*

3月〜4月の講座とトークイベント

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

3月から4月にかけて、私が出演するイベントのご案内です。

cover+obi
3月23日(月)19:30〜 ジュンク堂書店池袋店 木村元彦氏との対談
「オシムはなぜ誰からの信頼されるのか?」

木村元彦さんの新刊『オシム 終わりなき戦い』(NHK出版)の刊行記念イベントです。
現在でも次期日本代表監督選びに強い影響力を発揮していると報道されるオシムさんですが、
深刻な民族紛争のあとにボスニアのサッカーを復興させ、W杯出場といういわば“奇跡”をなしとげました。
私は最近、木村さんとは世田谷の芦花公園でキャッチボールをしたり、ボスニアのサラエボでオシム氏行きつけのレストランで一杯やったりと、何かとお世話になっています。
今回も面白い話ができるんじゃないかと楽しみです。

———————————————————————————–

2015.03.02sekino3月30日(月)<予定。確定次第お知らせします>14:30〜 ポレポレ東中野 
関野吉晴氏とのトークイベント

関野吉晴氏主演の映画「縄文号とパクール号の航海」上映後に関野さんと40分ほど話をします。

あの北野武監督も絶賛したというドキュメンタリー映画がついに公開。
もはや妖怪なのでは?と訝るほど老いを知らない永遠の冒険青年・関野さんの旅について、私があれこれツッコミを入れたいと思います。

———————————————————————————
早稲田大学 オープンカレッジ
4月11日、18日、25日の全3回
「楽しい辺境 謎の独立国家ソマリランドから知られざるアジアの納豆まで」

この数年、私の脳内を二分しているソマリとアジア納豆をどーんと写真と映像で紹介します。
めったにない機会ですので、早めにお申し込みを!

関連記事

no image

イラクからブータンの週末

土曜日、新宿二丁目の「タイニイアリス」という小劇場に、イラクの劇団「ムスタヒール」を見に行く。 テー

記事を読む

no image

インドラの矢

宮崎駿監督の「天空の城・ラピュタ」を見る。二度目。 1986年と宮崎監督のわりと初期の作品だから、

記事を読む

no image

東京うんこナイト

探検部の後輩が2月5日、東京うんこナイト 〜ウンコロジー入門。「のぐそ」は地球を救えるか?〜」とい

記事を読む

no image

悪いのは飛蝗か

「本の雑誌」9月号を読む。 特集は翻訳ミステリ。 私は全く知らなかったが、飯田橋に「ブックスサカイ

記事を読む

no image

この地獄を見よ

丸善ラゾーナ川崎店のエンタメノンフフェアに触発されて 仕事もそっちのけで読みまくっている。 この二

記事を読む

no image

空飛ぶ人

「Free&Easy」というアメリカン・カジュアル専門誌のインタビューを受ける。 インタビュアーの編

記事を読む

no image

なぜかマレーシア

明日からマレーシアへ一週間ばかり行くことになった。 今、なぜマレーシアなのか?と思われるかもしれない

記事を読む

no image

卵ゲップ病

 昨日の晩、イシカワに電話をしたところ、「帰ってからも下痢が止まらなくて、参った」という。  それは

記事を読む

講談社ノンフィクション賞を受賞しました

今日、タイの時間で3時過ぎ、チェンマイ大学の裏門前(通称「ランモー」)を通過中に驟雨にあい、 移動

記事を読む

no image

見上げてごらん

 前に「イスラム飲酒紀行 イラン篇」はSPA!3月24日発売号に掲載と書いたが、 どうも間違いだっ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 世界でいちばん臭い食品「シュールストレミング」を食べる会・第2弾。楽しかった!が、みんなに御馳走するつもりで大量にもっていったセンベイ納豆をザックから出し忘れてた。無念。 ReplyRetweetFavorite
    • 在米ジャーナリストは「ハイコンテキスト(忖度)の社会とローコンテキストの社会では『共謀』の意味がちがう」と語る。とても興味深い指摘。こういう記事を待ち望んでいたのだ。https://t.co/4DtIdJNWbl ReplyRetweetFavorite
    • レキシの新曲「KATOKU」に大受けしてしまった。日本のポップスも成熟してきたなー。 ReplyRetweetFavorite
    • 妻がこれだけ熱く語った本は近年稀。 https://t.co/G9ZXM1Ac8U ReplyRetweetFavorite
    • 各界有名人の字も見もの。まじめでかわいらしいゲッツ板谷氏、読みにくいを通り越して縦書きのアラビア文字のような石原慎太郎、自民、民進など政党党首たちの字の下手っぷり、などなど。 ReplyRetweetFavorite
    • 寸暇を惜しんで、というか率直に仕事をさぼって新保信長さんの『字が汚い』(文藝春秋)を読んでしまった。構成が素晴らしい。ゆったり落ち着いていて、でも無駄がなく、読みやすくて情感もある。字に喩えるなら、「お手本のような楷書体」。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : ★excite・経済⚫︎洞窟愛が詰まった探検家の書『洞窟ばか』辺境作家 高野秀行氏、探検家 角幡唯介氏らからコメントが到着! https://t.co/aYpKILZfLu ReplyRetweetFavorite
  • 2017年4月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑