*

2006年に読んだ本ベストテン(ノンフィクション部門)

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

小説につづいて、今度は2006年に読んだノンフィクションのベストテンです。
1.山本譲司『累犯障害者』(新潮社)
 信じがたい異世界に衝撃を受ける。
2.木村元彦『オシムの言葉』(集英社インターナショナル)
 理想的なエンタメ・ノンフィクション。
3.森下典子『前世への冒険』(光文社/知恵の森文庫)
 こんな旅がしてみたい!
4.柴田哲孝『下山事件 最後の証言』(祥伝社)
5.藤木久志『刀狩り』(岩波新書)
 「七人の侍」はありえない設定だとわかった。
6.藤原新也『黄泉の犬』(文藝春秋)
 独特の直面力と唯物論は健在。
7.上原善広『被差別の食卓』(新潮新書)
 食文化を知る究極の一冊。
 
8.テンプル・グランディン『動物感覚』(NHK出版)
 「動物は自閉症」という驚き。
9.長谷川和滋『超一流じゃなくても成功できる』(新潮社)
 スポーツ選手自伝の白眉。
 
10.北尾トロ『キミは他人に鼻毛が出てますよと言えるか』(幻冬舎文庫)
 勇気ある「正しい大人」への道。
今年は読書量自体が少なかったが、ノンフィクションは特に読まなかった。反省。
小説もそうですが、コメントで教えていただいた本はちゃんとチェックしております。
コメントを送っていただいた方、どうもありがとうございます。
面白かったノンフィクションも教えてくださいね。

関連記事

no image

天地明察

冲方丁(うぶかた・とう)『天地明察』(角川書店)を読了。 いやあ、素晴らしい。 新しい日本独自の暦

記事を読む

no image

濁った水たまりで釣りをする

アブディンから電話がかかってきた。 彼は結局、身重の奥さんと北九州に「疎開」した。 スーダンの実家か

記事を読む

no image

映画「ホテル・ルワンダ」を見るべし!

試写会で、映画「ホテル・ルワンダ」を見た。 1994年、ルワンダで三ヶ月で数十万人が虐殺されるという

記事を読む

no image

現実逃避にはこの本を!

「急性いい人症候群」の後遺症は大きかった。 いわき市に一週間行っている間に仕事と雑務と不意打ち的な問

記事を読む

no image

ナガランドに行けるのか

「G-diary」の元編集長がスタッフとともに分離独立して創刊した「アジアの雑誌」3月号が届く。

記事を読む

no image

日曜日のイベント

代々木でミクシイの高野秀行コミュ&宮田珠己コミュ合同イベント。 雨上がりにもかかわらず40〜50人(

記事を読む

no image

サッカーファンになる予定

今月からサッカーファンになるべく日夜精進している。 読書もサッカー本。 今読んでいるのはイアン・ホ

記事を読む

no image

となりのツキノワグマ

ツバルが沈まなくて驚いたばかりだが、 またしても環境問題の常識が覆される本を見つけた。 宮崎学『と

記事を読む

グラスワイン100円!! 超激安隠れ家アフリカレストラン「GOMASABA(ゴマサバ)」

以前、知り合った在日アフリカ人の二人が元浅草にレストランをオープンしたというので、 先週、『移

記事を読む

no image

ツチノコ!?の正体

昨日の画像はコメントしてくれた方の指摘どおり、フォトショップで加工がされていた。 もともとの画像は

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 萩尾望都さんがある候補作について、全体の構成力に難があるのが惜しいと言い、さらに「構成がどうすれば良くなるかは体力だ」と述べているが、「体力」とは一体何なのかは書いておらず。経験なのか物語を考える練度なのか。わかるようでわからず、わからないようでわかるような気もする。 ReplyRetweetFavorite
    • 「小説新潮」12月号に日本ファンタジーノベル大賞が発表されていた。私はファンタジーに興味はないが、選考委員の選評というやつは昔から好きで、自分もノンフィクション賞の選考委員になった今はもっと好きなので、さっそく読んでみる。やっぱ、面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 個人的に一押しは『謎のアジア納豆』。高野秀行さんがシャン語やビルマ語より秋田弁の聞き取りに苦闘する場面がツボにはまりました。「なまはげだけが秋田じゃない」秋田ブックフェア in 代官山蔦屋書店  https://t… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 芝園団地の大島隆さんと、団地オーソリティの大山顕さんの対談at下北沢B&B。おもしろくないわけがない! https://t.co/wkGzpQoUS3 ReplyRetweetFavorite
    • 来月10日にはそのカーニバルシリーズの続篇で、ゲストは関野吉晴さん。ラテンアメリカに興味がある人は行くしかないな。https://t.co/HFhYCOOCfS ReplyRetweetFavorite
    • 冒険家にしてカーニバル評論家の白根全さんのイベントに行ってきた。ゲストはピーター・バラカンさん。写真、映像、そして何より自由でパッションにあふれたカリブの音楽が最高。なぜ自分は色気のない不自由なイスラム圏を長く彷徨っているのだろうと思うほど。 ReplyRetweetFavorite
    • 謎の孤立言語ブルシャスキー語の研究者とはどんな人か、興味がある人はぜひ。 https://t.co/eFcNKTfphj ReplyRetweetFavorite
  • 2019年11月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑