*

ビルマ・アヘン王国潜入記

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 著作紹介


著作紹介<5>
『ビルマ・アヘン王国潜入記』(草思社、1998)

 世界最大のアヘン生産地にして、反政府ゲリラの支配区、ワ州。
 東南アジア民族抗争の発火点の実態を初めて明らかにした迫真の記録!
<著者から一言>
 私の第4作。タイ・ビルマ・ラオス国境の「ゴールデン・トライアングル」は有名だが、その核心部「ワ州」に外国人として初めて長期滞在に成功。
 私の本では、最も正統的なノンフィクションであり、世界的にも評価されている。
 とはいうものの、村に住み込んで村人と一緒にケシ栽培を行い、あげくの果てには、自らアヘン中毒になってしまうというお笑い満載の展開は、いつもの「高野本」と同じである。
☆1998年度、講談社ノンフィクション賞候補作。
☆書評
「注目に値する、文字通りのスクープ」
−−ジャパン・タイムズ 2002年3月9日
「旅行記としても、社会政治学的資料としても、あるいは単に面白い読み物としても、この本は、超オススメである」
−−デイリー・ヨミウリ 2002年7月21日
「高野氏の文章は力強い。…とても楽しめる本だ」
−−I-Sマガジン(シンガポール) 2002年3月15日
「ユニークで読者を虜にする本だ」
−−アンドリュウ・マーシャル(米「タイム」誌・特約ライター)
「おい、高野、どうしてこの本、大宅賞を取らなかったんだ?」
−−船戸与一(作家)
「高野氏によるワ州の人々についての記述はただならぬものがある。…本書は、ゴールデン・トライアングルでのアヘン交易を理解するための学習ツールになる」
−−カリフォルニア麻薬管理協会
「本書を読めば、著者が軍の支配下で誰がどのように行動しているのかを描き出していること、またケシ栽培者、その売買に携わる者、麻薬中毒者の日常生活を身近に感じていることが読みとれるであろう。
 首狩りの時代から共産党ヘ、そして現在の麻薬・民族問題の恐ろしさと理解の不足から生じてくる問題の諸相が生き生きと描かれている」
−−月刊「トゥーリヤ・ジャーナル」 (オーストラリア・シドニーで刊行されているビルマ語雑誌)

関連記事

no image

著作紹介<1>「幻獣ムベンベを追え」

『幻獣ムベンベを追え』集英社文庫、2003) (単行本『幻の怪獣ムベンベを追え』早稲田大学探検部著、

記事を読む

no image

著作紹介<4>「西南シルクロードは密林に消える」

『西南シルクロードは密林に消える』講談社、2003  中国・成都からビルマ北部〜インド・カルカッタ

記事を読む

no image

『異国トーキョー漂流記』

『異国トーキョー漂流記』(集英社文庫) 発売!! 「私」には様々な国籍のユニークな外国人の友だちがい

記事を読む

no image

著作紹介<2>巨流アマゾンを遡れ

『巨流アマゾンを遡れ』集英社文庫、2003年 (単行本『アマゾンの船旅』ダイヤモンド社、1991年)

記事を読む

no image

著作紹介<3>ワセダ三畳青春記

著作紹介<3> 『ワセダ三畳青春記』集英社文庫、2003  三畳一間、家賃1万2千円。ワセダのぼろア

記事を読む

no image

『極楽タイ暮らし』

『極楽タイ暮らし』(ベストセラーズ、2000年) タイに暮らして初めてわかった「微笑みの国」の人々

記事を読む

Comment

  1. ベンガル山猫 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)
    いつも不思議に思っていたのですが、何で王国なんだろう?王制をひかれた歴史はないはずだけど・・・小藩の原始的な封建時代のことなのだろうか?  疑問

  2. タカノ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1)
     いや、ほんとですね。
     「王国」なんて陳腐なものより「共和国」にすればよかった。
     もし、文庫化するときには考えます。

  3. ベンガル山猫 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows 98)
    いえいえ共和国よりやっぱり王国の方がインパクトが強いと思います。
    このあたりの歴史に強い高野さんですから何か由来する現実があるのかそれともネーミングとしてこういう表現をされているのか疑問に思っていただけです。
    くだらないことを書いてしまい済みませんでした。
    でも、わかったのですっきりしました。
    「アヘン王国」ミステリアスな感じがして強そうでいいとおもいます。
    変えないでくださいね。
    私は、ある州の旅遊局長さんにこの本の事を聞きました日本に行った学生の頃の友人が送ってくれたそうです。

  4. 書評。2005年09月15日読了。海外ルポ「ビルマアヘン王国潜入記」

    ビルマ・アヘン王国潜入記 高野秀行 草思社 1998/10出版 277p 20c

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年3月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑