*

熊本市の動物支援について②

mado blue

熊本ではいまだ余震が続き、数多くの人が避難生活を続けている。

こうしたなか日頃からペットなどの動物関係の支援をしている方から、物資などを求めているところはありませんか? という相談をいただくことがあるが、私が把握している限り4月30日時点でペット関連の救援物資を募集しているところはない。

今、現地で求められているものは何なのか?
それは、ペット飼育可の家だ。熊本市獣医師会が、避難中の飼い主さんに聞きとり調査をしたところ多くの不安の声があがった。震災に伴い入居募集されている物件はペット不可のものばかりだという。現在、熊本市獣医師会では物件情報を募集中だ。

熊本市動物愛護推進協議会では、引き続き義援金を募集している。
詳細はコチラ。
団体は、日頃から同センターと密接に連携をとって活動している。義援金はすべて同センターのために使われるので、動物のために何かしたいと考えている人には選択肢のひとつだと思う。

現地での動物関連の支援は、現在のところ自治体か獣医師会が主体になっている。
熊本市獣医師会、熊本県獣医師会、さらに福岡県獣医師会で結成された災害時動物救護チームの福岡VMATなどが活動している。

こちらは、私が3月に時事通信で執筆したコラム
福岡VMAT代表の船津獣医師のインタビューをもとに、飼い主に求められる災害対策についてまとめてあるので、ご興味ある方はご一読を。

現在、熊本市動物愛護センターでは、ペットフードやグッズなどの配布をおこなっている。また避難所で困っている人の相談にも対応している。
避難中でペット連れの方、特にネット環境にない高齢者にも是非シェアしていただきたい。
電話 096−380−2153

<支援できる物資>
貸出可能:ケージ、クレート、キャリー
提供可能:フード(ドライ&ウェット)犬・猫用、鳥用、小動物用
     リード、フードボール、給水器、トイレシート、トイレ砂など

また地震で驚いて逃げてしまったペットはいまだ多い。
熊本市動物愛護センターでは、行方不明の犬猫について電話相談を受け付けている。4月29日〜5月1日 9:00〜15:00 096−380−2153

センターでも多くの犬猫を保護している。
動物の情報も随時アップされている。
不明ペットを探している方は、是非確認を。

同センターでは、震災発生以前から犬猫あわせて100匹近くを保護していた。
そこへ地震による保護活動が加わったため、飼育場所の確保がむずかしい状況。
北九州市動物愛護センターに一部が引き取られるなど、近隣行政でも協力しているが、保護動物は増える一方だ。
そのため、震災以前から保護していた動物については、新しい飼い主を絶賛募集中!
動物の情報は、以下から見ることができる。

飼い主募集中の中型犬のプロフィール

飼い主募集中の大型犬のプロフィール

飼い主募集中の猫のプロフィール

熊本市内、熊本県内でなくても、条件が合えば譲渡が可能になっている。


2016/04/30 | 犬と動物

関連記事

新刊本のブックティザーが完成!

新刊『平成犬バカ編集部』のブックティザーが完成した。 ブ...

記事を読む

立ち読み歓迎!『平成犬バカ編集部』

久しぶりのオリジナル新刊『平成犬バカ編集部』が集英...

記事を読む

モロッコの動物園に行ってみた。

10月末から11月上旬にかけて、久しぶりのひとり旅に行ってきた。 行...

記事を読む

犬パワーに癒やされる介護職員

現在、発売中の『いぬのきもち』6月号に隔月連載「犬のために何ができるの...

記事を読む

新着記事

新刊本のブックティザーが完成!

新刊『平成犬バカ編集部』のブックティザーが完成した。 ブ...

記事を読む

立ち読み歓迎!『平成犬バカ編集部』

久しぶりのオリジナル新刊『平成犬バカ編集部』が集英...

記事を読む

新作ノンフィクション『平成犬バカ編集部』連載開始

昨年から取材を続けてきた新作ノンフィクションが、いよいよ連...

記事を読む

モロッコの動物園に行ってみた。

10月末から11月上旬にかけて、久しぶりのひとり旅に行ってきた。 行...

記事を読む

犬パワーに癒やされる介護職員

現在、発売中の『いぬのきもち』6月号に隔月連載「犬のために何ができるの...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード




管理人にのみ公開されます


新刊本のブックティザーが完成!

新刊『平成犬バカ編集部』のブックティザーが完成した。 ブ...

立ち読み歓迎!『平成犬バカ編集部』

久しぶりのオリジナル新刊『平成犬バカ編集部』が集英...

新作ノンフィクション『平成犬バカ編集部』連載開始

昨年から取材を続けてきた新作ノンフィクションが、いよいよ連...

モロッコの動物園に行ってみた。

10月末から11月上旬にかけて、久しぶりのひとり旅に行ってきた。 行...

犬パワーに癒やされる介護職員

現在、発売中の『いぬのきもち』6月号に隔月連載「犬のために何ができるの...

→もっと見る

    • RT : あ、これは良いですね。 さんのインタビュー。 題材(?)となっている『 Shi-Ba( )』そしてこの本( )を読んでも書かれていないことがあって興味深い。 本と合わせて読んで味わいが深まりました。 http… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 猫が可哀想です。 「お魚盗んでごめんなさい」とか 首に掛けられている子はよく見るけれど、これは違う。 粗相はイタズラじゃないから。 体調が悪いとか、ストレスが溜まってるとか、 ネタにして遊ばず、そういう点を心配してあげてほしい。 ht… ReplyRetweetFavorite
    • ペット業界に子犬工場ありきのビジネスモデルが定着したのは平成になってから。この忌まわしい〝常識〟を否定する法律が、今度こそ骨抜きにならないことを期待したい。 子犬や子猫、生後8週まで販売× 超党派議連が法改正案:朝日新聞デジタル https://t.co/l5pCql9XmR ReplyRetweetFavorite
    • RT : ダウンは100年使えるそう。 それも再生すればするほど、綺麗になって質が良くなるそう。真綿布団だって打ち直しするのだし、羽毛布団もダウンも再生すれば良い。これ以上水鳥を痛めつけないで今まで犠牲になった水鳥の羽を大切に共有しようよ。ひとまず… ReplyRetweetFavorite
    • 師走を迎え、各メディアでは平成を振り返る素材をリサーチ中のご担当者も少なくないはず。切り口のひとつとして、ペット動物ネタはいかがでしょう。30年間で社会的立場が激変した動物の目線から平成時代を総括します。ご興味ある方、まずは新刊ブ… https://t.co/agl48OfOku ReplyRetweetFavorite
    • 2018 (2)
    • 2017 (1)
    • 2016 (4)
    • 2015 (10)
    • 2014 (22)
    • 2013 (21)
    • 2012 (39)
    • 2011 (46)
    • 2010 (46)
    • 2009 (40)
    • 2008 (38)
PAGE TOP ↑