*

出版界史上初の企画「メモリー・クエスト」

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 みなさまへ告知&ご報告


このたび、幻冬舎のweb誌上にて、私の新しい企画が始まった。
名づけて「メモリー・クエスト」。
今まで世界の辺境で探しものをしてきた私が、今度は、人の記憶の辺境を探そうというものだ。
いや、行くのは、実際に世界の辺境なのだが。
具体的にどういうことか。
例えば、あなたが昔、タイへ行ったとき知り合った女の子と帰国後も文通をしたとしよう。でも、あるとき不意にそれが途切れ、終わってしまった。
「あの子は今、どこで何をしてるんだろう?」ときどき、あなたは思い出す。
別にその子に熱い思いがあるわけじゃないけど、どこか気になる。できれば、今どんな暮らしをしているのか知りたい。できれば、もう一度会ってみたい。でも、連絡のとりようもない…。
そんな人のかわりに、私がその子を探しに行くのだ。
上の話はあくまで例である。
探したい人は何でもいい。「10年前、インドで俺を騙したやつ」でも「熱射病で倒れていたところを救ってくれたおじいさん」でも「一生に一度という情熱的な恋をしたけど、約束の時間をまちがえたため、二度と会うことができなかった相手」でもいい。
いや、人じゃなくて「モノ」だっていい。
「10年前、イランで力道山のポスターを見て、すごく驚いたが、買いそびれてしまった。なんとか入手できないか」とか、「アフリカで世界でそこにしかないという酒を飲んだけど、その酒の名前も具体的な場所も忘れてしまった」とか、「別になんの変哲もない仏像をネパールで見たけど、なぜかそれがいつまでも忘れられない」というのでもいい。
探す人やモノの条件はないが、場所については若干ある。
日本および先進国はなるべく避けてほしい。というのは、そういう場所は興信所や探偵社に頼めばある程度は調査が可能だからだ。
金でも解決がつかないような依頼が望ましい。
もっとも私の興味を引けば、日本でも先進国でも行く用意はある。
さて、手順である。以下のとおりに進めたい。
1.そういう依頼内容を幻冬舎のwebに応募していただく。
2.私がその依頼について、一つ一つウェブ上でコメントする。
3.興味をひかれた依頼については、ご本人に直接お会いしてお話をもっと細かく訊き、そのインタビューについてもウェブ上で記事にする。
4.その中で最も興味をひかれた依頼を1つか2つか3つ、厳選して、
来年(2008年)、現地に実際に探しに行く。
5.一つ一つの依頼についてのコメントから始まり、その経過と結果をウェブ上で発表し、いずれは単行本化する。
6.「革命的ノンフィクション!」と絶賛され、大宅賞と講談社ノンフィクション賞、読売文学賞、新潮ドキュメント賞、坪田譲治児童文学賞などを総ナメにし、一躍大ベストセラーになる。
以上のような皮算用、いや予定である。
とにかく、自分がほんとうに心にひっかかっていることであれば、どんなトンチキなことでも、どんな平凡なことでもかまわない。
かえって、平凡すぎるものに私が惹かれることもあるかもしれないし。
少なくとも、私は何かそれについて真剣にコメントをするつもりだ。
あなたの遠い記憶がとてつもない物語になるかもしれない…。
応募方法などについては幻冬舎ウェブをご参照くだされ。
http://webmagazine.gentosha.co.jp/memoryquest/memoryquest.html
(写真:太平洋をバックに立つキタ2号の勇姿)

関連記事

no image

メモリークエストにあなたのコメントを!

web幻冬舎で連載中の「メモリー・クエスト」が6月1日に更新された。 (毎月1日・15日の月2更新)

記事を読む

no image

「怪しいシンドバッド」、本日発売!

<お知らせ> 『怪しいシンドバッド』集英社文庫 本日より全国書店で発売! 「何か未知のもの」に出

記事を読む

no image

イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が増えています。 とても私

記事を読む

no image

「ムベンベ」がついに漫画化決定!

 私の結果的デビュー作『幻獣ムベンベを追え』(集英社文庫)が、この度、「ヤングチャンピオン」誌で漫画

記事を読む

no image

角田光代さんのトークショー応募の件

以前、お知らせした8月1日の角田光代さんとの対談(トークショー)ですが、 いつの間にか、講談社より参

記事を読む

no image

小千谷のお米を買いませんか

以下は、私の知り合いからまわってきた話です。  先の中越大地震で深刻な被害をこうむった小千谷市。  

記事を読む

no image

帰京しました

みなさん、こんにちは。 やっと帰京しました。 実はもう2週間以上も前に東京に戻っていたけれど、集英社

記事を読む

no image

無料出張上映会のお知らせ

先週、高校講演会のために作製し使用したコンゴとトルコのビデオについて考えた結果、日頃、拙著ご愛読いた

記事を読む

no image

インドのマハラジャほか

 web幻冬舎で連載している「メモリー・クエスト」が更新された。  マハラジャの息子といっていたイン

記事を読む

no image

世にも奇妙なマラソン大会

2月1日発売予定の新刊『世にも奇妙なマラソン大会』(本の雑誌社)が amazon.comで予約受付

記事を読む

Comment

  1. COM より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)
    先日上石神井の駅で高野クンと俺と一緒に待ち合わせしてた
    ミャンマー人に会いたいっ!!
    でもきっと夢の中の話だから無理だろうなぁ・・・^^;
    マジで数日前にこんな夢見たんだよね。
    で、たまには・・・と思って書き込みしてみたヨ!!
    ちなみに学院のCOM@多摩です^^
    メールのとき以来だネ♪

  2. 太郎 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    了解です。
    こりゃ、面白そうな企画ですね。
    応募させて貰います
    高野さんでなければ行けない場所がいいですね(笑)
    少し間違えたら危なさそうな・・・・・

  3. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    夢の中かあ…。
    いくら私でも無理ですね(笑)。
    あと、危なきゃいいわけじゃないですから。
    とにもかくにも、まず応募してください!

  4. マカロニ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)
    すごい!
    とっても探して欲しい人がいます。
    応募してみます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年4月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑