*

マーラー交響曲第2番「復活」を歌う

公開日: : 最終更新日:2012/05/25 ただいま外出中

 月末、長野の実家へ戻り、ある演奏会に参加した。
 高校のブラスバンドで一緒だったメンバーが多く在籍する、市民吹奏楽団の定期演奏会だった。
 全3部で構成されたステージのうち、最後を「追悼演奏」と題し、今年の8月になくなった竹上さんへの献奏にあてるということで、団員以外の有志も幅広く募集したのだ。

 吹奏楽でマーラー。
 しかも、合唱入り。
 マーラーという作曲家は今から30年近く前、クラシック音楽界でブームになったが、重厚で壮大、トランペット、ホルン、トロンボーンなどが「これでもかー!」というくらい活躍するため、“お祭り大好き”な金管楽器奏者には愛好者が多い。
 しかし、一方で映画「ベニスに死す」で使われた、交響曲第5番の4楽章のように、美しく物悲しい弦楽器のアダージョも書いている。
 躁鬱気味であったらしく、昂揚感に満ちあふれた展開と、地の底まで堕ちていきそうな暗澹たるメロディーが、一つの曲の中でせめぎ合い、調和しているのは、彼の心の内面を覗くようで興味深い。
 ところで、どうして合唱で参加したのか。
 ラッパは難しい!というのは当然として・・・
 高校時代、顧問が吹奏楽部と合唱部とを兼任していたこともあり、
 吹奏楽部の過剰人員は、合唱要員として合唱部に回されていたのである。
 毎日コンクールだったかなんだったかで、名古屋の方に合唱部として参加したこともあった。
 当時の吹奏楽部はいいとこ東海大会(県大会の次のクラス。東海大会を通過すると全国大会)どまりであったが、合唱部はNHK合唱コンクールで長野県代表としてテレビに映るような強豪部だった。
 年に一回、両部が合同でジョイントコンサートと題した演奏会を開いており、最後のトリに、オルフの「カルミナ・ブラーナ」や、オペラなんかを“吹奏楽と合唱”のセットで披露していた。
 そんなことで、吹奏楽部は夏のコンクールが終わると、余った面々がごく自然な流れで合唱部に合流し、楽器を歌に持ち替え(?)ていたのだ。
 「復活」は、そのジョイントコンサートの最後の曲として演奏した(と思う)。
 すでにどのパートで何をやったのか(ひょっとしたらトランペット?)さっぱり覚えていなかったが、ラストに向けて登り詰める高まりと達成感は、15年以上時が経過してもいささかも色あせていなかった。
 通し稽古で横になったテノールの方が達人だったので、こりゃ負けらんねー!と声帯つぶす勢いで熱唱したが、その人の100歩ぐらい後ろを蛇行していたと思われる。
 その彼に打ちあげで声をかけていただいたら、地元で『第九』をやるときのソリストだった・・・。
 危ねー。

PR

関連記事

no image

AISA(アイザ)、社名の由来

 最近、新しい得意先だけでなく、長い付き合いの人からも、 「AISAってどういう意味なんですか?」

記事を読む

no image

あと12キロ

こんにちは、もはや食べることと温泉だけが楽しみの小林です。 現在、札幌の東8キロ位にいます。 今日

記事を読む

no image

多摩川その他

 金曜日、仕事終わりに22時頃から後輩と飲み始めたところ、なぜかその後2人増えて家で大宴会になってし

記事を読む

no image

これは便利だ!〜EZナビ

おはようございます。旅が始まり、8時半就寝・3時半起床の超朝方人間になった小林です。 今回の旅も今

記事を読む

no image

ブルートレインで大分へ

 先々週、息子の顔を見るのと、別件の取材を兼ねて大分へ行く。  そろそろ飛行機の大分入りも飽きてきた

記事を読む

no image

到着!

午後3時、美唄市の峰延に到着しました!

記事を読む

no image

彼岸へ旅立った花嫁

 ピンと伸ばした背筋に、涼しげな笑顔。  どことなく憂いを帯びた佇まいは、  まだ子ども臭い大多数の

記事を読む

no image

ニセコ出発

朝7時45分羽田発の飛行機に乗り函館駅から電車に揺られろこと2時間半、ニセコ駅に到着。 今から歩き

記事を読む

no image

会社近景

  いつもと違う道を辿って出社したところ、思いがけず綺麗な景色に遭遇。会社に着くとすぐにカメラを持っ

記事を読む

no image

お父さんになりました。

 くだんの“ケータイ海どぼん事件”のおかげで、一部の方々にメールや電話ができずにいたが、去る8月12

記事を読む

PR

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PR

2020年1月21日(火)@赤羽/新宿二丁目ママ歴27年、涼ママの歌とトークと焼肉ホルモンde笑ってナイト、大盛況でした。

 久しぶりのイベント復帰、どんなことになるだろう……と思いつつ、フタ

2020年1月21日(火)@赤羽/新宿二丁目ママ歴27年、涼ママの歌とトークと焼肉ホルモンde笑ってナイトをプロデュースします。

 あっという間に2019年が過ぎ去り、2020年入り。 明けましてお

小林家と居倉家の対面について書かれた福島民友新聞社の記事。
小林家のファミリーヒストリー 〜信州から会津に行ったご先祖様〜

NHKに「ファミリーヒストリー」という人気番組がある。 毎回、ひ

出版不況の中、デジタルオンデマンド印刷の登場は、業界をどう変えるのか?
出版不況の中、デジタルオンデマンド印刷の普及で出版界はどう変わる?

このところ、本の雑誌社の杉江さんと「おとなの社会科見学」が続いている。

レンガ状に配置された「Project」。今回、会社のサービスを紹介する場所に使いました。
WPテーマ「Perth」の設定で困ったこと③プロジェクトが表示されない!

先日、会社のホームページをリニューアルしました。Wordpressの「

→もっと見る

  • 2022年1月
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑