*

交通事故は危険

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

ナイロビ在住のフリーのカメラマン、中野智明さんと約10年ぶりに会い、
エチオピアの話をきく。
アフリカのことは日本人でこの人より詳しい人はいないという人なので
聞けば、たいていのことは答えてくれる。
また現地の優秀な知り合いを紹介していただき、
これでほぼ出発前の準備としては万全だ。
毎度のことながら、すべて他人任せのパワー炸裂である。
知らなかったが、中野さんは3年前、コートジボアールで黒柳徹子のツアーに同行取材中、
交通事故にあい、左側の骨盤が粉々に砕けてしまったという。
チャーター機でパリに輸送され、手術、入院、
さらに日本でも入院とリハビリの結果、やっと最近本格的に仕事に復帰してきたそうだが
今でも杖をたずさえている。
中野さんは紛争地や、治安のわるいところにしょっちゅう行っているが、
それで怪我を負ったことはない。
やっぱりいちばん危険なのは交通事故なのである。

関連記事

no image

炎のドトール執筆日誌

「もうダメだ!」と叫んで家を出たのが去年の夏だった。 原因はインターネット。 常時接続なので、原稿を

記事を読む

no image

写真家・後藤修身の撮ったパキスタン北部辺境

先日、パキスタン北部のフンザ周辺の話を書いたら、反響が大きくてちょっと驚いた。 コメントの他にもメ

記事を読む

no image

大家のおばちゃんには誰も勝てない

日曜日、「野々村荘」の大家のおばちゃん宅で宴会をした。 久しぶりに会うおばちゃんは齢83という高齢で

記事を読む

no image

テレビ川柳師・ナンシー関の秀逸な評伝

読書運というものがあって、読んでも読んでも面白い本に当たらないときもあれば、手にする本がことごとく面

記事を読む

no image

愛と追憶の帰国

別にタイトルに深い意味はない。いつものように普通に帰国しただけである。 といっても、今回の旅は

記事を読む

no image

『アジア新聞屋台村』続編?

以前、アジア各国の新聞を発行しているエイジアンという不思議な新聞社で働いていたことがあり、その顛末を

記事を読む

no image

鍵は辺境にある!らしい

すごい本が出たものである。 内田樹『日本辺境論』(新潮新書)。 「日本人とは何ものか? 鍵は『辺境

記事を読む

帰国。今回の無念について

昨夜、ソマリランド取材から帰国した。 今回の取材の目的は2つ。 一つは5月から連載を開始

記事を読む

no image

羨ましい病

ニューギニア、アマゾン、ナイル、モンゴル、タイ、カンボジア…と世界中の辺境に単身で飛び回って、巨大

記事を読む

no image

ムスリム力士のことを考えて仕事が手に着かない

ツイッターでもちょっと書いたけど、大嶽部屋に入門したエジプト人力士アブディラーマン(アブディラフマン

記事を読む

Comment

  1. gadogado より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; BT Openworld Broadband; .NET CLR 1.1.4322; .NET CLR 2.0.50727)
    モーガン・ツァンギライもこの間交通事故で死にそうになってましたよね。しかもこんな大事な時期に。秘密警察の拷問にも耐え生き延びてきた彼なのに。特にアフリカのボコボコに道を夜運転するのは危険。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年11月
    « 3月    
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  
PAGE TOP ↑