*

「怪しいシンドバッド」、本日発売!

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 みなさまへ告知&ご報告

<お知らせ>
『怪しいシンドバッド』集英社文庫 本日より全国書店で発売!
「何か未知のもの」に出会いたい。その一心で若者ならぬバカ者はアフリカで怪獣を、中国で野人を、南米で幻覚剤を探してさまよう。
 ついでにゲリラとお友達になったり、インドで無一文になったり。
「とんでもない男だ。−−中略−−この人、多分何も考えていない」(解説・大槻ケンヂ)
喉元過ぎれば性懲りもなくまた出かけ、痛い目にあうのがこの男。
 笑って呆れて、でもなぜか眩しい辺境冒険傑作。
<著者より一言>
 私の第三作です。
 19歳から20代後半にかけての約10年間のハチャメチャ紀行。
 出かける場所も、インド、アフリカ、南米、東南アジア、中国とバラエティに富んでいます。
 単行本の際は、超不評だったイラストを排除、構成も変更し、バージョンアップして再登場。
 各章の末尾に”後日談”ともいうべき「文庫注」を追加しました。
 大槻ケンヂの解説も冴え、高野ファンでなくても、オーケンファン必読!?

関連記事

no image

イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が増えています。 とても私

記事を読む

no image

ミャンマー辺境映像祭

今年の6月にミャンマー辺境映像祭なるイベントが行われます。 私はまだ書いたことのない、チェンマイでシ

記事を読む

no image

エンタメな人生

今入ってきた情報によれば、明日、TBS「王様のブランチ」にて、拙著『世にも奇妙なマラソン大会』(本の

記事を読む

no image

お知らせ

「幻獣ムベンベを追え」(集英社文庫)のコンゴ映像が このブログの右側(ムベンベ想像図があるところ)を

記事を読む

no image

From Takano

minasan,gobusat shitemasu. ima toruko ni imasu

記事を読む

no image

イラン行き、訂正

言い忘れていました。 イラン行きは予定を若干変更して、 27日(金)の晩に羽田を発ちます(関空経由)

記事を読む

no image

緊急連絡・あの人がテレビ登場!

 「オレのことなら何を書いてもいい。ただし条件が一つだけある。実名を出せ!」 という名文句でこのブロ

記事を読む

no image

トークショー:身体のいいなり

昨日の立教大学講演会は告知が遅すぎたので、 今回は早めに。 1月11日(火)19:00より内澤旬子副

記事を読む

no image

「アヘン王国」文庫化決定

お待たせしました。 私の”代表作”ながら絶版の憂き目にあっていた「ビルマ・アヘン王国潜入記」が集英社

記事を読む

no image

業務連絡

関係者各位 以下、業務連絡です。 今週13日(木)から16日(日)まで地方に行きます。 メールと電話

記事を読む

Comment

  1. BUFF より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    お昼休みに買ってきました。
    黒田硫黄の作品は拝見したことがないのですが、表紙絵、良いですね。
    かっちょいい高野さんの似顔絵も良いし、女の子も萌え!であります。
    ちなみに大槻ケンヂ率いるバンド、筋肉少女帯のファンクラブにも入っていたので、解説も楽しみです。頭から尻尾まで楽しく読ませていただきます。
    ではでは。

  2. NONO より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    買いましたよ〜、Amazonで。
    屋久島の本屋じゃ100年たっても、高野本は新刊として置かんだろうなあ。
    ムベンベ=サイ説の考察が楽しみ。
    それってやっぱ、エメラントカのことでは?
    ところで話は変わりますが、来年の「仮面ライダー」は屋久島が重要な舞台となるそうな。
    原点回帰、「大自然の使者、仮面ライダー」!になるわけか!?
    となると主役はやっぱり、
    「アフリカにUMAを探しに行った猛きネイチャーガイド」!
    あ、オレじゃん!
    敵はムベンベ!ンデンデキ!チペクワ!コンガマトー!
    と、悪の原始未確認怪人軍団!
    地上を中生代に戻そうという大いなるガイアの意思!
    戦え!中年仮面ライダー!
    イケメンなんかぶっ飛ばせ!
    と、シンドバットと何の関係も無く妄想にはしるオレであります。

  3. yuu2980 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98)
    読みました!とても面白かったです。
    この本は探したけれど手に入らなかったので、再発行は嬉しい限りでした。
    日常模様と二月の新刊楽しみにしてます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年6月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑