、税関で長々と止められたというのも無理はない。

続きを見る

驚愕の真相(その2)

気をもたせたまま、前回のブログを「つづき」にしてしまった。 みなさん、キタ君のことをご心配だと思うが、ご安心ください。 2月4日、つまり明後日に帰国する予定です。 思わせぶりな書き方をしたが、実は彼は

続きを見る

さらなる衝撃!

大勢のみなさんから比較的温かいコメントが多数寄せられた。ありがたいことです。 (特に英語版の要望には感じるものがあった。これについてはまた日を改めて書きたい) さて、それより相棒のキタ君である。 「何

続きを見る

驚愕の真相

みなさん、ごぶさたしてます。高野秀行本人です。 私は実は現在日本にいる。というより、ずっと日本にいる。 インドに行かなかったわけではない。 行ったことは行ったのだが、なんとカルカッタの空港で入国で捕ま

続きを見る

無事?出発

謎の巨大魚ウモッカを探しに、とうとう高野秀行がインドへ旅立った。 同行するのは「ワセダ三畳青春記」(集英社文庫)にも登場する、タロットの名手キタさん。 曰く「お守りみたいなもの」だそうだ。 出発前に聞

続きを見る

出発

今日からインドへ出発します。 ウモッカを見つけ次第帰りますが、そうでない場合は3月13日が帰国予定日です。 (航空券が3ヶ月オープンなので、その日がリミットとなります) 現地では基本的にネットが使える

続きを見る

IUP公式Tシャツ&ロゴができる!

目撃者のモッカさんがわれわれのために、インド・ウモッカ・プロジェクト(IUP)公式Tシャツを作 ってくれた。 突然、電話がかかってきて「探検といったらユニフォームですよね? 気がつかなくてすいません

続きを見る

ウモッカ手配書

今朝、「ウモッカ手配書」が印刷所より届いた。 モッカさんによるスケッチ、同じくモッカさんによるトゲ付きウロコの拡大図、そして説明文である。 説明文は現地の公用語オリヤー語で、日本語に訳すと次のようにな

続きを見る

秘密兵器!

そうそう、言い忘れていた。 無策無能な私たちにも今回たった一つだけ「秘密兵器」がある。 ウモッカのトゲ・フィギュアだ。 (正確にはトゲ付きのウロコ・フィギュア) 最初はウモッカの全体像のフィギュアを作

続きを見る

ウモッカ探しの方法&発見時の手順

ウモッカ探しの方法、…と言っても前に書いたように妙手があるわけではない。 地元の漁師に聞きとり調査を行い、「ウモッカ手配書」(目撃者モッカさんによるスケッチと説明文)を配布し、あとは毎日、漁師の網をの

続きを見る

インド・ウモッカ・プロジェクト始動!

いよいよ、インドの謎の怪魚「ウモッカ」探しへ出かける体制が整った。 まず、探索計画は20年前の「コンゴ・ドラゴン・プロジェクト(CDP)」に倣い、 「インド・ウモッカ・プロジェクト(IUP)」と名づけ

続きを見る

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • そういう私も高校時代にめぞん一刻にはまり、最終刊を読み終わったときには自分の青春が終わってしまったかのような虚無感に襲われた。実際はそのあとに自分自身がめぞん一刻みたいなアパートに入ってしまったんだけど。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : ・フロー 感想コメント ノンフィクション作家の、#高野秀行 さんより 圧倒的な映像美と軸のぶれない世界観で、様々な角度から地球を見つめている。アイ・ウェイウェイ監督おそるべし。@daruma1021 https://t.co… ReplyRetweetFavorite
    • そんな橋本君が昨日いちばん熱く語っていたのはなんと『めぞん一刻』。同席した角川の文学系編集者(いずれも30代)も大好きとのことで、話題はノーベル文学賞からめぞん一刻へ思い切り傾いた。高橋留美子、最強説。 ReplyRetweetFavorite
    • 諸事情により半年ほど遅れてしまったが、畏友・橋本陽介君の新刊『ノーベル文学賞を読む ガルシア=マルケスからカズオ・イシグロまで』(角川選書)をを祝って飲み会。彼はまだ三十代半ばなのだが、すでにノージャンルの文学研究者として日本のトップに立っている観がある。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今日は夜 19:30から日本橋ANDONからライブ配信します。で、事務局チームでワイワイやってるので現地に遊びきてもらえるの大歓迎!クラファン締めくくりに盛り上がるぞー! https://t.co/mffbJh5k… ReplyRetweetFavorite
    • なぜこんな忙しいときに部屋の片付けなんて始めちまったんだろう。パンドラの箱だよ。 ReplyRetweetFavorite
    • ふと思い立って部屋の大片付けを始めたところ、いろんな秘蔵品(?)が出てきた。10年前に探検部の先輩が撮影してくれたワセダのアパートの映像なんかも発見した。大家のおばちゃんもまだ健在。なつかしい。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年1月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  
PAGE TOP ↑