*

『怪獣記』本日発売

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

本日、『怪獣記』(講談社文庫)発売。
見所は森清の単行本未収録(もしくは単行本時にはモノクロだった)写真。
単行本ではとことん「青」だったが、今回は「青」と「赤」。
表紙とコントラストをなして、実に美しい。
ワンの朝飯は今写真を見ても最高である。
あれを超える朝飯はないんじゃないか。
あとは宮田珠己部長による解説だろう。
まあ、実にてきとうな書きっぷりで、構成も何も考えてない。
椎名誠『波切り草』(集英社文庫)のきちんとした文芸評論のような解説とあまりにちがい、
同じ人が書いたのかと疑うほどだが、
そのてきとうさがかつてのアホ全盛期のタマキング節全開で笑える。
      ☆       ☆         ☆
ドイツの北極グマのドキュメンタリー「クヌート」を見る。
なんか、アイドルのイメージビデオみたいで、何も面白くなかった。
これなら、日本の白くまピースのドキュメンタリー番組のほうがはるかに上だ。
ドイツでは、北極グマを人間の手で育てるのは動物愛護法に反するから安楽死させよという
新聞社説があったと「クヌート」の中で紹介されていた。
そっちの方がよほど興味深い。
どこか日本のテレビ局でやってくれないものか。

関連記事

no image

泣けるような話

今週、出演するJ=WAVEの番組の打合せで、 構成作家の人に「何か外国でちょっと泣けるようないい話は

記事を読む

no image

大人の遠足・国内篇

こんな時期に国会に行ってきた。 正確には衆院議員会館。 「日本西サハラ友好議員連盟」設立総会というの

記事を読む

no image

雲南のツヨカワ花嫁

カゼをひいていたが、雪が降り始めたのでついプールに行ってしまう。 案の定、泳いでいる人はほとんどいな

記事を読む

no image

イスラム二日酔い紀行

昨日は扶桑社に用事があって浜松町へ。 数年ぶりにブックストア談に行って、「イスラム飲酒紀行」を探す。

記事を読む

no image

ミャンマーで上映会

業務連絡を兼ねての報告だが、 2月11日(月)から17日(日)まで、ミャンマーへ行くことになった。

記事を読む

no image

発売が悲しい

まる一日かけて、『世界のシワに夢を見ろ!』(小学館文庫で1月8日発売予定)の 校正と、「文庫あとがき

記事を読む

no image

中国40年の狂気

また外出。 町のあちこちで運動会の練習をしている。 「フレー、フレー、赤組!」なんて今でも言ってる

記事を読む

no image

ミステリ・ノンフィクションの傑作『龍馬史』

ちょっと前まで「学者」というのは圧倒的に年上の先生ばかりだった。 だが今は本のプロフィールを見

記事を読む

no image

サハラから八王子へ

やっとサハラマラソンの原稿が終わった。 どういう形になるかわからないが、本の雑誌の杉江さんに渡してお

記事を読む

no image

笑えるノンフィクション・旅行記を教えてほしい

ちょっと前に、これから写真に力を入れると書いたが、 パソコンの使い方に悪戦苦闘しているうちに原稿に

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2022年1月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑