*

旅のトークイベント終了

昨晩は、女ひとり旅をテーマにしたトークイベントに出ました。
会場は新宿のNAKED LOFTで、来場者はほぼ満席50人ほど。
出演は、山田静さん(ひとり旅活性化委員会主宰・編集者)、フーライ嬢野ぎくさん(人気サイト「放浪乙女」作者)、片岡恭子さん(プロバックパッカー)と私の4人。
トークイベントというものに行ったことがほとんどなくて、
勝手もよくわからなかったのですが、
出演者自らビールとツマミをやりながらしゃべるという、
ユルさがなんとも心地良いイベントでした。
片岡さんは南米担当、野ぎくさんはアフリカ担当。
私は旅先としてもっとも現実的(?)なアジア〜インド担当として、
動物好きにおすすめする運気上昇のスポットを紹介。
功徳を積むことが日常の一部になっている彼の地では、
生き物を愛でることは善行の最たるものとされている。
そこで現地で暮らす動物たちを積極的にかわいがって、
功徳を積むことで幸運を呼び寄せようーー!?
というわけでインドの最新画像のほかに
『アジワン〜ゆるりアジアで犬に会う』に掲載した写真なども公開。

自由散歩をする犬や猫、野良牛、野良ヤギ、そしてたまにはゾウなど、
日本では絶対にできない動物たちと積極的にふれあう方法を紹介した。
来場者にとって役にたつ情報なのかはイマイチ疑問。
しかし、自分が旅しているあいだ体調はいつも絶好調で、
気分はなんだかホカホカと幸せ感に満ちている。
きっとこれは善行のおかげ・・・・・・!と思っている。
後半は「最低の宿」などのお題で4名でフリートーク。
山田さんは、中国の山小屋で泊った雪が積もる部屋。
野ぎくさんは、ギリシアのミコノス島のベッドも屋根もない部屋。
それを聞いて、私も中国の貴州省の宿のことを思い出した。
それは床板のない部屋だった。
地面にそのままベッドが置いてあって、ひと雨きたらドロドロになること確実。
宿のスタッフにトイレや洗面所はどうなっているのか訊くと、
「もちろんある」という。
ついていくとそこは宿の隣の公園の公衆トイレだった。
悪路のバス移動で疲労困憊していたので、
今すぐベッドに倒れこみたかったけれど、
それを見て思いとどまる冷静さがよみがえった・・・・・
なんて話をするうちに、あっというまに3時間がすぎて終了。
来場者の方々、おつきあいいただき感謝。
皆さんが「旅立ちたい」と思ったのかかなり疑問だけれど、
以下は補足のつもり。
イベントでふれたインドのおすすめスポット+アルファ。
㈰ラジャスターン州

マハラジャの宮殿や砂漠の民の文化などの見どころが充実。
インド的なゴージャズでキラキラの世界が堪能できる。
特にウダイプルは、町のあちこちで見られる伝統的なペイントが美しい。
人々は総じてフレンドリー。
チャイやレモンソーダ、ヨーグルトなどおごってもらうこと多数。
内装がかわいいホテルが多く、宿泊の費用対効果はインドで一番高い。

ジョードプルで泊ったハーヴェーリーゲストハウス(1泊:2,000円くらい)
㈪マイソール(カルナータカ州)

見どころが今ひとつ地味な南インド。
そのなかで、国内有数の豪華絢爛さをほこる宮殿を持つ古都。
シルクや香油、石鹸、化粧品などでも有名。
靴やバッグなど小物類の店も充実。
バイヤーがインド全土からセレクトした上質なものが集まり、いやでも女の物欲を刺激される。
日曜の夜だけ、マイソール宮殿のスペシャルライトアップは必見。
5万個のライトに浮かび上がるマハラジャの御殿のまえでは、ディズニーランドなど足元にもおよばず。
㈫コーチン(ケーララ州)

南インドで一番メジャーなスポットは意外と都会。
でもせちがらいムードはゼロ。
浜辺では、昔ながら漁法チャイニーズフィッシングネットが健在。
水路沿いの村を小船でめぐるバックウォーターの旅は、カワセミとの遭遇率500パーセント。
豊富なハーブやココナツを使ったケーララ料理は、繊細な味わいの郷土料理として人気。
㈬カニャークマリ(コモリン岬)

海から昇った太陽が海へとしずむインド最南端の地。
先端好きにはたまらない町。
ベンガル湾とアラビア海、インド洋が交わる海岸は聖地として知られ、沐浴をするために各地から多くの人が集まってくる。
庶民のリゾート的なムードもあって、インド人の休日を垣間見られる楽しさがある。
㈭マドライ(タミルナドゥ州)
派手な色彩が特徴のドラヴィダ様式のミーナークシー寺院を中心になりたつ町。
多くの巡礼者を集めるといわれているけれど、
外国人旅行者の数は少ないのでぼったくりとは無縁。
寺院のまわりを市場や住宅街がとりかこむようになっていて、
迷いながらの町歩きが楽しい。
外食のレベルは南インドで一番。
庶民の食堂から中級以上のレストランまで、
どうやったらこんな味が出せるのか??と毎回唸ってしまった。

そんな感じのインド。
旅立ちたい人の参考になれば。。。。


2011/08/21 | 旅と食

関連記事

ペットフレンドリーすぎる青森・下北半島の旅4

大間に滞在して、もうひとつ是非訪ねたいところ。 それは「仏ヶ...

記事を読む

ペットフレンドリーすぎる青森・下北半島の旅3

大間を拠点に下北半島の名所を訪問。 この日に目指したのは、寒...

記事を読む

ペットフレンドリーすぎる青森・下北半島の旅2

青森市内のまったり滞在期間を経て、いよいよ下北半島へ出発! ...

記事を読む

ペットフレンドリーすぎる青森・下北半島の旅1

先日、ちょっと早めの夏休みをとった。 今年は...

記事を読む

モロッコの動物園に行ってみた。

10月末から11月上旬にかけて、久しぶりのひとり旅に行ってきた。 行...

記事を読む

新着記事

ペットフレンドリーすぎる青森・下北半島の旅4

大間に滞在して、もうひとつ是非訪ねたいところ。 それは「仏ヶ...

記事を読む

ペットフレンドリーすぎる青森・下北半島の旅3

大間を拠点に下北半島の名所を訪問。 この日に目指したのは、寒...

記事を読む

ペットフレンドリーすぎる青森・下北半島の旅2

青森市内のまったり滞在期間を経て、いよいよ下北半島へ出発! ...

記事を読む

ペットフレンドリーすぎる青森・下北半島の旅1

先日、ちょっと早めの夏休みをとった。 今年は...

記事を読む

カジュアル着物で遊ぼう

9月下旬に上梓した『着物の国のはてな』が、おかげさまで3刷重版...

記事を読む

コメント/トラックバック (2件)

トラックバック用URL:

コメントフィード

  1. AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.1; WOW64; Trident/4.0; GTB7.1; SLCC2; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729; Media Center PC 6.0; .NET4.0C; InfoPath.1)
    トークイベントお疲れ様でした♪
    先約が入って無かったら、絶対に行きたかったので本当に残念でしたが、また楽しいイベントの機会を心待ちにしています。
    イベントには参加出来ませんでしたが、素敵なお写真と文章で、私の”旅立ちたい心”は、すっかり刺激されてしまいました!
    現在、何処に旅立つか妄想中♪
    インドに出掛た少年は、本日辺り帰国と思います。
    事情により完全一人旅にはならず、現地赴任中のご親戚と一緒だったようですが、1日は彼らと離れて電車でプチ一人旅をしたようです。
    旅の話しを聞くのが楽しみです♪

  2. AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB7.1; .NET CLR 1.1.4322)
    しばいぬさん
    お疲れもなにも、ビール飲んでしゃべってるだけでしたから(笑)
    旅立ち心は必要があればいつでもお手伝いしますよ♪
    少年くんの感想も聞かせてください。
    ちなみに「タマゴ犬」の下でお昼寝中のあのコも皮膚病予防薬をつけてもらい藤色に染まってました。


Warning: Use of undefined constant ログインしていない場合 - assumed 'ログインしていない場合' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/aisaco/www/yuka/wp-content/themes/stinger20130827/comments.php on line 66




管理人にのみ公開されます


ペットフレンドリーすぎる青森・下北半島の旅4

大間に滞在して、もうひとつ是非訪ねたいところ。 それは「仏ヶ...

ペットフレンドリーすぎる青森・下北半島の旅3

大間を拠点に下北半島の名所を訪問。 この日に目指したのは、寒...

ペットフレンドリーすぎる青森・下北半島の旅2

青森市内のまったり滞在期間を経て、いよいよ下北半島へ出発! ...

ペットフレンドリーすぎる青森・下北半島の旅1

先日、ちょっと早めの夏休みをとった。 今年は...

カジュアル着物で遊ぼう

9月下旬に上梓した『着物の国のはてな』が、おかげさまで3刷重版...

→もっと見る

    • 2022 (4)
    • 2020 (1)
    • 2019 (3)
    • 2018 (3)
    • 2017 (1)
    • 2016 (4)
    • 2015 (10)
    • 2014 (22)
    • 2013 (21)
    • 2012 (39)
    • 2011 (46)
    • 2010 (46)
    • 2009 (40)
    • 2008 (38)
PAGE TOP ↑