*

交通事故は危険

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

ナイロビ在住のフリーのカメラマン、中野智明さんと約10年ぶりに会い、
エチオピアの話をきく。
アフリカのことは日本人でこの人より詳しい人はいないという人なので
聞けば、たいていのことは答えてくれる。
また現地の優秀な知り合いを紹介していただき、
これでほぼ出発前の準備としては万全だ。
毎度のことながら、すべて他人任せのパワー炸裂である。
知らなかったが、中野さんは3年前、コートジボアールで黒柳徹子のツアーに同行取材中、
交通事故にあい、左側の骨盤が粉々に砕けてしまったという。
チャーター機でパリに輸送され、手術、入院、
さらに日本でも入院とリハビリの結果、やっと最近本格的に仕事に復帰してきたそうだが
今でも杖をたずさえている。
中野さんは紛争地や、治安のわるいところにしょっちゅう行っているが、
それで怪我を負ったことはない。
やっぱりいちばん危険なのは交通事故なのである。

関連記事

no image

ビンゴ大会で優勝

火曜、水曜と一泊二日で千葉の海辺へ両親と弟一家の総勢9名で出かけた。 一族旅行など初めてのことだっ

記事を読む

no image

イトコの息子と探検部の後輩

盲目のスーダン人・アブディンの親しい友だちで 外語大のアラビア語学科在籍中にスーダンへ一年間留学した

記事を読む

no image

世界はまだまだ広く、日本人にもスゴイ人たちがいる

まずはお詫びから。 『謎の独立国家ソマリランド』で2ヵ所誤りが見つかった。 正確に言えば、知

記事を読む

15年前のドンガラさんと私

二十代の頃からずっとお世話になっている翻訳家の浅尾敦則さんからこんな写真が送られてきて仰天した。

記事を読む

no image

独裁者列伝

いわき市にいるとき、コンビニで『東日本大震災 レンズが震えた 世界のフォトグラファーの決定版写真集

記事を読む

no image

イスラム飲酒講演会

昨日は講演が2つ連チャンであった。 一つは午後、小田急線の鶴川にある和光大学。 主にフィリピンや在日

記事を読む

no image

ビルマロード完全走破!

。 (写真:ナガの吊り橋を渡るロケ隊のバイク)  40日にわたるミャンマー辺境のロケを終え、今日の昼

記事を読む

「Brutus」にて“辺境小説”を紹介

現在発売中の「Brutus」1.1/1.16合併号の特集は「夢中の小説」。 私も「小説の世界で見つ

記事を読む

no image

「旅行人」最終号

「旅行人」の最終号が届いた。 長く続いた旅の雑誌も165号で幕を閉じることになったらしい。 この最

記事を読む

no image

多忙につき

多忙である。 おそらく一般の人からすれば「まあ、ふつう」くらいだと思うが、 私のレベルでは「超多忙

記事を読む

Comment

  1. gadogado より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; BT Openworld Broadband; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    モーガン・ツァンギライもこの間交通事故で死にそうになってましたよね。しかもこんな大事な時期に。秘密警察の拷問にも耐え生き延びてきた彼なのに。特にアフリカのボコボコに道を夜運転するのは危険。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • これはどう考えても文庫解説の域を超えた「暴走」。黒田さんにちょっと申し訳ない。 https://t.co/k9DRWYfN0c ReplyRetweetFavorite
    • やんちゃな高井先生は20歳も年上である山岸先生の発言に「屁理屈来たーー(笑)」とか「もう完全に逃げてるとしか思えない」などと全盛期のモハメド・アリ並の挑発を交えながら打ち合いを挑み、山岸先生も真正面から受けて立っている。こんな格闘技みたいな科学本があったとは。 ReplyRetweetFavorite
    • 山岸明彦・高井研著『対論! 生命誕生の謎』(インターナショナル新書)を読了。これはめっちゃ面白かった。生命がどこでどのように生まれたのかという超根本的な問題について、異なった意見の二人が真っ向からぶつかり合う。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 【サイン本販売中】本の雑誌社WEBストアでは高野秀行さんや坪内祐三さん、平松洋子さんなどなど貴重なサイン本を販売しております。また本の雑誌社特製グッズや宮田珠己さんのオリジナルグッズも。もちろん本の雑誌最新号と大人気のおすすめ文庫王国202… ReplyRetweetFavorite
    • 図星だったでしょ。 https://t.co/t5eQSgxKKf ReplyRetweetFavorite
    • 「本の雑誌」1月号が届いていた。恒例の2019年の総合&ジャンル別ベストテン。ランクインしたほとんどの本が未読であるのも驚きだが、中には買ったまま未読の本もあって二度びっくり。 ReplyRetweetFavorite
    • そして何とも嬉しいことにSWAは来年から本格始動するという。これほどの人気者&実力者が4人もよくぞ。来年はよい年になりそうだ。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年12月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑