*

自転車沖縄行きのお知らせ

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 みなさまへ告知&ご報告

たいへん遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。
今年最初のお知らせです。
怪魚ウモッカを探しにインドへ行く件ですが、
今度こそ大丈夫と思っていたのに
またもや想像しないトラブルにおそわれました。
あれこれ手を打ってはいますが、まだ出発の目処が立っていません。
そこで唐突ですが、明日より一ヶ月ほど、自転車で旅に出ることにしました。
目指すは沖縄。
行く先々で、ありとあらゆる神仏に「インドへ行かせてください」と祈願しながら、
日本を南下する予定です。
旅の模様は、ほぼリアルタイムで、当ブログとリンクさせた集英社文庫のHPで連載されます。(週一回の更新)
行き当たりばったりなのでルートははっきりしませんが、
東海道から四国、九州へ行くことになるでしょう。
みなさん、ユニークな寺院をご存知ならぜひ教えてください。
このブログでもメールでもけっこうです。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
なお、以下は業務連絡です。(一般の方は飛ばしてください)
編集者のみなさま。
私のメールは通常通り使えますし、携帯電話も使えます。
何かあれば、ご連絡ください。
それから旅先での取材やインタビューなどは大歓迎です。
前もってご連絡いただければ、飛行機や新幹線が発着する都市へなるべく出るようにします。
では、よろしくお願いします。

関連記事

no image

「困ってる人」史上最大の作戦

高野秀行プロデュースしている大野更紗「困ってる人」第12回が更新です。 ついに大野さんは病院からの脱

記事を読む

no image

新刊『世にも奇妙なマラソン大会』サイン本予約

2月1日に新刊『世にも奇妙なマラソン大会』(本の雑誌社)が発売されます。 サイン本予約を受付中です

記事を読む

no image

アフガニスタンより戻りました

さきほど、アフガニスタンより戻りました。 え、パキスタンに行ったんじゃなかったって? いや、パキスタ

記事を読む

no image

連載スタート!

集英社文庫のホームページで自転車旅日記がスタートしました。 タイトルもずばり 「神に頼って走れ!」

記事を読む

no image

ブログのリニューアル 

このブログを管理してくれている友人・ワタル社長が、新しい機能をつけたいと提案し、まあ、私もよくわから

記事を読む

no image

「怪しいシンドバッド」、本日発売!

<お知らせ> 『怪しいシンドバッド』集英社文庫 本日より全国書店で発売! 「何か未知のもの」に出

記事を読む

no image

イラン行き、訂正

言い忘れていました。 イラン行きは予定を若干変更して、 27日(金)の晩に羽田を発ちます(関空経由)

記事を読む

no image

ごぶさたです

みなさん、ごぶさたしてます。 いまだ、旅の空の下、といえば聞こえはいいですが、 悪戦苦闘を続けてま

記事を読む

no image

上智大学の授業について

上智大学で私の授業「アジア文化論2」をとっている学生のみなさんへ連絡です。 先週で授業終了と言いまし

記事を読む

no image

From Takano

minasan,gobusat shitemasu. ima toruko ni imasu

記事を読む

Comment

  1. KOW(つ∀`) より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    伊集院光のラジオによると
    掛川あたりの峠が厳しいそうですので
    いい自転車を吟味してくださいね。
    にしても最近、自分のリスペクトしている人たちが
    内燃機関(原付以上の乗り物)を使わない旅をすることが多くなったなあ。

  2. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)
     ウモッカと同じ海域のバングラやミャンマーやタイへ行かれたら
    どうでしょうか。
     南へ南下されるなら、松山のユースホステルで、潜在能力開発
    講座を受けて、スプーン曲げなどの能力を身に付けることを
    お勧めします。(200円くらい) って、これは寺院じゃあないですね。

  3. shima より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; (R1 1.5); .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    有名なお寺なのでご存知かもしれませんが、名古屋に覚王山日泰寺というお寺があります。
    明治時代にタイ王国から贈られた仏舎利を奉安するために建てられたお寺で、ご本尊もタイから贈られた釈尊像です。
    どの宗派にも属さない超宗派のお寺ですが、毎月21日の弘法大師縁日には露店が並び賑わいます。
    インドではありませんが、ここにお参りすれば少しはインドに近づけるのでは
    ・・・?

  4. OPPU より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC)
    九州も行かれるなら、『暗黒神話』のようにヤマトタケルルートなんてのもいいですね。または、『宗像教授伝奇考』の天海の北斗踏みのルートなんてのも強力ですかね(両方マンガじゃねぇかってのは置いといて)。
    自転車に進行スピードだと、鶴岡八幡宮の節分前後の厄除大祭は過ぎちゃってますかね。3月17日の熱田神宮の祈年祭も微妙か。
    最後の沖縄は、やはり斎場御嶽はハズせないかと。

  5. とくめい より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; .NET CLR 1.1.4322)
    東海道だと箱根と鈴鹿の2大峠がきついですよ。
    あと、リアス式海岸沿いは避けた方が無難かと。
    (上下と左右のアップダウン、平らな直線の二十倍きつい!)
    でも、この季節を選ばれたのはさすが高野さんですね。
    夏だと死にます。
    野宿に寛容なのは北海道と沖縄だけ。
    島は時計回りに、湖は反時計回りに回るのがデフォ。
    (理由は・・・お分かりですよね?)

  6. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; InfoPath.1; .NET CLR 1.1.4322)
    MIXIの「バックパッカー」コミュにこんな書き込みがありましたよ。
    ***
    現在カルカッタに滞在中です。
    今月下旬から来月中旬にかけてミゾラム、マニプール、ナガランド、アルナーチャル・プラデシュの各州に行きたいと考えています。ここのFRROs(外国人登録オフィス)にてRestricted Area Permitの申請が可能で翌日発行だそうですが、申請は4人以上のグループか夫婦が原則です。
    どなたか日程の合う方、一緒にパーミットの申請をしませんか?
    コンタクト待ちます。
    ***
     紛れ込むことが出来るのではないでしょうか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • しかし、よく考えてみたら、秘書というのはAIと同じで、こちらが取材内容や取材相手、取材日程を決めなければ、何も動いてくれない。そしてそういうことを考えるのがひじょうに面倒くさいわけだ。それとも優秀な秘書はそこまでやってくれるんだろうか。 ReplyRetweetFavorite
    • 12月から2月にかけての海外・国内旅行の段取りを始めたが、早くも挫折しかけて頭の中は「秘書がほしい!」の声がグルグル。ますます段取りが進まない。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行さん@daruma1021 の『間違う力』、読んでいて何度も爆笑。 研究者と辺境探検家には共通することも多く、今日も間違おうと心に決めるのであった。 巻末の「とにかくやる」の信条が刺さる。 上田次郎「なぜ君はベストを尽くさないの… ReplyRetweetFavorite
    • 異色アンソロジーが気になる。特に読みたいのは『卓球アンソロジー』と『FUNGI 菌類小説選集 第1コロニー』。 https://t.co/YFh07aldTF ReplyRetweetFavorite
    • 「船戸与一は長編のイメージが強いが、実は短編を書いても名手」という山田さんの指摘に強く同意。特にここに挙げられた短編集は私も好き。 ReplyRetweetFavorite
    • 「本の雑誌」今月号は「船戸与一の十冊」。書いたのは船戸さんを見出し、長く担当を務めたS社の山田裕樹氏。秘話満載で船戸ファン(私含む)は感涙ものだ。 ReplyRetweetFavorite
    • 理解できなくても面白く感じてしまうのは、私の脳がおめでたいこともあるが、大栗先生のストーリーテリングの才能が卓越しているからだろう。橋本先生といい、大栗先生といい、どうして理論物理学者は物語がこんなに上手なのか。物語論と超弦理論を統一する究極理論があるのかもしれない。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年11月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑