*

著作紹介<1>「幻獣ムベンベを追え」

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 著作紹介

『幻獣ムベンベを追え』集英社文庫、2003)
(単行本『幻の怪獣ムベンベを追え』早稲田大学探検部著、PHP研究所、1989)
 太古の昔からコンゴ奥地の湖に棲息するという謎の怪獣・モケーレ・ムベンベ発見を賭け、赤道直下の密林に挑んだ早稲田大学探検部11人の勇猛果敢、荒唐無稽、前途多難なジャングル・サバイバル78日。「買ってね、読んでね。…今の世の中には絶対に、こういう本が必要なんです」(解説)子供の心を忘れないあなたに贈る、痛快ノンフィクション。(解説:宮部みゆき)
<著者から一言>
 私のデビュー作。というか、これを書いてしまったがために、なし崩し的に辺境ライターとなった。
 来年、漫画化(!)される可能性あり。
<書評など>
「痛快な冒険ノンフィクション。…結果的にはかなり悲惨な探検行だったようだが、その惨状を筆者の隊長・高野秀行氏は巧みな文章力でカバーしている。人物のとらえかたにしろキャンプでの出来事の描き方にしろ、緩急自在でなかなかどうして読ませます」
(香山二三郎『本の雑誌』1989年3月)
「我われは世界の輪郭をつかんだ気でいるが、実はつかんでいない。探検とはそれを明かすものだ。この報告は、その細部を語って飽きさせない」
(倉本四郎『週刊ポスト』1989年3月)
「おい、おまえら、正月でお年玉もってるだろ。この本、買え! 面白くなかったら、おれを殴ってもいい!」
(大槻ケンヂ「オールナイト・ニッポン」で絶叫、1989年1月)
「戦時体験のような冒険記が、単なる蛮勇の羅列に終わっていない所も本書の魅力。…肝心のムベンベはどうした?などと訊ねるのが蛮行に思えるような、読み応えのある探検記だ」(『週刊文春』1989年3月)
「若さゆえの無鉄砲さ、がむしゃらさがまぶしいくらいきらめいている。読後に元気が出る一冊だ」(吉田伸子、『朝日新聞』2004年7月11日)

関連記事

no image

『極楽タイ暮らし』

『極楽タイ暮らし』(ベストセラーズ、2000年) タイに暮らして初めてわかった「微笑みの国」の人々

記事を読む

no image

著作紹介<2>巨流アマゾンを遡れ

『巨流アマゾンを遡れ』集英社文庫、2003年 (単行本『アマゾンの船旅』ダイヤモンド社、1991年)

記事を読む

no image

ビルマ・アヘン王国潜入記

著作紹介<5> 『ビルマ・アヘン王国潜入記』(草思社、1998)  世界最大のアヘン生産地にして、

記事を読む

no image

『異国トーキョー漂流記』

『異国トーキョー漂流記』(集英社文庫) 発売!! 「私」には様々な国籍のユニークな外国人の友だちがい

記事を読む

no image

著作紹介<3>ワセダ三畳青春記

著作紹介<3> 『ワセダ三畳青春記』集英社文庫、2003  三畳一間、家賃1万2千円。ワセダのぼろア

記事を読む

no image

著作紹介<4>「西南シルクロードは密林に消える」

『西南シルクロードは密林に消える』講談社、2003  中国・成都からビルマ北部〜インド・カルカッタ

記事を読む

Comment

  1. NONO より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    早くマンガになって欲しいっス。
    マンガになった自分、見たいっス。
    アニメにもなったらいいな、っス。
    あの時、ムベンベ見つかってたら、
    「プロジェクトX]になってたのになあ〜
    惜しいっス。
    でも、どうなっても、やっぱりオレは
    モテナイっス。

  2. CROQUIS より:

    幻獣ムベンベを追え

    正月気分のほろ酔い状態でネットを辿っていて、ある人のブログにたどり着いた。読んでみると、適度な脱力感と交友の広さで日々の面白いエピソードが語られている。さすがプロのライターだなー、とすっかり気に入…

  3. Hann典子 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/125.5.6 (KHTML, like Gecko) Safari/125.12
    どんな本か全然知らずに 本を手に取り読んでびっくり
    異国トーキョー漂流記はたまげるほど面白かったです。
    特に結婚披露宴のスピーチは実は何度も読み返したほど
    感動してしまいました。いやー面白い!
    私は現在大分県 別府市に住むハンと申します。
    カナダ人と結婚してカナダでも珍しい名前になりました。
    数年前までバンクーバーに住んでたんですが
    仕事でこちらに帰ってきました。
    自分がだんだん典型的な日本人の視点からビミョーにズレてきてる
    事に気ずいてたんだけど 高野さんの描くトーキョーに住む
    勘違いした外国人に自分や旦那を見てしまいました。ハハ
    今 ミヤンマーに滞在してるみたいですが
    どうぞご無事で! 軍部に睨まれませんように
    明日高野さんの本を買って読みます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • ちょっと私の「間違う力」に似てるんですよねえ。 https://t.co/gjnkBOV8dZ ReplyRetweetFavorite
    • 『やってくる』についてツイートしたら、友だちから「あれ、意味がよくわからないけど面白いよな!」と連絡が来て、1時間以上も電話で喋ってしまいました。いろんな人のところにやってきてるみたいです笑 https://t.co/aQDAxRidt7 ReplyRetweetFavorite
    • 奥村さんやザイール人ミュージシャンの生き方や音楽は「やってくる」で言われていることに近いような気がしてならない。少なくとも同時並行で読んでもいっこうに違和感がなかった。 https://t.co/67hq52qI9Z ReplyRetweetFavorite
    • 正直言って著者が語ることは半分以上わからないのだが、それでも面白くてちょっと笑ってしまう感じは、かつてオートポイエーシスを読んだときの感覚に似ている。今生きている世界の前提を地面から丸ごとひっくり返しにかかるような感覚。 https://t.co/SnNzOfUfLs ReplyRetweetFavorite
    • もう一冊は郡司ペギオ幸夫著『やってくる』(シリーズ ケアをひらく 医学書院)。帯のあおり文句が強烈で「これを買わずして何を買う」という気持ちになって買ってしまったが、読んでみたら想像したものとは全然ちがったのにすごく面白かった。そもそも何を期待していたのかも忘れてしまった。 ReplyRetweetFavorite
    • 著者の奥村さんの行動原理には外部からの「こうあるべき」みたいな規範が一切ないのがたまらなく痛快。それに、アフリカでもっともハチャメチャ(てことは世界でも)なザイール(コンゴ)人の建前や時間感覚や自分と他人の区別など全てが溶解してい… https://t.co/JdvQPjdCFq ReplyRetweetFavorite
    • 同時並行して読んでいた本を立て続けに読み終えた。一つは奥村恵子著「ビバ・ラ・ムジカ」(マガジン・ファイブ)。心の命じるままに中南米、ニューヨークで音楽を始め、しまいにはパリのザイール(現コンゴ民主共和国)のリンガラ・ミュージック・バンドの一員となってしまった女性の破天荒な体験記。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年8月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31  
PAGE TOP ↑