*

「人類最高の食品」、それはカロリーメイト

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

 先日、ヤングチャンピオン誌で連載している辺境バカ話コラムで、「背徳のカロリーメイト」というのを書いた。
 コンゴへ怪獣探しに行ったとき、ジャングルの湖のほとりで村人に食糧が盗まれたりして、飢餓に近い状況に陥った。
 食べるものはサルとかゴリラとかヘビばかりだし、そんなとき、大塚製薬に提供してもらったカロリーメイトが「文明の味」って感じでむちゃくちゃ旨かった。
 よくみんなで「これは人類史上最高の食品なんじゃないか」とか「成田に帰ったら、まず真っ先に売店に行って、ドリンクのカロメ(われわれがつけたカロリーメイトの愛称)と固形のカロメを山ほど買おう」「そうだ”カロメ定食”だ!」と盛り上がっていた。
 その様子をぜひ大塚製薬でCMに使ってほしかった…。
 そんな内容である。(何が「背徳」なのかというと、それは恐ろしいオチなのでここでは書けない)
 ちなみに、同誌では「カロメ定食」の写真まで、編集の杉山君がおそらく自分のデジカメで撮影して掲載した。
 そして、本日。朝っぱらから宅配便が巨大な段ボールを運んできた。
 なんと大塚製薬からの「御礼」であった。
 「書いてくれてありがとうございます」とのことである。
 正確に言えば、私はコラムの中でカロメをひたすら賞賛していたわけではない。でも、雑誌の見開きをいっぱいに使い、ひたすらカロメ、カロメと連呼するなんて、記事広告以外には考えられない。
「ドリンクと固形でカロメ定食」なんて、大塚製薬の広報の人も夢にも思いつかなかっただろう。
 
 届いた段ボールを開けたら、固形カロメの箱が90箱(チーズ味、チョコレート味、フルーツ味)、ドリンクが24缶、ゼリーも24個。
 一人では持ち上がらないくらいの膨大な量である。
 私は呆然としてしまった。
「あー、これがあのとき、コンゴのジャングルにあったらなあ…」と思ってしまったのだ。 いや、ほんと、あのときのオレたちに届けてやりたい!
 こんな量はとても一人で食べきれるもんじゃないし、近々本格的な遠征計画もない。
 試しに新潟の被災者ボランティアセンター本部に問い合わせたところ、「人手も物資も間に合っている」と婉曲にお断りされてしまった。
 そんなわけで、これからは外出のおりにはザックにカロメを詰めて、カロメの宣伝普及活動もかねて地道に配って歩こうと思う。ご希望の方はお声をかけてください。
あー、そうそう、大塚製薬のみなさん。今からでも遅くはありません。
 われわれを使って、CMを作ってみませんか。

関連記事

no image

ミャンマーでまた政変?!

 さあ、「ビルマロード」へ行くぞ!と気合を入れ、さらに今年末には「イラワジ河ほぼ全流下りをやるぞ!」

記事を読む

第3回梅棹忠夫・山と探検文学賞を受賞しました

ほとんどの人は梅棹忠夫・山と探検文学賞なる賞を知らないと思う。 かくいう私も、角幡唯介『空白の五マ

記事を読む

no image

「アドゥンはタイ人」さんご来場

上智大学の講義第2回。 ゲストであるタイの伝統音楽家アドゥンさんと大学の北門で待ち合わせていたのだ

記事を読む

no image

ソマリ語翻訳、承ります

ソマリ語と日本語の翻訳・通訳業務を行うことにした。 2年前、私が聞いたところでは、日本に住むソマリ人

記事を読む

no image

イギリスにもタマキングがいた!

書くのがだいぶ遅くなったが、今年最初に読んだ本は早くも今年最高の本になる可能性がある。 ダグラス・

記事を読む

no image

すべての酒飲みに読んでほしい

大野更紗『困ってるひと』(ポプラ社)の影でひっそりとだが、 私の『イスラム飲酒紀行』(扶桑社)の見

記事を読む

no image

古墳プレイ

集英社の財団主催の高校講演会、今年はなんと高野山高校に行ってきた。 校長先生は高位の僧侶で、話をする

記事を読む

no image

雲南のツヨカワ花嫁

カゼをひいていたが、雪が降り始めたのでついプールに行ってしまう。 案の定、泳いでいる人はほとんどいな

記事を読む

no image

エンタメ・ノンフ座談会

火曜日、『本の雑誌』の特集で座談会に参加。 テーマは「緊急座談会 エンタメ・ノンフの棚を作れ」。 私

記事を読む

no image

おお、神よ、私は働きたくない

宮田珠己待望の新刊『なみのひとなみのいとなみ』(朝日新聞出版)が発売された。 単行本の新刊は一年半ぶ

記事を読む

Comment

  1. NONO より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    カロメ。コンゴの時はあんまり思い出ないなあ。
    支給されたものはすぐ食べちゃった気がする。
    ただ、その「背徳」はオレもやっいて、皆に隠れて、「オイルサーディーン」を1回喰ったことがある。
    むろん、隊の食料を盗んだワケじゃなく、自分で買ってザックの奥にしまってたものだけど。
    だけど、カロメにはその後、やたらお世話になっている。
    大塚製薬はとっても気前がよく、長江航行遠征の時にも、ごっそりもらって、航下中の昼飯はすべてカロメだったのだ。
    好評だったか不評だったかは、あえて述べません。
    この夏、大出恋でロクにメシが喰えなかったオレの、山行中のお昼は、常にカロメとチーズとトマトだった。
    正直に言うとオレはカロメ、結構好きなのである。
    あの不味くて、ただひたすら栄養の補給のみ、という機能性が良い。
    「あーあ、みんな今頃、美味いもん喰ってるんだろうなあ。
     暖かいカノジョの手料理かなんかとかさ。
     オレにも幸せくるのかなあ」
    そんな悲壮感に浸りながら、ボソボソと水だけで喰うカロメは、身体に染み渡って最低限のエネルギーになっていく、そんな気がするのだ。
    あ、だけど、高野君、そのいっぱい貰ったカロメ、オレに送ってくれなくていいです。
    もっと物悲しく、切なくなるから。

  2. 小林 純 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC)
    カロリーメイトといえば、去年の今頃、妻に多量に買わされていました。
    体調をこわしており、かかりつけのお医者さんから
    「とりあえず体力つけるなら、カロリーメイトでいいんだよ。あとラーメンとかね。」
    と言われた妻はフルーツ味のドリンクと酢豚(ラーメンじゃないけど高カロリーそうな中華ではある)を僕に多量に要求したのでした。
    数日後、ついに入院し、その入院先で意識を失って生死の間をさまよったとき、ナースステイションに中華デリバリーと8本ものカロメ
    缶が差し入れられていました。他人様にまで要求していたとは。
    「これで元気になろうとしてたんか。」
    涙を流しながら、ひたすらその差し入れを食べました。
    カロメを見る度、それを思い出して胸キュンになってしまう僕でした。

  3. 二村 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Mac_PowerPC)
    カロリーメイト。
    実は僕、わりと日常的に食べてます。
    キオスクで買ったりして、日本ではバッグにほぼ常備。
    固形のフルーツ味は結構いけます、ですが、あのぽそぽそ感は
    毎昼食べるにはやっぱりきついかなー。
    女性との思い出が続いた後で、恐縮ですが、
    朝のジムワーク2時間前に食べるものとしては、かなり理想的な
    食品として重宝してます。
    かー、俺パワーエリートみたい!(自己陶酔)

  4. 匿名 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    はあー、みなさん、どうかしてますねえ…。
    カロメの話題で高らかに「演歌」をうたいあげるNONOさん。
    生死の境をさまよったあと(いったいどうして?!)、病院で泣きながらカロメを食ったという小林さん。
    カロメを食ってジムワークをするのが「パワーエリート」だと思い込んでいる二村さん。
    でも、これらのコメントを読むだけで、カロメがいかに「非常食」かよくわかりますね。
    もしかしたら、食べると非常識になるだけかもしれないけど、
    各人がこれほどまでに強烈な思いいれを持つカロメはやはりスゴイ食品なんですね。

  5. NONO より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    異議アリ!
    オレは演歌じゃなくて「70年代フォークソング」だ。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • いい時代だ! ReplyRetweetFavorite
    • それにしても、ソン・ガンホは黙って座っていて息をしているだけで面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ主演の『パラサイト 半地下の家族』を渋谷の東宝で観た。スクリーンがすごくでかいのに、まちがって前から四列目の席をとってしまったため、「観た」というより「現場に居合わせた」感じ。いや、すごい体験だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 子だくさんの「やもめのジョナサン」夫婦が子供をぞろぞろ連れてハネムーンに行く場面と、情けない警官のなべおさみが泥まみれ涙まみれになる場面がいい。展開が早くて笑いあり涙ありでなんだかジャッキー・チェンの映画みたいだった。 ReplyRetweetFavorite
    • 映画好きの友人に強く勧められ、生まれて初めて「トラック野郎を観てしまった。第2作の爆走一番星。始まっていきなり主役の菅原文太がトルコ風呂の裸の女の子たちと酒盛りをしているシーンで度肝を抜かれる。でもあまりにあっけらかんとして、全然エロくないんだが。 ReplyRetweetFavorite
    • 「へうげもの」は完全に私の戦国〜江戸初期の概念を変えた。加藤清正なんて具志堅用高だとしか思えなくなってるし。 ReplyRetweetFavorite
    • 山田芳裕著『へうげもの』(講談社)25巻(最終巻)をようやく読了。長い長い旅を終えたよう。放心。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年1月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑