*

「 辺境コトバ道 」 一覧

旅の川柳「たびせん」2

2004/12/13 | 辺境コトバ道

 旅の川柳、略して「たびせん」のコーナー、毎週日曜に開催ですが、ちょっとずれて月曜日、これから一週間仕事だ!というときになってしまいました。  一般募集したところ、なんと7人の方から、計47句が寄せら

続きを見る

旅の川柳「たびせん」

2004/12/05 | 辺境コトバ道

 最近は川柳ブームらしい。  いろいろなジャンルの川柳(たとえば「ゴルフ川柳」とか)が出ているようだが、まだ旅の川柳というのは出現してないようだ。  そこで、また思いつきの企画だが、旅の川柳を「たびせ

続きを見る

無言のセリフの謎

2004/11/26 | 辺境コトバ道

 久しぶりに吉川英治「三国志」を読み始めた。  最初に読んだのが中学生のとき、2回目が10年前大連に滞在していたとき、そして今回が3回目となる。  いかにも大時代的なコテコテの芝居調だが、それはいいと

続きを見る

アラブで「アラファト死去」と言っても通じない?

2004/11/11 | 辺境コトバ道

 アラファト議長が死亡した。 「不死身の男」と言われ、乗っていた飛行機がサハラに落ちたときも無傷で助かったこともあったが、今度ばかりはほんとうに死んでしまった。    アラファトはアラブ世界では「ヤセ

続きを見る

サッカーの超オタク的楽しみ

2004/11/08 | 辺境コトバ道

 スポーツ誌「Number」の中吊り広告を見ていたら、サッカー特集で、ロナウジーニョとおぼしき選手の顔がアップで映っていた。  私はサッカーはよく知らないし、あんまり興味もないのだが、「選手の名前」に

続きを見る

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 仕事過多の何がよくないかと言えば、インプットが減って発想力や好奇心、心身の鍛練など、仕事に必要な力がやせ衰えていくことだ。といっても、私の場合、アルコールをインプットしすぎているのも事実。これ、もっとダメだな。 ReplyRetweetFavorite
    • 来年の課題は極力、仕事と飲み会を極力減らし、読書や映画の時間を増やすこと。まあ、毎年言っていることだけど。 ReplyRetweetFavorite
    • 近頃は本屋をうろつく時間もなく、買ってもなかなか読む時間がないから、仕事に無関係な本はどんどん読まなくなっている。こんなことでは自分の首を絞めるだけだよなあ。 ReplyRetweetFavorite
    • 一カ月ぶりかそれ以上かわからないけど、とにかく久しぶりに駅前書店以外の本屋へ行き、本をドカンと4冊買った。本の雑誌年間ベスト特集で紹介されていたやつ。 ReplyRetweetFavorite
    • これからクストリッツァの新作を観るところ。 ReplyRetweetFavorite
    • アンドレ・ザ・ジャイアントパンダ、動画で見ると確かに面白い……。とにかくでかい! それにどういう作りになってるのかわからない。「熊猫山脈」というキャッチフレーズにも笑った。 ReplyRetweetFavorite
    • 朝飯を食ってたら妻が「アンドレ・ザ・ジャイアントパンダって知ってる?」といきなり言いだし、「あれは凄い!」「実物を見たい」とか熱く語って止まらない。プロレスなんて全く興味なかったのに、一体どうしたのか。 ReplyRetweetFavorite
  • 2017年12月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑