*

『異国トーキョー漂流記』

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 著作紹介

『異国トーキョー漂流記』(集英社文庫) 発売!!
「私」には様々な国籍のユニークな外国人の友だちがいる。
日本に「自分探し」にやってきたフランス人。大連からやってきた回転寿司好きの中国人。故国を追われたイラク人etc…。
 彼らと彷徨う著者の眼に映る東京は、とてつもなく面白く、途方もなく寂しく、限りなく新鮮なガイコクだ。愉快でカルチャーショックに満ち、少しせつない8つの友情物語。
カバーイラスト&装丁:南伸坊、解説:蔵前仁一
<著者から一言>
 私の第9作。1年4ヵ月ぶりの新作です。
 帯の文句は「友だちは外国人。」…『ダーリンは外国人』のもろパクリですね。
 中身はもちろん、全然ちがうんだけど。
私が20歳から現在までに会った外国人の中からユニークな人たちを厳選。
 それぞれが独立した連作短編エッセイの形式ですが、『ムベンベを追え』『巨流アマゾンを遡れ』などの裏話として、あるいは『ワセダ三畳青春記』のB面として読むことも可能です。

関連記事

no image

『極楽タイ暮らし』

『極楽タイ暮らし』(ベストセラーズ、2000年) タイに暮らして初めてわかった「微笑みの国」の人々

記事を読む

no image

著作紹介<2>巨流アマゾンを遡れ

『巨流アマゾンを遡れ』集英社文庫、2003年 (単行本『アマゾンの船旅』ダイヤモンド社、1991年)

記事を読む

no image

著作紹介<3>ワセダ三畳青春記

著作紹介<3> 『ワセダ三畳青春記』集英社文庫、2003  三畳一間、家賃1万2千円。ワセダのぼろア

記事を読む

no image

著作紹介<1>「幻獣ムベンベを追え」

『幻獣ムベンベを追え』集英社文庫、2003) (単行本『幻の怪獣ムベンベを追え』早稲田大学探検部著、

記事を読む

no image

著作紹介<4>「西南シルクロードは密林に消える」

『西南シルクロードは密林に消える』講談社、2003  中国・成都からビルマ北部〜インド・カルカッタ

記事を読む

no image

ビルマ・アヘン王国潜入記

著作紹介<5> 『ビルマ・アヘン王国潜入記』(草思社、1998)  世界最大のアヘン生産地にして、

記事を読む

Comment

  1. のなか悟空 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    いまアマゾンで注文したよ。アマゾンでの注文を出版社はことのほか重視しているらしい。再販へのきっかけに一票を投じるよ。

  2. ほしな より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Macintosh; U; PPC Mac OS X; ja-jp) AppleWebKit/125.5.6 (KHTML, like Gecko) Safari/125.12
    有燐堂センター南店で1冊購入いたしました。今日はカミさんの誕生日です。こっちはだいぶ重版かかってますが。

  3. yuu2980 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98)
    「異国トーキョー漂流記」買いました。でも、今日は用事があって、ほんの少ししか読めてません(泣) 明日から通勤電車の中で読むつもりです。

  4. アサガオポン より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.01; Windows 98)
    はじめまして!高野さんの著作のファンです。文庫本を発売日当日に待ちに待って買うなんてほとんどありえません。「異国トーキョー漂流記」読みました。期待にたがわず、もーホントに良かった。ありきたりな感想ですみません。高野さんの本から勇気を貰ってます。こらからもがんばってください。そしてがんばれ、俺!

  5. わたつみ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja-JP; rv:1.7.5) Gecko/20041108 Firefox/1.0
    はじめまして。待ちに待った新刊、昨日購入して読みました。
    昨年12月に高野さんの本に出会ってから、あちこち書店をめぐって高野本を読みあさりました。
    「異国トーキョー漂流記」を読みながら、これはあの本のあの時かーなどとつい何週間か前に読んだ内容を思い出しながら楽しめました。
    ところで、表紙の絵と著者近影の高野さんの写真って似てません?

  6. nimura より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Mac_PowerPC)
    えー?高野さん最近お会いしていませんが
    こんな風(表紙)になっているんですか!?(笑)

  7. takano より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    みなさん、ご購読ありがとうございます!
    だけど、表紙の絵はイラク人です。私じゃないです。
    ヤンゴンのKさんに似てるかもしれないですが。

  8. nimura より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Mac_PowerPC)
    たしかにKさんに似てるかも。
    でも、この表紙すごくいいですねー。
    シンプルだけどそれだけに目を惹くデザインだと思います。
    南シンボウってちょっと違う作風でしたよね。
    シンドバッドも良かったけど、これは売れると思いますよ。

  9. のなか より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    ★ワシはこの短編をまだ4章までしか読み終えちゃおらんが、高野作品の中でも「ワセダ三畳」以上の完成度を見たね。特に1章と4章、あーっ!言葉で説明する知能と文章力がワシには無いが、1000万円をポン!とあげちゃいたいくらいすばらしい!あらゆる意味で完成度が高い作品だと思う。もうタマラン!賞賛の極みにある。これで6畳から一軒家かも?これアマゾンにも書こうっと!

  10. ゆうこ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0)
    ひさしぶりの新刊発売とっても楽しみにしてました。
    予想通りすごーく面白かったです。
    発売されてすぐ買ったのでもう読み終えてしまいました。
    楽しみが終わってしまって悲しい。。
    次の本心待ちにしてます。

  11. 二村 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Mac_PowerPC)
    昨日クアラルンプールの紀伊国屋書店に行きました。
    文庫本の新刊本コーナーで目を皿のようにして捜しましたが
    ありませんでした。
    展示してある集英社の『今月の新刊』は
    みな『1月の新刊』でしたのでさすがに少し遅れるみたいです。
    大分遅れて入るのかなー。
    日本の本社にはアマゾンで注文した分が届いた旨
    連絡がありましたが、今回はマレーシア滞在が15日ごろまでに
    なりそうなので、紀伊国屋詣でが続きそうです。

  12. 太郎 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
    これは売れるでしょう。
    今回こそは初版で終わることなく再販と行きましょう。
    ヤンゴンで高野秀行ファンに売ろうと思い本屋を回りましたが
    10冊、購入するのに3件も本屋を回る破目に。
    これってもしかしたら売れてると言う事なんでしょうか?
    コンゴの人の話はいい話ですね。
    ジーンと来ますね。
    本当に高野さんの作品に出てくる人には会いたくなるような人が多い。
    本当に高野さんの本を読めるだけでも生まれた甲斐があったと言うものです。
    次回の作品をお待ちしております

  13. 二村 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.0; Mac_PowerPC)
    クアラルンプールの紀伊国屋は
    私が日本に戻る2週間後に入荷だそうです。
    つまりまだ読んでいません(涙)

  14. 酔愁 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.1.4322)
     大変楽しく読ませていただきました。
     フランス人の女性の屈折が高野さんの意外とシビヤで醒めた目で表現されていたのは良かった。
     本当に初版作家なのですか。一般人なので限度はありますが、これからこの本を吹聴しまくるつもりです。

  15. marcy より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1)
    昨夜、読み終えました。
    「トーキョー・ドームの熱い夜」にチケットが役立っている!と我が家では
    異常な盛り上がりぶり。
    小1の次女はその内容を話して!話して!とせがむし
    小5の長女は明日から「異国トーキョー漂流記」を学校に持っていって
    朝の読書の時間に読むんだそうです。

  16. おざなり より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)
    ドンガラさんとの奈良の文中でお薦めのものがあります。
    講談社文庫/角岡伸彦著ISBN4-06-273791-4
    現在の状況をバランスの取れたレポを書いています。
    中一の息子共々怪しいシンドバットから高野大ファンで手に入りしだい著書を読んでいます。
    ただし、ワセダ三畳青春記等やばそうなものは息子には渡してません・・・
    次作を楽しみに待っています。

  17. おざなり より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705; .NET CLR 1.1.4322)
    連続投稿ですみません。
    前記の内容で東京での歴史が
    http://www.asahi-net.or.jp/~mg5s-hsgw/tkburaku/index.html
    で東京都がポスターまで作成している問題ってどこにあるんだろうと常々疑問だったことがこのサイトで解けました。

  18. chomoの日記 より:

    [読書]異国トーキョー漂流記(ISBN:4087477924)

    異国トーキョー漂流記(集英社文庫)高野秀行出版社 集英社発売日 2005.02.18価格  ¥ 540(¥ 514)ISBN  4087477924bk1で詳しく見る  ここのところ自分の中でブームが来ている高野秀行氏の最新刊。世界各地を探検して回っている高野氏だが本作の舞台は”トー…

  19. ガーコ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98; Win 9x 4.90; T312461)
    学生時代に住んでいた東京がこんなにも異国化していたなんて!
    続編がとっても楽しみです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 「本の雑誌」1月号が届いていた。恒例の2019年の総合&ジャンル別ベストテン。ランクインしたほとんどの本が未読であるのも驚きだが、中には買ったまま未読の本もあって二度びっくり。 ReplyRetweetFavorite
    • そして何とも嬉しいことにSWAは来年から本格始動するという。これほどの人気者&実力者が4人もよくぞ。来年はよい年になりそうだ。 ReplyRetweetFavorite
    • よみうりホールにて8年ぶりのSWAを堪能。期待通り、面白かった。出色はトップバッターの喬太郎さんか。心に闇を抱えたOLがマジで怖かった。 ReplyRetweetFavorite
    • 年明けにこんなイベントをやります。 https://t.co/QugDcyKPiH ReplyRetweetFavorite
    • 今やこのうちの一人の独演会でもチケットがなかなか入手できないのに、四人が集まって新作をやってたんだから、おそろしく贅沢なことだった。亡くなってしまったS社の担当編集者Rさんと2,3回一緒にSWAを観に行ったことを懐かしく思い出す。 ReplyRetweetFavorite
    • 春風亭昇太、柳家喬太郎、三遊亭白鳥、林家彦いちの各師匠が全員でオリジナルの噺を作って話すという伝説のグループ「SWA」が今、一時的に復活している。それで十年前に購入した「SWAのDVD ブレンドストーリー『願い』」を久しぶりに観たが、やっぱり奇跡的な完成度の高さ。 ReplyRetweetFavorite
    • 今読んだけど、とても面白かった。扉を開くと自由で明るい未来が待っていたというような有緒ワールドを堪能。 https://t.co/qAC7OZuflw ReplyRetweetFavorite
  • 2019年12月
    « 3月    
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031  
PAGE TOP ↑