*

「 B系友人図鑑 」 一覧

寿司食いねえ

2008/11/17 | B系友人図鑑

パキスタンの事件で書きそびれていたが、 金曜日の「対談」は盲目のスーダン人アブディンだった。 予定通り、「スーダンは日本より数段広い」と紹介したり、 学生から「日本に来たきっかけは?」と訊かれて

続きを見る

究極の宴会芸「焼畑農業」

2005/05/18 | B系友人図鑑

前回、「マンガ『ムベンベ』の生原稿」を書いた際、ムベンベ探検隊のメンバーであり、マンガの主要キャラとなるのが確実な「ノノさん」からコメントが入った。 「オレが飲み会の席で芸をやるというシーンがあれば、

続きを見る

お宝イラスト!悟空&田口雅之

2004/12/29 | B系友人図鑑

 昨日はヤングチャンピオン誌の忘年会(なぜかゴールデン街)で、十数年ぶりに田口雅之と会った。  同誌でバトルロワイヤルを描き、現在大ブレーク中のこの作家は、売れない頃、私の三畳間に泊り、朝までプロレ

続きを見る

すてきなマイク兄さん

2004/12/15 | B系友人図鑑

 私の義兄はマイク・ノックという、オーストラリアを代表するジャズ・ミュージシャンである。  私の連れ合いの姉−−このブログでも「義姉」の名で登場する人−−のダンナなのだ。  義姉は、まったくの偶然だ

続きを見る

奇人ドラマー悟空再び

2004/12/14 | B系友人図鑑

 ある出版社の忘年会で、Iさんというフリーの編集者兼ライターの人と同席した。  彼はジャズがひじょうに好きだというので、このブログでもすでにお馴染みの、日本が誇る奇人ドラマー「のなか悟空」のことを聞い

続きを見る

チェロを壊すプロ・坂本弘道

2004/12/07 | B系友人図鑑

 お知らせしたとおり、東中野ポレポレに「えんとこ」を観に行った。 観客は十数名。  映画自体も「全身麻痺の障害者とボランティアの若者たちの交流」という予告から想像できる範疇に収まっていて、正直物足り

続きを見る

NONOさんは探検冒険業界の寅さんだ!

2004/11/22 | B系友人図鑑

 最近、このブログの「コメント」にNONOと書かれることが多くなってきた。  ていうか、ほとんど毎日だ。  しかも、だんだん暴走してきて、すでにキャラが立ってきている。  もう高野秀行なんてかすむくら

続きを見る

悟空さん・恐怖の「鶴の恩返しライブ」

2004/11/15 | B系友人図鑑

 前回、日本が誇る奇人・のなか悟空の話を書いたら、仲間うちではバカ受けだったのでさっそく続きを書いてみる。 (右写真:ドラム演奏中の悟空さん。これは私が『ポカラ』という雑誌に書いた悟空さんのルポの冒頭

続きを見る

日本最強の奇人・のなか悟空との再会

2004/11/13 | B系友人図鑑

のなか悟空さんと「G-Diary」誌の杉山編集長を引き合わせた。  「G-Diary」とはバンコクで作っている雑誌で、基本的には風俗情報誌なのだが、アジアのディープなルポが満載なことから、一部のファン

続きを見る

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : アフガニスタンで殺害された中村哲さん。あれほど現地で長年に渡って信頼されている人でさえ、こんな形で殺害されるとは……。亡くなったアフガン人の運転手や護衛の人達6人全員を追悼したい。日本では「日本人の死」ばかりが報道されるが、中村さんと共に活… ReplyRetweetFavorite
    • 最近ミステリを読んで満足する確率は二割五部くらいで、野球なら確実性に乏しい打者。スタメン起用がためらわれるが、ときどき凄いホームランが出るからやめられない。 ReplyRetweetFavorite
    • 大阪への道中、ベストセラーになっているミステリを読んだのだが、最後まで読んでも釈然とせず。ミステリは難しい。 ReplyRetweetFavorite
    • 最初は衝撃なんだけど、著者の巧みな描写や説明で、どんどんズー(動物性愛者)の人たちに感情移入していき、読了するころには「これってLGBTの一種じゃないの?」ぐらいにしか思わなくなっている自分がいた。 ReplyRetweetFavorite
    • 昨日新幹線の中で読んでいた濱野ちひろ著『聖なるズー』(集英社)を読み終える。動物と性愛を行う人々を追った衝撃のルポ。飼い犬を「妻」と紹介する男性が登場するなど、常識の土手っ腹に風穴が空いた。これぞノンフィクションの醍醐味だ。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【大阪大学イベント(外国語学部ビルマ語専攻井上さゆり先生主催)】ノンフィクション作家高野秀行氏講演会「言語オタクのちょっとクレイジーな探検生活」 https://t.co/hotbx2JeWl ReplyRetweetFavorite
    • RT : 小学館はノンフィクションを対象とする公募の文学賞「第26回 」の受賞作を発表。映像ディレクター・笠井千晶さんの「家族写真 3・11原発事故と忘れられた津波」が受賞。選考委員は高野秀行さん、三浦しをんさん、古市憲寿さん。… ReplyRetweetFavorite
  • 2019年12月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑