*

インドから帰国しました〜




インドから戻りました。
3週間、体調崩さず、深刻なアクシデントもなく無事帰国
インディ・ワンとも、ばっちり交流してきました!
もちろんインドの人々とも。
訪れたのは、
ムンバイ→ウダイプル→ジョードプル→ジャイプル→アーグラ→バナーラス→シリグリ→シッキム→コルカタ・・・・
前半は主に北西部のラジャスターン州、途中で直球観光地エリア、ヒマラヤ沿いを経て、東の大都市コルカタまで。
各地の雰囲気はイロイロだったけれど、
出会う人々は概ね良い人ばかりでした。
公園で休んでいたらお弁当に呼んでくれたり、
ほかにもジュースやチャイ、朝ゴハン奢ってくれたり。
お寺で勝手がわからずマゴマゴしていると、
ヒンディ式のお作法を教えてくれたり。
そして、アジワンの撮影に協力してくれた人多数!
でもそれだけじゃ面白くない。だってインドだもの(笑)
ちゃんと<キャラ>も登場しました。
以下、一部紹介。
近くの駅だ。心配するな。
そういって列車チケット売りつけた鉄道職員。

購入後に車で4時間かかる170キロ離れた隣の州の駅と判明。
そして発車は4時間後(爆)
町は停電中といいはり、客室の電気を使わせまいとする超ドケチなホテルオーナー

でも自分の部屋はライトついてるの。もちろん隣のビルも(笑)
僕を3番目の夫にして。
そういって手を握ってきた27歳の青年。

今の夫はスペシャルでエクセレント、パーフェクト、おまけにキュートなの。
ところで手冷たいね。緊張してるの?
訊くと「はい」といって帰っていった(静)
ちょっと怖かったのは、ヒマラヤエリアのシッキム州。
滝がゴウゴウいいながら横切る峠道をジープで通過したとき。
ブータンで難所はかなり越えたけど、
「うそ、ここ行くの??」
と本気で怯えたこと2回。
このあと土砂崩れで道路が封鎖され、車が3時間ストップ。
インドの乗り合いジープ(もちろんボロイ)は、
8人乗りに11人が乗車が基本。
食事なしで悪路8時間。
尾てい骨砕けそう。
体力的にはこれが一番キツかった〜
そして都市部は、いつもいつも、いっつも渋滞。
わずかな隙間に突っ込むのがインド流。
だから、あちこちで交通事故が頻発。
コルカタでは、私が乗っているタクシーに横から車が突っ込んできた。
見ればコルカタ警察の大型車両(グレーで窓に金網ついたバスみたいなの。護送車??)
スピード出ていなかったので大事には至らなかった。
でもバックするスペースもなく、そのままゴリゴリ前進。
だからタクシーは傷だらけ。
こぶし振り上げて怒るドライバー。
悪いね! て感じで手あげて走り去るコルカタ警察。
警察みずから当て逃げかいっ
「あんた、見ただろ? コルカタ警察ったらいつもひどいんだよ!」
半泣きの初老ドライバー。
これはあまりに気の毒〜で、乗車料金上乗せしちゃいました。
ひとりでインドは危険。気をつけて。
いろんな人にいわれたけれど、ひとりだとかえって気を使ってもらえることも少なくない。
スリや置き引き対策だけは万全に。
あとは常識的な注意を払っていたら、ひとまず今回は大丈夫でした。
モノ売りやドライバー、各種勧誘の人々も、
ハッキリ自分の意思を伝えれば概ね納得してくれる感じで、
かえって話すきっかけになったりして。
近くに美味しい定食屋ない? なんて訊くと教えてくれる。
「チャパティは焼きたてにしろ!」と店に注文してれる人まで。
なんだかんだいって、あったかい感じだったな〜
ガイドブックには物売りや勧誘がしつこいって、
よく書いてあるけれど、あれって要するに仕事熱心。
しつこくされるってことは、彼らは競争してるわけで。
つまり選ぶ権利はこちらにあるってことで、
それってアリガタイ状況だな〜と思ったりして。
逆に「一見さんお断り〜」なんて雰囲気のトコだったら、
寂しくて一人旅なんてたぶん無理!!
猛暑のなかでテンションあげて、
日々仕事に励むインド人労働者の姿はある意味尊敬。
「毎日、こんなにハードに仕事してるの?」訊くと、
「そうだよ。これが僕の仕事だから!」と土産物売りの少年。
売りモノは、まったく好みに合わないので買わなかった(笑)
けれどこのガッツ、私も見習わなければ〜と思いました!
とりあえず、そんな感じのインドでした・・・・・
トップの写真はインディワンたち〜
㈰ムンバイの人気サモサ屋でチャンスを狙うワン
㈪聖地バナーラスでガンジス川の風に吹かれるワン
㈫雨上がりのコルカタ。涼しくてご機嫌なワン


2010/07/02 | 旅と食

関連記事

ペットフレンドリーすぎる青森・下北半島の旅4

大間に滞在して、もうひとつ是非訪ねたいところ。 それは「仏ヶ...

記事を読む

ペットフレンドリーすぎる青森・下北半島の旅3

大間を拠点に下北半島の名所を訪問。 この日に目指したのは、寒...

記事を読む

ペットフレンドリーすぎる青森・下北半島の旅2

青森市内のまったり滞在期間を経て、いよいよ下北半島へ出発! ...

記事を読む

ペットフレンドリーすぎる青森・下北半島の旅1

先日、ちょっと早めの夏休みをとった。 今年は...

記事を読む

モロッコの動物園に行ってみた。

10月末から11月上旬にかけて、久しぶりのひとり旅に行ってきた。 行...

記事を読む

新着記事

ペットフレンドリーすぎる青森・下北半島の旅4

大間に滞在して、もうひとつ是非訪ねたいところ。 それは「仏ヶ...

記事を読む

ペットフレンドリーすぎる青森・下北半島の旅3

大間を拠点に下北半島の名所を訪問。 この日に目指したのは、寒...

記事を読む

ペットフレンドリーすぎる青森・下北半島の旅2

青森市内のまったり滞在期間を経て、いよいよ下北半島へ出発! ...

記事を読む

ペットフレンドリーすぎる青森・下北半島の旅1

先日、ちょっと早めの夏休みをとった。 今年は...

記事を読む

カジュアル着物で遊ぼう

9月下旬に上梓した『着物の国のはてな』が、おかげさまで3刷重版...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード


Warning: Use of undefined constant ログインしていない場合 - assumed 'ログインしていない場合' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/aisaco/www/yuka/wp-content/themes/stinger20130827/comments.php on line 66




管理人にのみ公開されます


ペットフレンドリーすぎる青森・下北半島の旅4

大間に滞在して、もうひとつ是非訪ねたいところ。 それは「仏ヶ...

ペットフレンドリーすぎる青森・下北半島の旅3

大間を拠点に下北半島の名所を訪問。 この日に目指したのは、寒...

ペットフレンドリーすぎる青森・下北半島の旅2

青森市内のまったり滞在期間を経て、いよいよ下北半島へ出発! ...

ペットフレンドリーすぎる青森・下北半島の旅1

先日、ちょっと早めの夏休みをとった。 今年は...

カジュアル着物で遊ぼう

9月下旬に上梓した『着物の国のはてな』が、おかげさまで3刷重版...

→もっと見る

    • 鈴木大介さんの新刊『ネット右翼になった父』読了。めちゃ面白かった。右傾系動画にハマり、ヘイトスラングを口にする晩年の父。絶望の看取りを経て、正統派人物ルポの手法で迫った結果から見えて来るリアルな父親の姿に驚愕。どうしても好きになれ… https://t.co/3TmpHJn6Xk ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【緊急支援のお願い】 多頭崩壊の犬猫の事で勝手に愛護団体がやるのだからと県の公施設であり皆様からの命の基金1億円寄付があっても1円たりとも多頭崩壊の子たちに神奈川県動物愛護センターは使いません。かなりの支援が必要になります。どうか私達にお… ReplyRetweetFavorite
    • 2022 (4)
    • 2020 (1)
    • 2019 (3)
    • 2018 (3)
    • 2017 (1)
    • 2016 (4)
    • 2015 (10)
    • 2014 (22)
    • 2013 (21)
    • 2012 (39)
    • 2011 (46)
    • 2010 (46)
    • 2009 (40)
    • 2008 (38)
PAGE TOP ↑