*

著作紹介<1>「幻獣ムベンベを追え」

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 著作紹介

『幻獣ムベンベを追え』集英社文庫、2003)
(単行本『幻の怪獣ムベンベを追え』早稲田大学探検部著、PHP研究所、1989)
 太古の昔からコンゴ奥地の湖に棲息するという謎の怪獣・モケーレ・ムベンベ発見を賭け、赤道直下の密林に挑んだ早稲田大学探検部11人の勇猛果敢、荒唐無稽、前途多難なジャングル・サバイバル78日。「買ってね、読んでね。…今の世の中には絶対に、こういう本が必要なんです」(解説)子供の心を忘れないあなたに贈る、痛快ノンフィクション。(解説:宮部みゆき)
<著者から一言>
 私のデビュー作。というか、これを書いてしまったがために、なし崩し的に辺境ライターとなった。
 来年、漫画化(!)される可能性あり。
<書評など>
「痛快な冒険ノンフィクション。…結果的にはかなり悲惨な探検行だったようだが、その惨状を筆者の隊長・高野秀行氏は巧みな文章力でカバーしている。人物のとらえかたにしろキャンプでの出来事の描き方にしろ、緩急自在でなかなかどうして読ませます」
(香山二三郎『本の雑誌』1989年3月)
「我われは世界の輪郭をつかんだ気でいるが、実はつかんでいない。探検とはそれを明かすものだ。この報告は、その細部を語って飽きさせない」
(倉本四郎『週刊ポスト』1989年3月)
「おい、おまえら、正月でお年玉もってるだろ。この本、買え! 面白くなかったら、おれを殴ってもいい!」
(大槻ケンヂ「オールナイト・ニッポン」で絶叫、1989年1月)
「戦時体験のような冒険記が、単なる蛮勇の羅列に終わっていない所も本書の魅力。…肝心のムベンベはどうした?などと訊ねるのが蛮行に思えるような、読み応えのある探検記だ」(『週刊文春』1989年3月)
「若さゆえの無鉄砲さ、がむしゃらさがまぶしいくらいきらめいている。読後に元気が出る一冊だ」(吉田伸子、『朝日新聞』2004年7月11日)

関連記事

no image

ビルマ・アヘン王国潜入記

著作紹介<5> 『ビルマ・アヘン王国潜入記』(草思社、1998)  世界最大のアヘン生産地にして、

記事を読む

no image

『異国トーキョー漂流記』

『異国トーキョー漂流記』(集英社文庫) 発売!! 「私」には様々な国籍のユニークな外国人の友だちがい

記事を読む

no image

著作紹介<3>ワセダ三畳青春記

著作紹介<3> 『ワセダ三畳青春記』集英社文庫、2003  三畳一間、家賃1万2千円。ワセダのぼろア

記事を読む

no image

著作紹介<4>「西南シルクロードは密林に消える」

『西南シルクロードは密林に消える』講談社、2003  中国・成都からビルマ北部〜インド・カルカッタ

記事を読む

no image

著作紹介<2>巨流アマゾンを遡れ

『巨流アマゾンを遡れ』集英社文庫、2003年 (単行本『アマゾンの船旅』ダイヤモンド社、1991年)

記事を読む

no image

『極楽タイ暮らし』

『極楽タイ暮らし』(ベストセラーズ、2000年) タイに暮らして初めてわかった「微笑みの国」の人々

記事を読む

Comment

  1. NONO より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
    早くマンガになって欲しいっス。
    マンガになった自分、見たいっス。
    アニメにもなったらいいな、っス。
    あの時、ムベンベ見つかってたら、
    「プロジェクトX]になってたのになあ〜
    惜しいっス。
    でも、どうなっても、やっぱりオレは
    モテナイっス。

  2. CROQUIS より:

    幻獣ムベンベを追え

    正月気分のほろ酔い状態でネットを辿っていて、ある人のブログにたどり着いた。読んでみると、適度な脱力感と交友の広さで日々の面白いエピソードが語られている。さすがプロのライターだなー、とすっかり気に入…

  3. Hann典子 より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/125.5.6 (KHTML, like Gecko) Safari/125.12
    どんな本か全然知らずに 本を手に取り読んでびっくり
    異国トーキョー漂流記はたまげるほど面白かったです。
    特に結婚披露宴のスピーチは実は何度も読み返したほど
    感動してしまいました。いやー面白い!
    私は現在大分県 別府市に住むハンと申します。
    カナダ人と結婚してカナダでも珍しい名前になりました。
    数年前までバンクーバーに住んでたんですが
    仕事でこちらに帰ってきました。
    自分がだんだん典型的な日本人の視点からビミョーにズレてきてる
    事に気ずいてたんだけど 高野さんの描くトーキョーに住む
    勘違いした外国人に自分や旦那を見てしまいました。ハハ
    今 ミヤンマーに滞在してるみたいですが
    どうぞご無事で! 軍部に睨まれませんように
    明日高野さんの本を買って読みます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • まるで阪大が母校かと思うほど。ありがたいです。 https://t.co/T2DVMLsqlo ReplyRetweetFavorite
    • あまりにも長いブランクに「話が合うかな?」とも思っていたけど、想像以上に盛り上がってしまい、対談が終わってからも喫茶店に移動して、タイのこと、文化人類学のこと、共通の知り合いである研究者(たくさんいた)のことなど、二人で3時間近く喋り倒してしまった。 ReplyRetweetFavorite
    • 首都大学東京の研究広報誌「Miyacology」で綾部真雄副学長と対談。綾部さんはタイの山岳地帯をフィールドとする文化人類学者で、実はタイのチェンマイ時代にときどき一緒に飲んだり遊んだりしていた。それ以来会う機会がなく、今日が25年ぶり(推定)の再会だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 日曜日は京都精華大学、水曜日は大阪大学外国語学部でそれぞれ講演、今日はこれから首都大学東京と、なぜかわからないが今週は大学訪問ウィークになってしまった。というわけで、もろもろ業務や連絡が滞っていますという関係者のみなさんへのメッセージです。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : アフガニスタンで殺害された中村哲さん。あれほど現地で長年に渡って信頼されている人でさえ、こんな形で殺害されるとは……。亡くなったアフガン人の運転手や護衛の人達6人全員を追悼したい。日本では「日本人の死」ばかりが報道されるが、中村さんと共に活… ReplyRetweetFavorite
    • 最近ミステリを読んで満足する確率は二割五部くらいで、野球なら確実性に乏しい打者。スタメン起用がためらわれるが、ときどき凄いホームランが出るからやめられない。 ReplyRetweetFavorite
    • 大阪への道中、ベストセラーになっているミステリを読んだのだが、最後まで読んでも釈然とせず。ミステリは難しい。 ReplyRetweetFavorite
  • 2019年12月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑