*

インドで砂漠リゾート発見。

2週間ほどインドに行ってきた。
久しぶりのひとり旅。
3回目のインドで、これまで行きそびれていた西部エリアをまわってきた。

そこでもっとも良かったのが、ラジャスターン州のジャイサルメール。

jaisalmer1

jaisalmer2

西の果ての砂漠エリアで、インディアンジプシーの文化を感じられるところ。
フォートと呼ばれる要塞の内部には、美しい彫刻が施されたサンドカラーの建物が建ち並び、市場は活気あふれている。
規模もそこそこで、お散歩してまわるにもちょうど良い感じの、なんとも心癒やされる町なのだ。

ここの名物のひとつが、砂漠のラクダツアー。
ガイドブックでも紹介されているし、現地に行けば各ホテルでツアーを企画している。

そのなかで今回、ある縁で知り合った地元の人に、ワンランク上だという砂漠リゾートツアーを紹介された。
砂漠のラクダライドは完全にプライベイトな形式で、好きなテンポで歩いたり止まってもオッケーとのこと。
ひとり旅ゆえ、ガイドを兼ねたラクダ使いと二人きりは本来は避けるべきだけれど、信頼のおける人の紹介で「絶対に大丈夫」というので参加した。

ジャイサルメールの町から、ラクダポイントまではジープで40分ほど。

RIMG0420

途中でジプシーの女子たちと出会う。
独特な歌や踊りがカッコイイ。

RIMG0444

jaisalmer5

そして待っていたラクダちゃんに、いきなりテンションがあがる。
ラクダ使い兼ガイドは20歳くらいに青年だった。

jaisalmer8

聞けばジャイプル大学の看護学科の大学生で、今は試験休み中。
出身は砂漠のなかの村で、電気が通じたのは数年前。
強風を利用した風力発電システムで供給されている。
しかし、水は井戸に頼る生活だ。
村の主要産業は山羊の放牧。
そこから州都の大学まで進学するとは、よほど優秀なのだろう。

子どもの頃に父親からラクダの扱いを習い「ラクダ語」を習得。
普段は父親がラクダツアーの仕事をしているが、大学が休みのときは父親にかわって働いているという。
ちなみにラクダはとても高価で、一般の個人で購入・維持するのは無理らしい。
ツアーを企画する「ボス」は約70頭のラクダを所有して、ラクダ使いの技術を持つ村人が雇用されて成りたっているのだ。

jaisalmer4

そんな話をしながら、砂漠の村に立ち寄ったり。。。。

jaisalmer6

jaisalmer7

砂漠に沈む夕日を愛でたり。。。

RIMG0379

そして到着したのがここ。

RIMG0431

砂漠のなかに突然出現した、テントリゾートホテル。

RIMG0358

室内は、下手な町のホテルよりも遙かに高級感ただよう。
掃除も行き届き、リネン類も清潔。
驚いたことにシャワーと水洗トイレも完備している。

そして夜は、ラジャスターンダンスのショーを鑑賞。

RIMG0335

砂漠のなかのステージでムードたっぷり。

RIMG0328

RIMG0230

このまま空を見上げれば、満点の星空。

RIMG0331

このショーに出演しているのは、ジャイサルメールはもちろん、日本を含む海外でもツアーをおこなっているクイーン・ハリシュ一座。
一流の女形ダンサーとして、地元では一目置かれた存在なのだ。

RIMG0339

夕食は、地元ラジャスターンの郷土料理を含むビュッフェ。
味のレベルも高く、町の高級ホテルよりはるかに美味しかった。
もちろん冷たいビールもある。

体力勝負の砂まみれツアーも、それはそれできっと楽しいだろう。
でも砂漠の夜は冷える。
しっかり休んで眠りたい、新婚旅行や記念日旅行で行きたいという人にはおすすめ。

翌朝、マネージャーとチラリと話すと、この砂漠リゾートは日本はもちろん海外にも紹介されていないらしい。
今はインド国内の富裕層が利用しているという。

それでも英語サイトから個人的に予約は可能。
経営はインド国内で展開するホテルチェーンHotel Priya group(ジャイサルメール市内にホテルがある)
詳しい内容は公式サイトDesert Springsからチェックすることができる。

アフリカでの高級砂漠リゾートは聞いたことがあるけれど、実はインドにも。。。
来年以降は、なんとプールもできるらしい。




2014/11/17 | 旅と食

関連記事

ペットフレンドリーすぎる青森・下北半島の旅4

大間に滞在して、もうひとつ是非訪ねたいところ。 それは「仏ヶ...

記事を読む

ペットフレンドリーすぎる青森・下北半島の旅3

大間を拠点に下北半島の名所を訪問。 この日に目指したのは、寒...

記事を読む

ペットフレンドリーすぎる青森・下北半島の旅2

青森市内のまったり滞在期間を経て、いよいよ下北半島へ出発! ...

記事を読む

ペットフレンドリーすぎる青森・下北半島の旅1

先日、ちょっと早めの夏休みをとった。 今年は...

記事を読む

モロッコの動物園に行ってみた。

10月末から11月上旬にかけて、久しぶりのひとり旅に行ってきた。 行...

記事を読む

新着記事

ペットフレンドリーすぎる青森・下北半島の旅4

大間に滞在して、もうひとつ是非訪ねたいところ。 それは「仏ヶ...

記事を読む

ペットフレンドリーすぎる青森・下北半島の旅3

大間を拠点に下北半島の名所を訪問。 この日に目指したのは、寒...

記事を読む

ペットフレンドリーすぎる青森・下北半島の旅2

青森市内のまったり滞在期間を経て、いよいよ下北半島へ出発! ...

記事を読む

ペットフレンドリーすぎる青森・下北半島の旅1

先日、ちょっと早めの夏休みをとった。 今年は...

記事を読む

カジュアル着物で遊ぼう

9月下旬に上梓した『着物の国のはてな』が、おかげさまで3刷重版...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード


Warning: Use of undefined constant ログインしていない場合 - assumed 'ログインしていない場合' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/aisaco/www/yuka/wp-content/themes/stinger20130827/comments.php on line 66




管理人にのみ公開されます


ペットフレンドリーすぎる青森・下北半島の旅4

大間に滞在して、もうひとつ是非訪ねたいところ。 それは「仏ヶ...

ペットフレンドリーすぎる青森・下北半島の旅3

大間を拠点に下北半島の名所を訪問。 この日に目指したのは、寒...

ペットフレンドリーすぎる青森・下北半島の旅2

青森市内のまったり滞在期間を経て、いよいよ下北半島へ出発! ...

ペットフレンドリーすぎる青森・下北半島の旅1

先日、ちょっと早めの夏休みをとった。 今年は...

カジュアル着物で遊ぼう

9月下旬に上梓した『着物の国のはてな』が、おかげさまで3刷重版...

→もっと見る

    • 鈴木大介さんの新刊『ネット右翼になった父』読了。めちゃ面白かった。右傾系動画にハマり、ヘイトスラングを口にする晩年の父。絶望の看取りを経て、正統派人物ルポの手法で迫った結果から見えて来るリアルな父親の姿に驚愕。どうしても好きになれ… https://t.co/3TmpHJn6Xk ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【緊急支援のお願い】 多頭崩壊の犬猫の事で勝手に愛護団体がやるのだからと県の公施設であり皆様からの命の基金1億円寄付があっても1円たりとも多頭崩壊の子たちに神奈川県動物愛護センターは使いません。かなりの支援が必要になります。どうか私達にお… ReplyRetweetFavorite
    • 2022 (4)
    • 2020 (1)
    • 2019 (3)
    • 2018 (3)
    • 2017 (1)
    • 2016 (4)
    • 2015 (10)
    • 2014 (22)
    • 2013 (21)
    • 2012 (39)
    • 2011 (46)
    • 2010 (46)
    • 2009 (40)
    • 2008 (38)
PAGE TOP ↑