*

多忙な土曜日

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


「本の雑誌」2月号届く。
私も「レフリー・ジョー高野」として参加したプロレス本座談会は、
なかなか例を見ないくらいマニアックな座談会。
今現在、私の周囲でこれを楽しめるのは熱狂的な旧プロレスファンである
水泳のOコーチくらいじゃなかろうか。
     ☆       ☆       ☆
ブータンの辺境での調査のため、GPSの使い方を二村さんに習う。
二人で土曜の原宿で待ち合わせ、カップルやゴスロリの女の子たちの群れを潜り抜けて
代々木公園へ。
GPSは大き目の携帯電話みたいなものだから、二人で画面を見ながら歩くと
どうしても肩を寄せ合わざるを得ず、また道のあるところばかり歩いては意味がないから
わざわざ落葉がふかふかたまった木立の中をざくざく歩かざるをえない。
結果的に、あたかも人目を避けるように寄り添って歩く怪しげなオヤジカップルになってしまった。
二村さん、寒い中、ご苦労様でした。
      ☆       ☆         ☆
そのあと新宿ピットインで、マイク・ノックのライブ。
正直、第一ステージは少々おとなしかったが、
第二ステージでは、若い日本人のベースの長いソロに挑発されたマイクが爆発。
永遠に続くかのような長い(2分近かったか)ソロで反撃し、
とても69歳とは思えない大迫力だった。

関連記事

no image

甲子園が割れた日

中村計『甲子園が割れた日 松井秀喜5連続敬遠の真実』(新潮文庫)を読む。 松井のこの出来事のとき、

記事を読む

no image

酒飲み書店めぐり

『怪獣記』の担当編集者とともに、丸一日かけて書店へ挨拶まわり。 ほとんどが名高い(?)酒飲み書店員

記事を読む

no image

豚に乗った少年

千葉の内澤邸へ愛豚を見に、杉江さんと一緒に行ってきた。 でかいという話は聞いていたが、迫力は想像以

記事を読む

no image

アラブ音楽の決定版CD

仕事場である辺境ドトールでバイトしている女の子が念願の音大に合格したというので、 お祝いに「ベリー

記事を読む

no image

悪いのは飛蝗か

「本の雑誌」9月号を読む。 特集は翻訳ミステリ。 私は全く知らなかったが、飯田橋に「ブックスサカイ

記事を読む

no image

トルコの飲酒史

トルコ通風来坊の末澤の紹介で、16世紀オスマン朝の文化・経済を研究している気鋭の研究者Sさんと一杯や

記事を読む

no image

他人ごとなら面白いが

「本の雑誌」今月号が届いた。 特集は「この妻がすごい」。 小説、ノンフィクションを問わず、本に出て

記事を読む

no image

アジア未知動物紀行<第3弾>

「小説現代」(講談社)で不定期連載中の「アジア未知動物紀行」。 第1弾はベトナムの猿人フイハイ、そ

記事を読む

no image

空飛ぶ人

「Free&Easy」というアメリカン・カジュアル専門誌のインタビューを受ける。 インタビュアーの編

記事を読む

no image

未確認思考物隊

1月からどうやら本当に始まるらしい関西テレビの 変な番組のタイトルが決まったと連絡があった。 「未確

記事を読む

Comment

  1. ジジィ より:

    AGENT: KDDI-KC3O UP.Browser/6.2.0.15.1.1 (GUI) MMP/2.0
    高野さん、ブータンのノンフィクションを楽しみにしてますよ。ちなみに、高野さんの本は全部保存してます。表紙は関係ないです。

  2. k より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.1.7) Gecko/20091221 Firefox/3.5.7 (.NET CLR 3.5.30729)
    マイク・ノックの『Ondas』持っています。高野さんの義兄さまだったとは。す、すごい。奥様やはりタダものではない家系ですね。マイク目当てというよりは高野さん目当てでピットインに向ったのですが、途中の東新宿で中国人のやっている美味そうな餃子屋に目がくらみ、餃子を選択してしまいました。今月は金欠で一日の使用上限が2000円なので、ピットインの線は消滅。あーあ。
    次回を期待しております。

  3. 水泳のOコーチ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1)
    どーもー(^^)
    お初コメントです。
    本の雑誌を、買わなければと思っていた矢先、獣医のKさんが貸してくださいました。
    楽しみに読ませていただきます!
    さぞかし、マニアックなんでしょうねー(^^)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • アクセス数1位! https://t.co/Wwq5pwPi90 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 先日、対談させていただいた今井むつみ先生の『言語の本質 ことばはどう生まれ、進化したか』(秋田嘉美氏と共著、中公新書)が爆発的に売れているらしい。どんな内容なのかは、こちらの対談「ことばは間違いの中から生まれる」をご覧あれ。https://t.c… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 今井むつみ/秋田喜美著『言語の本質』。売り切れ店続出で長らくお待たせしておりましたが、ようやく重版出来分が店頭に並び始めました。あっという間に10万部超え、かつてないほどの反響です! ぜひお近くの書店で手に取ってみてください。 https:/… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 7月号では、『語学の天才まで1億光年』(集英社インターナショナル)が話題の高野秀行さんと『ムラブリ』(同上)が初の著書となる伊藤雄馬さんの対談「辺境で見つけた本物の言語力」を掲載。即座に機械が翻訳できる時代に、異国の言葉を身につける意義について語っ… ReplyRetweetFavorite
    • オールカラー、430ページ超えで本体価格3900円によくおさまったものだと思う。それにもびっくり。https://t.co/mz1oPVAFDB https://t.co/9Cm8CjNob8 ReplyRetweetFavorite
    • 文化背景の説明がこれまた充実している。イラク湿地帯で食される「ハルエット(現地ではフレートという発音が一般的)」という蒲の穂でつくったお菓子にしても、ソマリランドのラクダのジャーキー「ムクマド」にしても、私ですら知らなかった歴史や… https://t.co/QAHThgpWJX ReplyRetweetFavorite
    • 最近、献本でいただいた『地球グルメ図鑑 世界のあらゆる場所で食べる美味・珍味』(セシリー・ウォン、ディラン・スラス他著、日本ナショナルジオグラフィック)がすごい。オールカラーで写真やイラストも美しい。イラクやソマリランドで私が食べ… https://t.co/2PmtT29bLM ReplyRetweetFavorite
  • 2024年5月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑