*

多忙な土曜日

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様


「本の雑誌」2月号届く。
私も「レフリー・ジョー高野」として参加したプロレス本座談会は、
なかなか例を見ないくらいマニアックな座談会。
今現在、私の周囲でこれを楽しめるのは熱狂的な旧プロレスファンである
水泳のOコーチくらいじゃなかろうか。
     ☆       ☆       ☆
ブータンの辺境での調査のため、GPSの使い方を二村さんに習う。
二人で土曜の原宿で待ち合わせ、カップルやゴスロリの女の子たちの群れを潜り抜けて
代々木公園へ。
GPSは大き目の携帯電話みたいなものだから、二人で画面を見ながら歩くと
どうしても肩を寄せ合わざるを得ず、また道のあるところばかり歩いては意味がないから
わざわざ落葉がふかふかたまった木立の中をざくざく歩かざるをえない。
結果的に、あたかも人目を避けるように寄り添って歩く怪しげなオヤジカップルになってしまった。
二村さん、寒い中、ご苦労様でした。
      ☆       ☆         ☆
そのあと新宿ピットインで、マイク・ノックのライブ。
正直、第一ステージは少々おとなしかったが、
第二ステージでは、若い日本人のベースの長いソロに挑発されたマイクが爆発。
永遠に続くかのような長い(2分近かったか)ソロで反撃し、
とても69歳とは思えない大迫力だった。

関連記事

no image

kinpaku

ima.bankoku ni iru. jousei wa dondon kinpaku shite

記事を読む

no image

超オススメのこの本とこの雑誌!

来週の土曜日(3月4日)から20日まで、ソマリランドとソマリアに行くことになっている。 たかだか二

記事を読む

no image

8年ぶりにアフリカ大陸

 セイシェルの取材を終え、次は旧ユーゴスラビアのセルビアに行くはずが、 急に気が変わって南アフリカ

記事を読む

no image

発売が楽しみ?

『シワ夢』文庫版を出しても、少なくとも女性読者は4人残ってくれることが コメントから判明した。 そ

記事を読む

no image

オーケンが語るジャナワール

 9月20日(木)深夜25:05から放映される関西テレビの音楽情報番組「MUJACK」で 大槻ケンヂ

記事を読む

no image

ソマリランドで発見した素敵なドリンク

人と喋っているときはいいのだが、一人になると、波のように佐藤先輩のことが押し寄せてきて、 いろんな

記事を読む

no image

ソマリ人とイスラエル人

火曜日、ずっと前からコンタクトをとろうとしていたソマリ人の人からメールが来て、 「今日の夕方4時に北

記事を読む

no image

オモシロイ人

この前対談をした内澤旬子さんのブログに、 そのときのことが書かれている。 あと、半分ケモノ化した私の

記事を読む

no image

ビルマロード完全走破!

。 (写真:ナガの吊り橋を渡るロケ隊のバイク)  40日にわたるミャンマー辺境のロケを終え、今日の昼

記事を読む

「Brutus」にて“辺境小説”を紹介

現在発売中の「Brutus」1.1/1.16合併号の特集は「夢中の小説」。 私も「小説の世界で見つ

記事を読む

Comment

  1. ジジィ より:

    AGENT: KDDI-KC3O UP.Browser/6.2.0.15.1.1 (GUI) MMP/2.0
    高野さん、ブータンのノンフィクションを楽しみにしてますよ。ちなみに、高野さんの本は全部保存してます。表紙は関係ないです。

  2. k より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.1.7) Gecko/20091221 Firefox/3.5.7 (.NET CLR 3.5.30729)
    マイク・ノックの『Ondas』持っています。高野さんの義兄さまだったとは。す、すごい。奥様やはりタダものではない家系ですね。マイク目当てというよりは高野さん目当てでピットインに向ったのですが、途中の東新宿で中国人のやっている美味そうな餃子屋に目がくらみ、餃子を選択してしまいました。今月は金欠で一日の使用上限が2000円なので、ピットインの線は消滅。あーあ。
    次回を期待しております。

  3. 水泳のOコーチ より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 5.1)
    どーもー(^^)
    お初コメントです。
    本の雑誌を、買わなければと思っていた矢先、獣医のKさんが貸してくださいました。
    楽しみに読ませていただきます!
    さぞかし、マニアックなんでしょうねー(^^)

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : 【第5回八重洲本大賞ノミネート作】『語学の天才まで1億光年』(高野秀行さん、集英社インターナショナル)https://t.co/hxeHusQZPE 「探検の道具」=言語は面白さから「探検の対象」に。学んだ言語25以上の辺境ノンフィクション作… ReplyRetweetFavorite
    • RT : 「父親世代の古いフェミニズムの呪縛」「価値観のブラッシュアップの難しさ」ななど、モヤモヤを言語化することに長けている著者だけに納得できるフレーズは多かったが、個人的に別格なのは、姪による「おじいちゃん世代はみんなコミュ障」の指摘だった。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : 鈴木大介さんの新刊『ネット右翼になった父』読了。めちゃ面白かった。右傾系動画にハマり、ヘイトスラングを口にする晩年の父。絶望の看取りを経て、正統派人物ルポの手法で迫った結果から見えて来るリアルな父親の姿に驚愕。どうしても好きになれない大事な人─この… ReplyRetweetFavorite
    • 某南国に来ているのだが、単行本の原稿を書かねばならず、自動的に缶詰状態になっている。でも朝は海岸を散歩して、午後はスーパーに買い物に行き、夜は地元の食堂で酒を飲んだりしてるから、単に遊んでいるようにも見える。ていうか遊んでるのか。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : さらに、北上次郎さんの文庫解説リストも届けて下さいました。リストはA3両面にぎっしり書かれていて量の多さとそれを調べた本の雑誌社の方々の思いを感じます。リストを見て気になる作品はお手に取っていただきたいのは勿論、お持ちの作品があったら是非解… ReplyRetweetFavorite
    • ドンマイ、ドンマイ!! https://t.co/lWWTHY2vtR ReplyRetweetFavorite
    • どーん!! ReplyRetweetFavorite
  • 2023年2月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728  
PAGE TOP ↑