*

奇人ドラマー悟空再び

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 B系友人図鑑

 ある出版社の忘年会で、Iさんというフリーの編集者兼ライターの人と同席した。
 彼はジャズがひじょうに好きだというので、このブログでもすでにお馴染みの、日本が誇る奇人ドラマー「のなか悟空」のことを聞いてみたら、ちゃんと知っていた。
「あの人のドラムはすごい!」と大絶賛していた。
 Iさんによれば、悟空さんは昨年にもCDを出しているという。
「スタジオでなく、風呂屋でレコーディングしたもの」と聞いて、驚いたというより、納得した。
 悟空さんがふつうにレコーディングするほうが驚く。
 でも、ただでさえ楽器は湿気を嫌うというのに、わざわざ風呂場でやらなくてもねえ…。
 新しいスタイルにチャレンジしたのか、それとも単に金がなくてスタジオが借りられなくて、行きつけの銭湯に頼んで、無理やりそこをスタジオにしてしまったのか、その辺は不明だ。
 ジャズバーなどで悟空さんが演奏すると、あまりに強烈な音波でグラスが片っ端からどんどん割れていくというのは前に書いたが、風呂場でも漆喰がバリバリはがれていったという。
 しかし、風呂屋というのは、プラスチックの洗面器を床に置いただけで、カラーンと大きな音が響く。
 そんなところで、悟空さんが激しくドラムを叩いたら、反響がすごくて、何がなんだかわからなくなるんじゃないか。
それでも、Iさんによれば、「すごくかっこいい」というから、マニアの聴き方はわからない。
 ちなみに、悟空さんのCDは一般には手に入らない。
 アマゾンで検索しても、1991年に発売されたものが一つ表示されるのみで、それも「入手不可」だ。
 悟空さんのHPで直販してるのだろう。
 彼は、自分の本もCDも、なんでも「直販」している。
「出版社を通せば印税が10%しか入ってこないが、オレが自分で売れば、100%だ」と、この前会ったとき言っていた。
 最近はそれで月に10万近い売り上げがあり、それだけで十分生活していけるんだそうだ。
 それはともかく、このIさん、悟空さんの本名ミツマサまで知っているほどのジャズマニアである。
 そこで、私が「実は、私の義理の兄はオーストラリアを代表するジャズ・ミュージシャンなんですが、知ってます?」と名前を出して聞いたところ、彼は「えー!?」と仰天した。
そうなのである。
 近しい人なのですっかり忘れていたが、私の義兄はオーストラリアを代表するジャズ・ミュージシャンなのだ。
 ありえないような話だが、ほんとのことだ。
(つづく) 

関連記事

no image

お宝イラスト!悟空&田口雅之

 昨日はヤングチャンピオン誌の忘年会(なぜかゴールデン街)で、十数年ぶりに田口雅之と会った。  同

記事を読む

no image

究極の宴会芸「焼畑農業」

前回、「マンガ『ムベンベ』の生原稿」を書いた際、ムベンベ探検隊のメンバーであり、マンガの主要キャラと

記事を読む

no image

チェロを壊すプロ・坂本弘道

 お知らせしたとおり、東中野ポレポレに「えんとこ」を観に行った。 観客は十数名。  映画自体も「全

記事を読む

no image

すてきなマイク兄さん

 私の義兄はマイク・ノックという、オーストラリアを代表するジャズ・ミュージシャンである。  私の連

記事を読む

no image

悟空さん・恐怖の「鶴の恩返しライブ」

 前回、日本が誇る奇人・のなか悟空の話を書いたら、仲間うちではバカ受けだったのでさっそく続きを書いて

記事を読む

no image

NONOさんは探検冒険業界の寅さんだ!

 最近、このブログの「コメント」にNONOと書かれることが多くなってきた。  ていうか、ほとんど毎日

記事を読む

no image

寿司食いねえ

パキスタンの事件で書きそびれていたが、 金曜日の「対談」は盲目のスーダン人アブディンだった。 予

記事を読む

no image

日本最強の奇人・のなか悟空との再会

のなか悟空さんと「G-Diary」誌の杉山編集長を引き合わせた。  「G-Diary」とはバンコクで

記事を読む

Comment

  1. eda より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    悟空さんの本面白いですねー。
    高野さんのHPでその存在を知り、
    通販および直販で著作を手に入れました。
    けど、著作の中の
    「タイ遊女巡り紀行」にはまいりました。
    タイトルがそのものずばりの上、内容が
    あまりにも赤裸々で、妻子いる家庭に
    保管できるような代物ではないんですよ。
    ましてや私は仕事および遊びで何度も
    タイに行っており、この本が妻の目に留まったら
    家庭問題になること間違いなしです。
    高野さんは当然すでに読んでますよね。
    もし読んでなかったら進呈しますよ。

  2. 小林 純 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC)
    悟空さんのように自力の音ではないけれど、僕も大学の合宿所の古い塗壁を一面全部はがして落としたことがあります。あれはシンセの音やったな。
    ジグソーパズルのようにきれいにはがれ落ちていました。
    なつかしい。

  3. iris より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.17; Mac_PowerPC)
     悟空さん、風呂屋での話を高野さんにお聞かせした文中“I”です。訂正、というより私の語りがあっちゃこっちゃしたうえ、すごい早口だもので……高野さんに多少間違えてお伝えしてしまったかなという点について補足させてください。
     風呂場でのライブというのは、私の知っている限りCD化されておらず、相当以前(15〜6年?もっと前だったかも)に中央線沿線の西荻だったか荻窪だったか、の休業中(?)の銭湯で行われたものを直接のぞかせてもらったものです。当時、JAZZLIFEという雑誌があり(今もあるかな?)、その編集をしている人と個人的に親しくさせてもらっていたので、彼に連れていってもらったのかもしれません。
     その時のライブ自体、お金をとって入れていたのか、プライベートなセッションだったのか……そのあたりもすでに記憶の彼方なのですが、場所が場所だけにオーディエンスもぱらぱら、という感じだったように思います(なかにピアニストのアケタさんもいたような)。
     演奏自体は、銭湯のエコー効果もあってそれはそれはすさまじく、悟空さんの重戦車風バスドラ連打やスネアの一撃ごとに、おおげさでなく天井の漆喰がはがれ落ちるなど、「こりゃ建物の解体に使えるなぁ」と真剣に感じさせられたものです。
     とにかく、当時の悟空さんの音圧のすごさはナマで聴かれた方でないと想像がつきにくいかもしれません。“ドドドドドドドドスン”“カンッ!ダラララララララッ”という音のひとつひとつが、コンクリートブロックのような重さですっ飛んできますので、よけるのが大変……というととてつもなく物騒なもののようですが、一方どこどこまでもスッコーンとぬけた明るさは、ジャズクラブの暗がりよりは陽光さしこむ午後の銭湯にこそふさわしかったという気がします。
     高野さんの予告では、今度はお義兄さんのマイク・ノックさんについて書かれるとか、楽しみです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2019年12月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑