*

マド、ビビり撲滅キャンペーン・冬のミニプラン。

またしても久しぶりなブログ。

まずは、お知らせを2つほど。

 

お知らせ<その1>ポプラビーチで新連載が始まります!

タイトルは『旅はワン連れ ~ビビり犬マドとタイを歩く』

現在、ここ↑から「まえがき」にあたる第0回が読めます。

 

このブログでも紹介しましたが、昨年7月~9月にかけて約2か月、マドと一緒に初海外旅行を経験。

行き先のタイは、かなり行き慣れた国です。

これまで地方もかなりくまなくまわっているので、今後この国をあえて旅行するか? と聞かれると微妙な場所でした。

しかし、なにしろ初の愛犬連れ海外旅行。

やっぱ慣れたとこが一番安心ー! というわけで、我が家のビビり犬と一緒に出かけたのだけれど、実際に旅してみてビックリ!

人間だけの旅では見えなかったモノにドカドカと出会い、あらためて「はあー、タイってこうなってたのか」と感じることも多かった。

そんな「ワン目線」の旅エッセイ。

これから隔週で連載予定です。

 

 

おしらせ<その2> 『保健所犬の飼い主になる前に知っておきたいこと』が電子書籍化されました!

昨年、新潮社から出した単行本が、本日(2月21日)より電子書籍で読めるように。

犬や猫を飼ってみたいけど、どうせ飼うならペットショップじゃなくて、譲渡会とか、そういうところのコを選びたいなぁ。。。

そんなふうに思っている人に、ぜひとも読んでほしい本。

現時点で、保健所犬にかかわるすべての事情がわかる内容。。になっているつもりです。

お値段もちょっぴりお得な1,092円。Kindle版もあります。どうぞよろしくー。

 

 

そして、今回のブログの本題。

主役はもちろん、この人↓

 

kamakura2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイ旅行のあと、ビビりもほどほど克服して、そして〝お父さん〟との距離もグッと近づいたマド。

しかし、最近になって微妙な空気が流れだした。

私は、年末くらいから原稿を書く仕事が続いていて、在宅時間がものすごく増えている。

それに比例して、マドが妙にベタベタになってきたなぁ。。。と感じていたのだ2月の最初くらい。

一方、夫は、ほぼ毎日、近所のド・トールに出勤して原稿を書くのが習慣になっている。

仕事を終えて夫が帰宅すると、マドは、「あわわわー!」と驚いて、私の仕事机の下に避難するようになってしまったのだ。

夫がおやつを出すと近づくが、おやつをもらうとスタコラさっさと逃げてしまう。

 

このビビりっぷり、タイに行く前とほぼ同じ。

原因は、私とマドの距離があまりに近いから。。。とはいえ、仕事は続くので外出ばかりもしていられない。

なんて考えているうちに、マドと夫の緊張状態は日々増すばかり。

 

これは、なんとかしなければ!

そう考えて出した秘策が、単身ホテル暮らし決行だった。

これなら家を不在にしながら、仕事もできる。

ちょっと無理やりだけど、夫とマドの蜜月期間をつくれば、お互いの関係も再び近づくだろう!

そんな希望的観測のもと、先週の月曜日に仕事道具をもって都内のホテルに移動。私は、そのまま週末までホテル暮らしとなった。

 

そのあいだ、お父さんとマドはどんな暮らしをしたのか?

結果からいうと大成功。わずか1日でベタベタになったという。

私が帰らないと理解すると(何を基準にそう理解したのか不明だけど、とにかくマドは理解したのだ)、まるでスイッチがきりかわるように態度が一変したというから驚きだ!

留守中に電話やメールで様子を聞くと、二人暮らしをエンジョイしていることが伝わってきた。

帰宅するとピョンピョン飛び跳ねて喜んで、風呂やトイレに入るとドアの前でじっと待っているという。

普段、夫だけでマドを散歩に連れ出しても家の近くから離れようとしないのだが、これも3日目くらいで解消。

30分ほどの定番コースを尻尾をピンと立てて歩けるようになっという。

 

マドは、とにかく思い込みが強い。

彼女の人生には、その思い込みをもとにしたマイルールがたくさんあって、我が家ではマドルールと呼んでいる。

けれどそれもガツンと環境を変えることで、鉄のマドルールも緩和(改定?)するようだ。

そんなことがわかった「ビビり撲滅キャンペーン・冬のミニプラン」だった。

 

しかし、私が家に帰ってしまえばマドの態度も逆戻り・・・?

そんなことも予想していたが、帰宅して数日した今現在、夫とマドはなかなか良い感じを保っている。

 

昨晩、マドがソファで寝ぼけながら(?)両手で顔を掻いていたので、「お、かゆいのか?」と夫が指先で掻いてあげていた。

しばらく気持ちよさそうにしたあと「もういい」と前肢で夫の手をグイッと押し戻し、そのまま爆睡していた。

この自己中心的な態度。。。

マド、さらなる家庭犬ランクをあげたような印象は、気のせいだろうか。

 

mado-ne

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


2014/02/21 | 犬と動物

関連記事

マドとナズナ その2

〝お父さん〟たちの海外出張により、我が家で犬合宿をすることにな...

記事を読む

マドとナズナ

犬飲み会のメンバーでお馴染みの穴澤賢さんが「いぬのきもちWEB...

記事を読む

新年から最高熱、そしてメディア紹介

今さらながら、新年おめでとうございます。 今年も宜しくお願い...

記事を読む

「平成犬バカ度診断テスト」全文公開!

12月19日、代官山蔦屋書店にて『平成犬バカ編集部』刊行記念ト...

記事を読む

新刊本のブックティザーが完成!

新刊『平成犬バカ編集部』のブックティザーが完成した。 ブ...

記事を読む

新着記事

マドとナズナ その2

〝お父さん〟たちの海外出張により、我が家で犬合宿をすることにな...

記事を読む

マドとナズナ

犬飲み会のメンバーでお馴染みの穴澤賢さんが「いぬのきもちWEB...

記事を読む

新年から最高熱、そしてメディア紹介

今さらながら、新年おめでとうございます。 今年も宜しくお願い...

記事を読む

「平成犬バカ度診断テスト」全文公開!

12月19日、代官山蔦屋書店にて『平成犬バカ編集部』刊行記念ト...

記事を読む

新刊本のブックティザーが完成!

新刊『平成犬バカ編集部』のブックティザーが完成した。 ブ...

記事を読む

コメント/トラックバック

トラックバック用URL:

コメントフィード


Warning: Use of undefined constant ログインしていない場合 - assumed 'ログインしていない場合' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/aisaco/www/yuka/wp-content/themes/stinger20130827/comments.php on line 66




管理人にのみ公開されます


マドとナズナ その2

〝お父さん〟たちの海外出張により、我が家で犬合宿をすることにな...

マドとナズナ

犬飲み会のメンバーでお馴染みの穴澤賢さんが「いぬのきもちWEB...

新年から最高熱、そしてメディア紹介

今さらながら、新年おめでとうございます。 今年も宜しくお願い...

「平成犬バカ度診断テスト」全文公開!

12月19日、代官山蔦屋書店にて『平成犬バカ編集部』刊行記念ト...

新刊本のブックティザーが完成!

新刊『平成犬バカ編集部』のブックティザーが完成した。 ブ...

→もっと見る

    • この白いワンコさんは…映画版「犬部!」で林遣都さんのバディ役・ハナコを演じているちえちゃんだ! 宣材写真でも思ったけど、カワイイ‼️ 北村匠海「目が死んでいる3人」小松菜奈らと兄妹役 - シネマ : 日刊スポーツ https://t.co/pPhpDLXWCV ReplyRetweetFavorite
    • かつて全国数十か所の動物愛護センターを取材した印象もタイトルと同じ。保護動物をケアして譲渡先を探すことで、なんとかメンタルのバランスを保っている職員がほとんどだった。 犬や猫を殺処分する行政施設の職員「みんな苦しんでいる」 命と… https://t.co/urx6a890Y6 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 後脚の筋肉が落ちて自力では立てなくなった犬が、起こしてやるととことこ歩いて、しかも秋晴れの朝の気持ちよさになんと走り始めたら──走る姿なんて何年ぶりに見たろう──飼い主も諸々もう一度がんばってみようかな、なんて思ったりするよね。 https://… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 原宿の太田記念美術館にて来年1月6日~1月28日、「和装男子―江戸の粋と色気」展を開催。浮世絵に描かれた江戸時代の男性たちのファッションに注目し、デザインや着こなしの魅力を探る展覧会です。まだ少し先ですが、お楽しみに。 https://t.co/h… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 20歳には見えない可愛いこいもちゃん。飼い主さんが突然死なさり、病院で保護されています。里親さん募集中です!おっとりして静かに寄り添ってくれる猫をご希望の方にお勧めですよ〜‼️ 「色々な事情1 こいもちゃん 」(しらさぎカフ… ReplyRetweetFavorite
    • 2019 (3)
    • 2018 (3)
    • 2017 (1)
    • 2016 (4)
    • 2015 (10)
    • 2014 (22)
    • 2013 (21)
    • 2012 (39)
    • 2011 (46)
    • 2010 (46)
    • 2009 (40)
    • 2008 (38)
PAGE TOP ↑