*

シンプルノットローファー

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


この前読んだ衿沢世衣子『ちづかマップ』が面白かったので、
ひきつづき同じ著者の『シンプルノットローファー』(太田出版)を読む。
女子中高生の学校生活なんて、私にとってはコンゴの狩猟採集民よりも遠い「究極の辺境」だ。
なにしろタイトルの「シンプルノットローファー」からしていったい何を意味するのか
わかならい。
シンプルノットは一重結びだろうと思うが、ザイルの結び方じゃないよな?
でも、これがえらくいい。
著者にはとても豊かな世界観がある。
異文化体験を満喫させてもらった。
       ☆        ☆        ☆
また松戸の難民シェルターに行く。
片道2時間近くかかるので、ほとんど一日仕事だ。
しかも登場する人々はあまりにディープ。
ディープすぎて、私は泥沼にはまっていることに気づいた。
1999年10月に世界を騒がせたバンコク・ミャンマー大使館占拠事件の「実行犯」がいたりして、報道されなかった「真実」を教えてくれるのだが、
そんなことを聞かされて私はどうすればいいのだろう?
また、間違ってしまったかもしれない……。

関連記事

no image

異文化の二日酔い

何でも面白かったり気持ちよかったりすると歯止めが効かなくなるのが 私の悪癖だ。 「ほどほど」でいられ

記事を読む

no image

原稿と有酸素運動

 web本の雑誌で連載している宮田珠己「スットコランド日誌」http://www.webdokush

記事を読む

no image

こんなに素晴らしいところだったのか

現在ユーフラテス河(もしくはその支流)沿いに旅をしている。 前もいいところだとは思っていたが、

記事を読む

no image

月刊日本語

昨日あたり発売になった「月刊日本語」の巻頭インタビューに私が登場させてもらっているが、 それとは別

記事を読む

no image

今、モガディショです

今、ソマリアの首都モガディショにいる。 昨年8月と比べると、格段に街が明るく、陽気な雰囲気に包まれて

記事を読む

no image

島田荘司『占星術殺人事件』

知り合いの先生に頼まれ、神奈川県の高校でミニ講義みたいなことをやった。 たまには趣向を変えて、辺境

記事を読む

no image

なぜか、まだ日本にいる…

なぜか、まだ日本にいる。 ミャンマー取材の許可がまだ取れず、出発が伸び伸びになっているのだ。 本来な

記事を読む

no image

Iran no kiken

Iran no Tehran,Esfahan to mawari, ima wa K

記事を読む

no image

本当のオンリーワン

都内在住のソマリ人と会った。 名前は「優(すぐれ)」と書くので てっきり日本人向けに漢字を当てて書い

記事を読む

no image

ima Somaliland desu

Somaliland no shuto Hargaysa ni iru. hoteru no net

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年1月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑