*

ジプシーのヒンディー語

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

旧ユーゴのエミール・クストリッツァ監督「白猫・黒猫」をDVDで観た。
セルビア付近とおぼしき土地に住むジプシーのギャングや不良どもの
てんやわんやの騒動を描いたラブコメである。
「ジプシー」という言葉は「エジプト」に由来し、今は差別用語だとして
使わない流れにある。
(最も、ジプシー・キングズとかジプシー・ブラス、ジプシー・ダンスなど
当の本人たちが自称することはよくある。こっちの方がわかりやすいからだろう)
ともあれ、映画を観ていて「おっ!」と思ったのは言葉。
主人公がロシア人の密輸業者から石油を買い付けるが、ドラム缶を空けたら水だった。
そこで彼は「パーニー!」と叫ぶ。
パーニーとはヒンディー語で水のことだ。
さらに、ロシア人に騙されて背負った借金を返すために、今度は石油を満載した列車車両を盗もうとくわだてる。
夜、線路沿いに潜んで、通る列車の車両を「1,2,3…」と数えていくのだが、
「エーグ、ドー、ティーン、チャール…」とこれまたヒンディー語。
5まではヒンディー語と全く同じで、6と7はちがう音だった。
アンガス・フレーザー「ジプシー」(平凡社)という本で、
ジプシー(自称は「ロマ」「ロム」「ロマニ」)はインド北西部が起源で
言葉もサンスクリット語から派生したものと読んで知ってはいたが、
こんなにもヒンディー語とぴったり一致するとは思わなかった。
言語オタクの私としては感動モノだった。
ただ一つ疑問が。
この映画はセルビア語映画のはずだ。
ジプシーの言葉が入り交じってセルビア人はわかるのだろうか。
元はセルビア語による字幕がついていたのだろうか。
それとも日本人が中国語の「イー、アル、サン、スー…」や「ニイハオ」くらい何となく知っているように、
この程度のジプシー語(ロマニ語)は何となくわかるのだろうか。

関連記事

no image

ディアスポラ

エンタメ・ノンフ作家は彷徨うことが宿命づけられている。 本人もそうだが、著書はもっと。 書店に棚がな

記事を読む

no image

犬と辺境旅をしてみたい

最近頭がぼやあっとして、ここに書いたかどうかも憶えていないのだが、 7月1日に行う旅の本屋のまどでの

記事を読む

no image

映像をだらだら見れた!

久しぶりに会った年長の友人の勧めでtwitterを半年ぶりに再開した。 ブログとの棲み分けができるの

記事を読む

no image

佐藤圭作監督『人間椅子』

私の学生時代からの数少ない探検部以外の友人である佐藤圭作が、 今度、商業映画監督としてデビューする

記事を読む

no image

5分で振り返る今年の出来事

大晦日なので今年を5分だけ振り返ってみた。 今年よかったこと。 ・『辺境の旅はゾウにかぎる』を刊行で

記事を読む

no image

ランニング復活記念に立ち会う

月曜日の晩、チェンマイ門の近くにある日本人ゲストハウスの庭先で開催されたライブを見に行った。

記事を読む

講談社ノンフィクション賞を受賞しました

今日、タイの時間で3時過ぎ、チェンマイ大学の裏門前(通称「ランモー」)を通過中に驟雨にあい、 移動

記事を読む

no image

だいたい四国八十八カ所

宮田珠己部長より久しぶりに電話がかかってきたので、 『だいたい四国八十八カ所』(本の雑誌社)が面白

記事を読む

no image

旅いろいろ

私が最近寄稿した雑誌が2冊、ほぼ同時に送られてきた。 どちらも旅の本で、一冊は「バックパッカーズ読本

記事を読む

2015年読んだ本ベストテン<ノンフィクション>

今年はブログをほとんど書かなかった。 というか、最近はブログがあったことすら忘れていた。 とても

記事を読む

Comment

  1. nil より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; rv:12.0) Gecko/20100101 Firefox/12.0
    黒猫・白猫は封切り時にボスニアで見ましたが、セルビア語で字幕ついてましたよ!日本語字幕がなかったのが残念でしたが・・

  2. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; WOW64) AppleWebKit/535.19 (KHTML, like Gecko) Chrome/18.0.1025.162 Safari/535.19
    セルビア語で字幕付き?!
    全篇に字幕ですか、それとも一部にですか?
    それにしてもあれを封切り時にボスニアで見ている人が
    このブログの読者の中にいるとは…。
    すごいですねー。

  3. hu より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (compatible; MSIE 9.0; Windows NT 6.1; Trident/5.0; BOIE9;JAJPMSE)
    「インディアン」や「エスキモー」も自称として使っている人びとがいますよね。「由来がどうであれ我々はこの名前に誇りを持って使っている」って。
    それにしてもボスニアで見ていた人がいるなんてすごい。

  4. nil より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; rv:12.0) Gecko/20100101 Firefox/12.0
    >> 全篇に字幕ですか、それとも一部にですか?
    ロマ語の部分(とはいっても主要キャラはロマ人ばっかりなのですが)だけだったような気がします。
    そうそう、UMAではないのですがピラミッド騒動には興味ありませんか?
    http://en.wikipedia.org/wiki/Bosnian_pyramids

  5. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; WOW64) AppleWebKit/535.19 (KHTML, like Gecko) Chrome/18.0.1025.162 Safari/535.19
    wikiを見る限り、科学的には全面否定されてるみたいですね。
    ピラミッドみたいな古代遺跡はたとえ興味を持っても
    自分では発掘も調査もできないですからねえ。
    それなら未知の遺跡を「発見」するという方がやりたい。
    あと、気になるのはソマリランド北部のピラミッドですね。
    ほとんど調査されてないようです。
    伝説もすごいし…。
    詳しくは連載をお楽しみに!

  6. nil より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows NT 6.0; rv:12.0) Gecko/20100101 Firefox/12.0
    おお、ソマリランドにピラミッドがあるとは!
    在スウェーデン大使館に記述があるのもすばらしいですね!
    http://www.somalilandembassy.se/tourist_information_tourism.html
    ソマリランドの連絡おもしろいです。普通の人はラピュタというキーワードからソマリランドに関心を持ち始めるのでしょうが、私は高野さんの連載を読んでいたらラピュタを見たくなりました(笑)

  7. Valerie より:

    These blisters average, there is no evidence to support the view
    that low dose exposure to these treatments causes significant harm.
    Compare to 500 rash blisters that can ooze and cause itching.
    If your baby develops a skin rash. Baths do not spread gallstone flush recipe.
    Each year 80, 000 people were hospitalized for gallstone flush
    recipe, medical experts say it may not provide
    such protection. A study of more than 170, 000 children.

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 昨日取材で南アルプス市ふるさと文化伝承館に行った。何の予備知識もなかったので、「人体文様付有孔鍔付土器」なんてものがあり、「なんじゃこりゃ⁉︎」と驚く。私の好きなアフリカのアートにすごく近いものを感じる。 https://t.co/zNCJc0hdFR ReplyRetweetFavorite
    • RT : ゲストは「Gダイアリー」デスクの室橋裕和さん、Gダイで連載していた(イスラム飲酒紀行ほか)高野秀行さん、Gダイ編集部に入りたかった丸山ゴンザレスさん、Gダイ外部編集で「駐妻カナ」などを担当した西野風代さんです。 1月31日(金)、阿佐ヶ… ReplyRetweetFavorite
    • いい時代だ! ReplyRetweetFavorite
    • それにしても、ソン・ガンホは黙って座っていて息をしているだけで面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ主演の『パラサイト 半地下の家族』を渋谷の東宝で観た。スクリーンがすごくでかいのに、まちがって前から四列目の席をとってしまったため、「観た」というより「現場に居合わせた」感じ。いや、すごい体験だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 子だくさんの「やもめのジョナサン」夫婦が子供をぞろぞろ連れてハネムーンに行く場面と、情けない警官のなべおさみが泥まみれ涙まみれになる場面がいい。展開が早くて笑いあり涙ありでなんだかジャッキー・チェンの映画みたいだった。 ReplyRetweetFavorite
    • 映画好きの友人に強く勧められ、生まれて初めて「トラック野郎を観てしまった。第2作の爆走一番星。始まっていきなり主役の菅原文太がトルコ風呂の裸の女の子たちと酒盛りをしているシーンで度肝を抜かれる。でもあまりにあっけらかんとして、全然エロくないんだが。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年1月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑