*

3月〜4月の講座とトークイベント

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

3月から4月にかけて、私が出演するイベントのご案内です。

cover+obi
3月23日(月)19:30〜 ジュンク堂書店池袋店 木村元彦氏との対談
「オシムはなぜ誰からの信頼されるのか?」

木村元彦さんの新刊『オシム 終わりなき戦い』(NHK出版)の刊行記念イベントです。
現在でも次期日本代表監督選びに強い影響力を発揮していると報道されるオシムさんですが、
深刻な民族紛争のあとにボスニアのサッカーを復興させ、W杯出場といういわば“奇跡”をなしとげました。
私は最近、木村さんとは世田谷の芦花公園でキャッチボールをしたり、ボスニアのサラエボでオシム氏行きつけのレストランで一杯やったりと、何かとお世話になっています。
今回も面白い話ができるんじゃないかと楽しみです。

———————————————————————————–

2015.03.02sekino3月30日(月)<予定。確定次第お知らせします>14:30〜 ポレポレ東中野 
関野吉晴氏とのトークイベント

関野吉晴氏主演の映画「縄文号とパクール号の航海」上映後に関野さんと40分ほど話をします。

あの北野武監督も絶賛したというドキュメンタリー映画がついに公開。
もはや妖怪なのでは?と訝るほど老いを知らない永遠の冒険青年・関野さんの旅について、私があれこれツッコミを入れたいと思います。

———————————————————————————
早稲田大学 オープンカレッジ
4月11日、18日、25日の全3回
「楽しい辺境 謎の独立国家ソマリランドから知られざるアジアの納豆まで」

この数年、私の脳内を二分しているソマリとアジア納豆をどーんと写真と映像で紹介します。
めったにない機会ですので、早めにお申し込みを!

関連記事

no image

ロスト・シティZ

最近、突然読書量が増えたのは、仕事のあとや合間でなく、 始まる前に机に向かって本を読むようになった

記事を読む

no image

ラストクエスト

「メモリークエスト」の募集が終わった。 最後の依頼は、今までにない斬新なモノ。 こういうムチャな依頼

記事を読む

no image

an anとミャンマー

お待ちかね、「an an」に登場した。 しかも「永久保存版」と記されている。 美人レシピ142だそ

記事を読む

no image

万歳!文芸の東スポ

おととい届いた「本の雑誌」今月号の特集は 「読んでない本大会」。 メインは書評家三人が自分の詠んで

記事を読む

no image

ブログとツイッター

半年ほど前、誰かに誘われてツイッターを始めたものの、使い方がよくわからないうえ、 面倒くさくなって放

記事を読む

no image

冷や汗をかいた…

『本の雑誌 おすすめ文庫王国2006』が発売された。 毎年楽しみにしているムックだが、今回は私自身も

記事を読む

no image

猪木信者は本屋信者でもあった!

2年ほど前、「本の雑誌」で「プロレス本座談会」なるものが開かれ、 私も「レフリー:ジョー高野」とし

記事を読む

no image

東京の秘境

帰国中の義姉に連れられ、明大前にあるジャズ喫茶「マイルス」を訪問。 ゴールデン街のような狭い店には

記事を読む

no image

おっぱいとトラクター

家に本があふれ出し、また本棚を買うか、古い本を処分するか、 あるいは「居間に本を置いてはダメか」と

記事を読む

no image

やはりコンゴは別格

高知の四万十より、私の探検部の先輩にして人生の師匠・山田さんが上京、 うちに泊まっていった。 去年、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • まだ若干、席があるそうです。先日、受賞パーティの二次会で広野さんから前に勤めていた猪瀬直樹氏の仕事っぷりを聞いたのだけど本当に面白かった。「お庭番」という役があるとか。なんだか立川談志のことを弟子が語るみたいだった。続きが聞けるか… https://t.co/Qi8NRSGo77 ReplyRetweetFavorite
    • あ、今日発売だったのか! https://t.co/RSYeO9Yhnc ReplyRetweetFavorite
    • インド=ヨーロッパ語族といっても、内実はほぼ全てヨーロッパ系言語で、唯一のインド系であるペルシア語(イラン)に期待するしかない。 ReplyRetweetFavorite
    • あ、スイスを見逃していた! これをフランス語グループに入れたら、アラビア語と2位タイになる。 ReplyRetweetFavorite
    • 決勝Tではアフロ・アジア語族が全て消えることが予想され、ウォロフ語(セネガル)、韓国語、日本語のインディーズもせいぜいどれか1つしか残らないだろう。あとは全部、インド=ヨーロッパ語族。 ReplyRetweetFavorite
    • あくまで公用語・共通語で見る限り、今回の(いつもだいたいそうだが)W杯出場国の言語はひじょうに偏っている。 ReplyRetweetFavorite
    • 語族でいえば、インド=ヨーロッパ語族が圧倒的1位で、2位がアラビア語とベルベル語(モロッコなど)を擁するアフロ・アジア語族。あとはニジェール・コンゴ語族のウォロフ語(セネガル)と系統不明な(諸説ある)韓国語と日本語しかない。 ReplyRetweetFavorite
  • 2018年6月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  
PAGE TOP ↑