*

偉いのは荻原井泉水

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

いつ買ったのかすら憶えていない吉村昭『海も暮れきる』(講談社文庫)を読む。
吉村昭のドラマチック性を排した文章は、ブータン原稿に没頭している今読むのに
ちょうどいい。
我の強い小説やノンフィクションは(ふつうはそれが「面白い」ということになるんだけど)今はとても読めない。こっちの世界観と抵触してしまうからだ。
『海も暮れきる』は俳人・尾崎放哉の晩年を描いたもの。
めちゃくちゃな酒乱でたかり癖のある放哉は読んでいてひじょうに不快で、また彼が不治の病の結核であるのも悲惨なのだが、それゆえに背景の瀬戸内の島の風景や土地の人々の消極的なやさしさが際立って、悲しいほどに美しい。
それにしても、自由律俳句の放浪俳人は、この放哉にしても種田山頭火にしても
どうしてこう酒乱でダメな人なのか。
ていうか、二人とも同じ荻原井泉水という人の弟子で、
まず放哉が酒乱で一文無しになり荻原さんに面倒をかけまくり、やっと死んだと思ったら、今度は山頭火が乞食旅に出て
また荻原さんに無心して迷惑をかける。
本当にえらいのは放哉や山頭火でなく、師匠の荻原さんなのだ。
荻原さんみたいな人がいて、文学や芸術は成り立っていくのである。

関連記事

no image

インディアンの驚くべき小説

シャーマン・アレクシー『はみだしインディアンのホントにホントの物語』(小学館)という本を妻の本棚で

記事を読む

no image

イスタンブール無事到着

昨夜8時ごろ、ようやくイスタンブールに到着した。 東京の自宅を出て、36時間後のことだ。 なんでも一

記事を読む

no image

モンスタークエスト

今週はいろいろと忙しい。 月曜日は、ワセダで、アメリカの衛星放送局ヒストリーチャンネルの「モンスター

記事を読む

no image

漫画探偵、登場!

浦沢直樹の担当編集者やプロデューサーを務め、 リチャード・ウーなる筆名で異色在日外国人漫画「ディア

記事を読む

no image

ミャンマーがまた…

ミャンマーがまた大変なことになっているようだ。 というか、自然災害でも戦争でも こんなに被害が出たの

記事を読む

no image

館山で昼寝

ぶらっと東京湾フェリーに乗って館山に行ってみた。 船の中でビールを飲んだら眠くなり、館山駅近くの小

記事を読む

すごく太っている人は働き者なのか?

タイでは比較的やせた人が多いが、ときおり、男性でも女性でもすごく太った人を見かける。 身長160セ

記事を読む

no image

ダイエットとヒナゴン

数日前、妻・片野ゆかが出版した新刊『ダイエットがやめられない 日本人のカラダを追及する』(新潮社)を

記事を読む

no image

トルコで最も知られたジャナワール写真(画像)日本初公開

私たちがワン湖で撮影した謎の物体の解析をしようとあちこちに依頼しているが、なかなか専門家の方々が

記事を読む

no image

東京うんこナイト

探検部の後輩が2月5日、東京うんこナイト 〜ウンコロジー入門。「のぐそ」は地球を救えるか?〜」とい

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

  • 2021年10月
    « 3月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
PAGE TOP ↑