*

指1本から始めてサルサが弾ける!? NHK趣味Do楽「塩谷哲のリズムでピアノ」の番組テキストを編集しました。

9月から放送される、NHK趣味Do楽「塩谷哲のリズムでピアノ」の番組テキストを編集しました。

IMG_6549

塩谷さんは、藝大在学中から「オルケスタ・デ・ラ・ルス」のメンバーとしてプロ活動をスタートし、ラテンはもちろん、ジャズ、ポップス、クラシックといったジャンルの垣根を自在に行き来できるマルチなピアニストです。

 

 

佐藤竹善、絢香、矢井田瞳、平井堅といった実力派シンガーからの信頼も厚く、アレンジャーとしての才能、実績も豊富。そんな彼にピアノを教えてもらうなら・・・ということで、テーマが「リズム」になりました。

 

2か月、全9回のレッスン(第9回は総集編)のうち、前半の4回は、「ワン・ノート・サンバ」「あまちゃん オープニングテーマ」「どんなときも。」「ムーンリバー」など、耳なじみのある曲を題材に、心地よいリズムでピアノを弾く、一般的なレクチャーを。そして、5回目以降は、「マンボNo.5」を課題曲に、ラテンのリズムとピアノの奏法を修得。さらに、誰でも知っている「きらきら星」をサルサ風に料理した、塩谷さんオリジナルのアレンジ譜を使って、ラテンのピアノをマスターするという構成です。

 

指1本で弾く超初級の「ワン・ノート・サンバ」から、ノリノリな中上級のラテン・ピアノまで到達するという、盛りだくさんすぎて、みんな最後までちゃんとたどり着けるのか、やや不安・・・(笑)。

今回は、塩谷さんの書き下ろし楽譜と取材をもとに、テキスト全体の流れを構成していきました。特に、タイトルに「リズム」とあるように、全体に流れる軸を「リズム」にすえていますので、それを紙面でどう表現するのか……という点に知恵を絞りました。

 

☆ ☆ ☆

ラテン音楽には、「クラーヴェ」と呼ばれる、曲の屋台骨ともいえるリズムが必ずあります。
「クラーヴェ」は2小節ごとにループし、1小節目に3つ、2小節目に2つビートのある、3−2クラーベと、1小節目に2つ、2小節目に3つビートのある、2−3クラーヴェの2つがあります。

 

 

ラテンの曲であれば、必ずどちらかのクラーヴェが流れており、このクラーヴェの上に、パーカッションやベース、ピアノ、ギター、ベース、トランペット、トロンボーンなどの楽器が重なっていきます。

塩谷さんが「ラテン音楽では、とにかくクラーヴェを意識すること。極端な話、ラテン音楽のミュージシャンたちは、小節のアタマがどうのこうのということよりも、クラーヴェにちゃんと合っているかどうかに意識がいっていると思うくらい、クラーヴェは重要。」という話をしたとき、自分の中で、あ!っと思うことがありました。

 

それは、高校時代、吹奏楽部でトランペットを吹いていたころ、「コパカバーナ」や「エル・クンバンチェロ」など、ラテン系の楽曲を聞いても、どうもカッコイイと思えず、何か違うのでは……という違和感でした。

当時の自分は、クラベス(先ほどの映像に出ていた茶色い2つの棒)でビートを刻むとラテンっぽくなる……くらいにしか思っておらず、クラーヴェはパーカッションだけの話だと思っていました。

さにあらず。
演奏者全員が意識しないといけないものだったのですね。。。

 

それもそのはず、「クラーヴェ」とはスペイン語で「鍵」の意味。
まさに、ラテン音楽を味わうための「鍵」となるリズムだったのですから。。。

 

 

さっそく、南米の上手なブラスバンドの演奏はないかと探してみましたが、見当たらず。。。

ということで、鉄板の東京佼正ウインド・オーケストラによる「エル・クンバンチェロ」をお楽しみください(この曲は2−3クラーヴェです)。

 

 

ちなみに、吹奏楽といえば、塩谷さんの音楽家としてのデビューは、14歳のときに作曲した「海溝 A Deep」。

1980年のヤマハ「ジュニアオリジナルコンサート」でエレクトーン曲として作曲、演奏されたこの曲は、優秀作品に選ばれ、のちに吹奏楽用に編曲された「ニューサウンズ・イン・ブラス」に収録されています(編曲は久石譲!)。

 

 

中2のときに、すでにこんな曲を書いていたという神童ぶりに、つい自分の中2の頃を思い出して・・・(省略

 

PR


PR


関連記事

伊藤檀「自分を開く技術」でサッカー本大賞2017の優秀作品賞、読者賞を受賞しました

2000年に楽譜の出版社に転職し、そこから私の編集者人生はスタートしま...

記事を読む

アサヒビールとNHK。転職と起業という人生の点と点とがつながって仕事になった話

今年の春先から取りかかっていた本がやっと形になった。 スーパー...

記事を読む

祝!創立12周年。MOの読み方で世代がわかる、小社とデジタル環境の移り変わり。

先週の土曜日、10月29日(土)、会社創立から丸12周年を迎えた。 ...

記事を読む

楽譜集の自費出版を考えている人のための、著作権処理と編集業務について

2年ほど前に『尺八ポップス樂曲集ハ調ベース85選』という楽譜本の著作権...

記事を読む

設定とこだわりの絶妙なさじ加減。「戦車に夢中です!」を編集して思う、ガルパンとWoTのすごさ

去年の年末から取りかかっていた企画が、7月の中旬、形になりました。 ...

記事を読む

新着記事

伊藤檀「自分を開く技術」でサッカー本大賞2017の優秀作品賞、読者賞を受賞しました

2000年に楽譜の出版社に転職し、そこから私の編集者人生はスタートしま...

記事を読む

アサヒビールとNHK。転職と起業という人生の点と点とがつながって仕事になった話

今年の春先から取りかかっていた本がやっと形になった。 スーパー...

記事を読む

「エクセル4難民」がたどり着いた、2017年のバーチカル手帳はこれだ!

毎年この時期になると、書店や文房具店の手帳売り場は、来年の手帳を求める...

記事を読む

祝!創立12周年。MOの読み方で世代がわかる、小社とデジタル環境の移り変わり。

先週の土曜日、10月29日(土)、会社創立から丸12周年を迎えた。 ...

記事を読む

自分は今、人生の折り返し地点にいるのかもしれない。

今年に入って、お世話になった人が次々鬼籍へと入られていく。いずれも、...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます



PR


伊藤檀「自分を開く技術」でサッカー本大賞2017の優秀作品賞、読者賞を受賞しました

2000年に楽譜の出版社に転職し、そこから私の編集者人生はスタートしま...

アサヒビールとNHK。転職と起業という人生の点と点とがつながって仕事になった話

今年の春先から取りかかっていた本がやっと形になった。 スーパー...

「エクセル4難民」がたどり着いた、2017年のバーチカル手帳はこれだ!

毎年この時期になると、書店や文房具店の手帳売り場は、来年の手帳を求める...

祝!創立12周年。MOの読み方で世代がわかる、小社とデジタル環境の移り変わり。

先週の土曜日、10月29日(土)、会社創立から丸12周年を迎えた。 ...

自分は今、人生の折り返し地点にいるのかもしれない。

今年に入って、お世話になった人が次々鬼籍へと入られていく。いずれも、...

→もっと見る

  • 2017年9月
    « 4月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑