*

メモリークエスト依頼4件

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 みなさまへ告知&ご報告

web幻冬舎で始まった「メモリークエスト」。
5月1日更新で、いよいよ4件の依頼がお目見えだ。
探す対象は、ドイツ人、岩登り用スリング、イラン人、そしてラオス人。
詳しくはこのブログの右上をぜひクリックしてくださいね。
(今のところ、まだシステム構築中だが、次回からは読者の意見や感想なども投稿できるようになる予定。何か手がかりをお持ちの方は特によろしく!)

関連記事

no image

「ムベンベ」がついに漫画化決定!

 私の結果的デビュー作『幻獣ムベンベを追え』(集英社文庫)が、この度、「ヤングチャンピオン」誌で漫画

記事を読む

no image

無料出張上映会のお知らせ

先週、高校講演会のために作製し使用したコンゴとトルコのビデオについて考えた結果、日頃、拙著ご愛読いた

記事を読む

no image

「怪しいシンドバッド」、本日発売!

<お知らせ> 『怪しいシンドバッド』集英社文庫 本日より全国書店で発売! 「何か未知のもの」に出

記事を読む

no image

辺境写真家・森清 写真展

4年前、「西南シルクロードは密林に消える」の取材で、私と一緒にミャンマー北部のジャングルを歩くはめに

記事を読む

no image

トークショー:身体のいいなり

昨日の立教大学講演会は告知が遅すぎたので、 今回は早めに。 1月11日(火)19:00より内澤旬子副

記事を読む

no image

ミャンマー出発!

ようやく取材許可が下り、今日から一ヶ月に及ぶミャンマー取材に出かけてきます。 帰国は4月中旬だと思い

記事を読む

no image

地方FM局出演

地方FM局に配信される「学問ノススメ」というラジオ番組の収録を行った。 これまでに出たラジオ番組のな

記事を読む

no image

イランで昼間から外で酔っ払っている人間がいるだろうか。

10月27日(火)発売の週刊SPA!にて、 「イスラム飲酒紀行・イラン篇2」が掲載されたようです。

記事を読む

no image

お知らせ

「幻獣ムベンベを追え」(集英社文庫)のコンゴ映像が このブログの右側(ムベンベ想像図があるところ)を

記事を読む

no image

辺境映像祭ファイナル

おなじみ(?)の辺境映像祭も第4回目。 噂ではこれがファイナルになるそうです。 私も座談会に出演しま

記事を読む

Comment

  1. タカ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 5.5; Windows 98; Win 9x 4.90)
     自分自身の経験したものじゃあなければいけませんか?
     UMA仲間のスウェーデン人が運営するUMAサイト「GUST」に載っていた
    記事。
     「中国、安徽省のHuangshan山の近くの山村Yangshou村に2匹の
    龍が墜落した。2匹とも弱っており、村の納屋に閉じ込められたが、
    1匹は知らない村人が納屋の扉を開けた隙に逃げ出したが、もう一匹は
    逃げるには弱すぎた(今も飼っているのかは判りません)。龍は翼長が6m
    もあった」
     このニュースはこのYangshou村を訪れた高名な登山家が目にしたもの
    をGUSTの中国現地特派員に伝え、彼がGUSTのリーダーに電話で伝えた
    ものです。
     私自身でこの村を訪れてみようと、安徽省の詳細な地図まで買って
    来ましたが、結局Yangshou村の位置が特定できず、未だ行っていません。
     結構時間をかけないと見つかりそうにないので、是非お願いしてみたい
    です。
     ちなみに、2002年11月の出来事だそうです。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年2月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    26272829  
PAGE TOP ↑