*

IT2013年問題

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

私の新しい趣味について、いろいろな提案をいただき、ありがとうございます。
特にいくつかはひじょうに興味深く、ただいま検討中です。

ところで、今すごく困っていることがある。
またIT問題だ。

ITは2000年問題とか2045年問題とかあるらしいが、私のところでは
毎年が大問題だ。
なので、今年こそ「IT元年」と名付けて、新年早々、ITに真剣に取り組み始めた。

まず最初に行ったのはパスワードの確認である。

たまにfacebookとか開こうとすると「おまえのパスワードは何だ?」と高飛車に訊かれる。
たかが機械がえらそうに。
しかも「おまえの母親の出身地はどこだ?」とか「好きな飲み物の名前を言え」とか
高飛車にして執拗である。何様だ、おまえ。

で、その質問に答えられないのがもっと頭に来る。
なんて入れたか思い出せないのだ。
そして、ついに思い出せないまま、フェイスブックを閉じたことが何度あったことか。

同じ事がアップルIDとか、他のさまざまなアプリケーションやショッピング、会員登録、ネットバンキングなどにも起きた。
ITに取り組もうとすると、まずパスワードに行く手を阻まれるのだ。

これはいかん!ということで、メモ帳やその辺の紙切れなど、あちこちに書き散らかしてあるパスワードを拾い集め、
さらには「パスワードを忘れたやつはこっちで訊け」とかいう場所をクリックして、
いろいろ個人情報を書いて、メールで再交付してもらったりした。

それを新しいメモ帳に丁寧に書き並べ、どれが何のパスワードや合い言葉なのか、
一覧表にした。
「これでバッチリ!」と思ったのだが、そこでハタと気づいた。

こんな一覧表、落としたり誰かに盗まれたりしたら大変だ。
私のすべての情報が入っているんだから。
なので、あれこれ考えた挙げ句、とてもナイスな場所を思いつき、そこにメモ帳をしまった。

さて。
今すごく困っているのは、そのナイスな場所がどうしても思い出せないことだ。
すべてのパスワードやログインIDや合い言葉がそこにあるんだもんな。
しかもそれまでの書き散らかしたメモ帳や紙切れは処分してしまったし。

まるで落語だが、残念ながら事実。
このままではIT元年どころか私の普通の生活が成り立たない…

         ☆             ☆                ☆

2月18日発売の『謎の独立国家ソマリランド』のカバーと帯のデザインが確定した。
ものすごくかっこいい。
データをプリントアウトして、手近な本に巻いてみたら、もう新刊ができあがったかのよう。
とくに背表紙がすごい。

早く発売日にならないものか。

関連記事

no image

神奈川の市長問題

ニッポン放送のラジオ番組「ドリームランナー」に出演(収録)する。 パーソナリティは横浜の中田市長。

記事を読む

no image

ハチャメチャな宴

探検部の大先輩である関野吉晴さん(一ツ橋大探検部OB)に「望月さんと一緒に飯食わないか」と誘われ、

記事を読む

no image

元「たま」石川浩司氏とのイベント

相変わらず花粉症に悩まされ、テンションが上がらない。 あまりに目がかゆいので火曜日に目医者に行き薬

記事を読む

no image

今度はサハラかよ

久々に帰国して、待っていたのは書かねばならない原稿の山。 まずまっさきにとりかかったのはサハラ・マ

記事を読む

no image

おっぱいとトラクター

家に本があふれ出し、また本棚を買うか、古い本を処分するか、 あるいは「居間に本を置いてはダメか」と

記事を読む

no image

雲南のツヨカワ花嫁

カゼをひいていたが、雪が降り始めたのでついプールに行ってしまう。 案の定、泳いでいる人はほとんどいな

記事を読む

ここで問題です。

朝日新聞社で角幡唯介と対談。 読書週間特集で「探検・冒険の本」を私たち二人が紹介するというのが

記事を読む

no image

ファミコンって何だろう?

土曜日にアキバ系中国人のカリスマこと「魚干」君に会った。 まだ22歳、日本に来て半年なのに日本語は流

記事を読む

no image

逃してますぜ

ドキュメンタリー映画「引き裂かれたイレブン オシムの涙」のDVDを購入して観る。 原題は「ユーゴス

記事を読む

no image

急性イラン中毒?

イランより帰国した。 たった10日ばかりの短期旅行とは思えないほど、 濃密な旅だった。 ド

記事を読む

Comment

  1. KoH より:

    ソマリ本楽しみです

    このソフト便利ですよ
    http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se178553.html

  2. DK より:

    高野さん、そのパスワード全部ワードに打ち込んでパソコンに保存するのではダメなんですか?盗まれて困るようなネットバンキングものとか以外は僕はそうしてますが。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 幻のアフリカ納豆を追え 高野秀行、新潮社 納豆で366頁!しかも面白い。単なる珍しい納豆の紹介ではなく、その地の食文化や歴史も考察する。前作「謎のアジア納豆」のほうが科学的?と思っていたら「納豆菌ワールドカップ」から、つるまめ納豆で縄文… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 旅人として尊敬する高野秀行さんの著書読了。素晴らしい内容!徹底した現場主義は勉強になります。 個人的には、納豆の世界とかつて調べたゴマの世界に関係性を感じゾクゾクしてきました。今度南米に行ったら・・・ ちなみに私は納豆NGです。笑 http… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 高野秀行『幻のアフリカ納豆を追え!』面白かった。 前作『謎のアジア納豆』のほうが読んでいて面白かったかなと思ったけど、アフリカフィールドワークの描写の面白さ、紹介される納豆の多彩さなど実に面白い。最後に開陳されるサピエンス納豆仮説の壮大さも素晴らしい。 ht… ReplyRetweetFavorite
    • 健ちゃんは幼なじみだから容赦ない。しょっちゅう、「秀ちゃんはほんとにダメだな!」とよく叱られている。ゲストで登場したら、またダメ出しの嵐を食いそう…。ヤバいことを言われなきゃいいが…。 https://t.co/GjMZORwe3K ReplyRetweetFavorite
    • 「健ちゃん」は私の幼なじみ。技術者として味の素株式会社に入社、ナイジェリアに商品開発担当として赴任した。彼が目をつけたのはアフリカ納豆(?)の「ダワダワ」。私は彼に呼ばれてナイジェリアへ飛び、40年ぶりに再会してしまった…。「20… https://t.co/qTcqnDtiOn ReplyRetweetFavorite
    • 自分の本は抜きにしても、紀伊國屋新宿店はいい。2Fにちゃんと「ノンフィクション」の棚があり、しかも国内・海外両方が収められている。社会問題・旅・各国事情に収まらない「ノンフィクション」としか言えない本がたくさんあるのだから。個人的… https://t.co/ZX1myE9Anw ReplyRetweetFavorite
    • 半年ぶりぐらいに紀伊國屋書店新宿本店に行ったら、『幻のアフリカ納豆を追え!』が巨大に展開されていて驚いた。こんな時代が来るとは…。いや、ありがたいことです。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年9月
    « 3月    
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930  
PAGE TOP ↑