*

熊本市の動物支援について

IMG_7053

熊本の震災により、今も多くの人と動物が避難生活を強いられている。
熊本は、かつて『ゼロ! 熊本市動物愛護センター10年の闘い』の取材で何度も通った場所。
お世話になった方、それ以来お付き合いさせていただている方がたくさん住む町だ。

そんなことから、個人的には今後、熊本市動物愛護センターに関連する支援&情報拡散をおこないたい。

そしてご存知ない方のために、熊本市動物愛護センターのことを簡単に紹介。
今から15年前、熊本市動物愛護センターではある職員のアクションをきっかけに、犬猫の殺処分を減らす活動をスタート。
2009年度、全国に先駆けて〝殺処分ほぼゼロ〟を実現している。

殺処分ゼロをめざすと宣言をしたときは、各関係者から「絶対に不可能」「所詮は夢物語」と揶揄されることも多かった。だがそんなものはモノともせず、愛護センターの職員と地元ボランティア、獣医師会などが協力体制をつくり、アイデアを出しあって不可能を可能にした実績がある。
そのときの様子は、今もこのサイトで見ることができる。

そんな知力と体力と臨機応変さにあふれた熊本の方々だから、復興への道を確実に歩んでいかれることは間違いない。

しかし今はまだ余震がひどく、現場はかなり混乱している。
なにしろ職員の数は限られている。
そして職員だって市民のひとりで、それぞれが被災者だ。
自宅が倒壊するなど深刻な被害に遭われた方もいる。

そうしたなかでの現地支援には、内容とタイミングが大切だ。
まずは職員や地元関係者に余計な仕事が派生することがないように、と考えている。
ペット関連の支援物資については、ここ数日分は確保できているという。

今、熊本市動物愛護センターでは、迷子動物の保護と飼い主の問い合わせに追われている。
地震で驚いて逃げてしまった犬や猫が多数いるのだ。

ペットが逃げてしまった&動物を保護した、という方はかならず熊本動物愛護センターに連絡してほしい。この連絡がきちんとされていないと、せっかく保護されても飼い主さんと再会することができなくなる。
本日、4月23日と24日、愛護センターでは、迷子ペット専用の緊急電話対応をおこなっている。電話096−380−2153 熊本市東区小山2−11−1(熊本市動物愛護センター)


熊本市内の方、ネット環境のない高齢者などにお知らせを!

こうして迷子で保護される犬猫は増える一方だ。
もともと「譲渡優先」で運営している動物愛護センターなので、震災発生前から犬だけで五十頭以上がここで新しい飼い主を待っている状態だった。
だから現場は満杯。
北九州市が一部を引き取ったが、まだ多くの犬猫が保護されている。こうした訳で、絶賛譲渡先募集中!
熊本市外、県外の方でも、一定の条件を満たせば飼い主さんになれる。
くわしい犬猫の情報は、コチラのサイトから閲覧可能。

現在、熊本市動物愛護センターでは、フードなどの物資は数日は大丈夫な様子。
ただ今後にむけて支援は必要。
「今すぐ支援したい!」という方は、コチラで義援金を募っている。
こちらを運営する熊本市動物愛護推進協議会は、日頃から愛護センターと連携をとって活動する組織。
集まった義援金は、すべて熊本市のペット動物のために使われる。


2016/04/23 | 犬と動物

関連記事

マドとナズナ その2

〝お父さん〟たちの海外出張により、我が家で犬合宿をすることにな...

記事を読む

マドとナズナ

犬飲み会のメンバーでお馴染みの穴澤賢さんが「いぬのきもちWEB...

記事を読む

新年から最高熱、そしてメディア紹介

今さらながら、新年おめでとうございます。 今年も宜しくお願い...

記事を読む

「平成犬バカ度診断テスト」全文公開!

12月19日、代官山蔦屋書店にて『平成犬バカ編集部』刊行記念ト...

記事を読む

新刊本のブックティザーが完成!

新刊『平成犬バカ編集部』のブックティザーが完成した。 ブ...

記事を読む

新着記事

マドとナズナ その2

〝お父さん〟たちの海外出張により、我が家で犬合宿をすることにな...

記事を読む

マドとナズナ

犬飲み会のメンバーでお馴染みの穴澤賢さんが「いぬのきもちWEB...

記事を読む

新年から最高熱、そしてメディア紹介

今さらながら、新年おめでとうございます。 今年も宜しくお願い...

記事を読む

「平成犬バカ度診断テスト」全文公開!

12月19日、代官山蔦屋書店にて『平成犬バカ編集部』刊行記念ト...

記事を読む

新刊本のブックティザーが完成!

新刊『平成犬バカ編集部』のブックティザーが完成した。 ブ...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます


マドとナズナ その2

〝お父さん〟たちの海外出張により、我が家で犬合宿をすることにな...

マドとナズナ

犬飲み会のメンバーでお馴染みの穴澤賢さんが「いぬのきもちWEB...

新年から最高熱、そしてメディア紹介

今さらながら、新年おめでとうございます。 今年も宜しくお願い...

「平成犬バカ度診断テスト」全文公開!

12月19日、代官山蔦屋書店にて『平成犬バカ編集部』刊行記念ト...

新刊本のブックティザーが完成!

新刊『平成犬バカ編集部』のブックティザーが完成した。 ブ...

→もっと見る

    • 先日、某猫専門家に聞いた話。年々増加する猫の肥満問題のひとつは、獣医師にあるという。飼い主に「ウチのコ、太ってます?」と訊かれても「うーん? でもぽっちゃり、カワイイですよね」という獣医師が圧倒的に多い。理由は①事実を伝えると飼い主が立腹する、②減量指導のメソッドがない、から。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : この人の書くものは、なんでこんなに一緒に怒ったり悲しんだり喜んだりしてしまうんだろう。しかもずしんと深く響く。もはやずるい。 2019年7月①:片野ゆか『北里大学獣医学部 犬部!』|坂道/元書店員 |note(ノート) h… ReplyRetweetFavorite
    • 2019 (3)
    • 2018 (3)
    • 2017 (1)
    • 2016 (4)
    • 2015 (10)
    • 2014 (22)
    • 2013 (21)
    • 2012 (39)
    • 2011 (46)
    • 2010 (46)
    • 2009 (40)
    • 2008 (38)
PAGE TOP ↑