*

もう当分OBとは関わりたくない

公開日: : 最終更新日:2012/05/28 高野秀行の【非】日常模様

早大探検部50周年映像上映会はけっこう大勢の人が来てくれたし、
西木正明、恵谷治両先輩とのトークも想像したより面白くてホッとした。
だが、よかったのはそこまで。
打ち上げの宴会はまいった。
まず、私が上映会のあと、読者の人たちにサインをしていたのを快く思わないOBが一部いて、宴会会場に私が着いたときに、もう「おまえは人気あっていいよなあ」と嫌味。
「ちゃらちゃらしてる」という意味である。
「ブログで宣伝したからですよ」と説明すると、
「ブログだあ?」「ブログだってよ」「今はそういう時代なんだねえ(とため息)」
ブログ=ちゃらちゃらしてる、ということらしい。
さらに今の現役部員のうち、5人が「高野さんの本を読んだのがきっかけで入部した」と答えたら、ごく一部、というか恵谷さんがマジで激怒。
「おまえら、バカか!」
宴会の終わりに、一本締めをやろうとしたら、
恵谷さんが「ちょっと最後に一言いわせろ」。
何を言うかと思えば、
「高野の本なんて生活のために書いてるだけでカスじゃあ!!」と絶叫。
それが最後に言いたいことかよ。
私の気持ちを、内澤副部長のブログから引用したい。
「あーもーめんどくせーーーーーー。豚よりめんどくせーーーー」

関連記事

no image

帰国しました。

やっとモガディシオを脱出し、帰国した。 と言っても、ソマリランドだけど。 でも、プントランドとモガデ

記事を読む

no image

ストロベリー・ロード

仕事上の必要から石川好『ストロベリー・ロード』(上・下、文春文庫)を読んでみたら、 これがもんのすご

記事を読む

no image

『誰も国境を知らない』

西牟田靖『誰も国境を知らない』(情報センター出版局)の書評を 「北海道新聞」に書く。 新聞の書評は

記事を読む

no image

くどくどかぱらぱらか

比較的調子よく来ていたブータン原稿がうまくいかなくなってきた。 逃避の意味合いもあって、ある作家の

記事を読む

no image

「ワセダ三畳記」が増刷!

『ワセダ三畳青春記』の増刷が決まった。 集英社文庫、5冊目出してやっと増刷だ。 私は最初『異国トー

記事を読む

no image

「イエティは現実だ」

長らく待っていたブータン行きがやっと決定した。 来週の14日(水)に出発となった。 期間は約一ヵ月半

記事を読む

no image

「人類最高の食品」、それはカロリーメイト

 先日、ヤングチャンピオン誌で連載している辺境バカ話コラムで、「背徳のカロリーメイト」というのを書い

記事を読む

no image

人間失格+坊ちゃん=三畳記

「SPA!」のインタビュー記事「エッジな人々」が掲載される。 「見ましたよ、エッチな人々!」と何人か

記事を読む

no image

「中国人の本音」

人気ブログ「大陸浪人のススメ」の管理人で、それを書籍化した「中国人の本音 中華ネット掲示板を読んで

記事を読む

no image

朝までカラオケ

4年ぶりに会った後輩と下北沢で飲んでいたら 後輩の終電がなくなり、 朝までカラオケボックス。 カラオ

記事を読む

Comment

  1. jiro より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Windows; U; Windows NT 5.1; ja; rv:1.9.1.5) Gecko/20091102 Firefox/3.5.5 GTB5 (.NET CLR 3.5.30729)
    確かにトークセッション中の恵谷さんは、おもしろくなさそうな顔してましたねぇ。
    西木さんは先輩なのでともかく、若い高野さんの人気があるのが気にくわない…って感じでしょうか。
    まあ、トークセッションの質疑応答で探検部員は大人になれない…という話があった際に、唯一(?)大人宣言をしていた高野さんですから、大人の対応をしておくという事でよろしいのではないでしょうか。
    男の嫉妬も恐いですねぇ…

  2. komari-ko より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.0; .NET CLR 2.0.50727)
    「もう当分」ってところがいいですね。

  3. eugene より:

    AGENT: Opera/9.64 (Windows NT 6.0; U; fr) Presto/2.1.1
    僕もバカになるかもしれません・・・
    今恵谷さんの「世界危険情報大地図鑑」を読んでいますが面白いです

  4. 副部長 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; GTB6; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    ……爆。。。
    愉しそうにもみえるんだけどねえ。でもえらいね高野さん。絶縁しないところが。あーしなんか以下略。
    おおっと、あーしも今月末には恩師である弧高の宗教学者、鎌田東二センセイに呼ばれて講演ですわ。ひいい。

  5. KOW より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 5.1; Trident/4.0; GTB6; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.4506.2152; .NET CLR 3.5.30729)
    まあ、色々思うところはありますが
    「男の嫉妬はみっともないなあ」と思います、はい。

  6. minaxi より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 8.0; Windows NT 6.0; Trident/4.0; GTB6; YTB720; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; Media Center PC 5.0; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30729)
    ほんと モテるって つらいよね。

  7. 高野秀行 より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; WOW64; YTB720; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.5.30729; .NET CLR 3.0.30618)
    恵谷さんは探検部史上、最強部員にして
    (私より年上の)OBの間では数少ない現役活動家だから
    尊敬してるんですよ、マジで。
    現地人の扮装をして内戦真っ只中のアフガニスタンへ単身突っ込んでいくというおそるべき度胸と、
    研究者以上の緻密な資料分析能力には絶対にかなわないですしね。
    ただ…、ただ…、めんどくせーーーーー。

  8. ^_^ より:

    AGENT: Mozilla/5.0 (Linux; U; Android 1.6; ja-jp; Docomo HT-03A Build/DRD08) AppleWebKit/528.5+ (KHTML, like Gecko) Version/3.1.2 Mobile Safari/525.20.1
    う~ん、それはとんだ災難でしたね(>_<)
    現場を目撃していない私としては「恵谷さん、なんて子供じみた感情表現を・・・(–;)」と、
    ついつい思ってしまうのですが、やはり探検や冒険を日々追い求める方とは子供心は必要不可欠なんでしょうね、きっと・・・f(^^;
    あ、もちろん高野さんは"オトナ"ですよ、はい。(笑)
    探検部の上映会&トークセッションは中身が濃く、とてもおもしろかったです!素敵な時間をありがとうございました。

  9. NYPD より:

    AGENT: Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 7.0; Windows NT 6.0; GTB6; YTB720; SLCC1; .NET CLR 2.0.50727; .NET CLR 3.0.04506)
    へーそんなことがあったのですか……。
    現場見たわけじゃないけれど
    確かに男の嫉妬はみっともないですな。
    恵谷って人、今でいうKY野郎なんでしょうな。
    作家の中には、先生、先生って呼ばれて天狗になっている愚か者
    が多いって言うし……。
    まあ、ええ年こいて自分を客観的に見れない輩は、つける薬がない
    と言うか、死ぬまでなおらんのでしょうな。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • RT : ゲストは「Gダイアリー」デスクの室橋裕和さん、Gダイで連載していた(イスラム飲酒紀行ほか)高野秀行さん、Gダイ編集部に入りたかった丸山ゴンザレスさん、Gダイ外部編集で「駐妻カナ」などを担当した西野風代さんです。 1月31日(金)、阿佐ヶ… ReplyRetweetFavorite
    • いい時代だ! ReplyRetweetFavorite
    • それにしても、ソン・ガンホは黙って座っていて息をしているだけで面白い。 ReplyRetweetFavorite
    • ポン・ジュノ監督、ソン・ガンホ主演の『パラサイト 半地下の家族』を渋谷の東宝で観た。スクリーンがすごくでかいのに、まちがって前から四列目の席をとってしまったため、「観た」というより「現場に居合わせた」感じ。いや、すごい体験だった。 ReplyRetweetFavorite
    • 子だくさんの「やもめのジョナサン」夫婦が子供をぞろぞろ連れてハネムーンに行く場面と、情けない警官のなべおさみが泥まみれ涙まみれになる場面がいい。展開が早くて笑いあり涙ありでなんだかジャッキー・チェンの映画みたいだった。 ReplyRetweetFavorite
    • 映画好きの友人に強く勧められ、生まれて初めて「トラック野郎を観てしまった。第2作の爆走一番星。始まっていきなり主役の菅原文太がトルコ風呂の裸の女の子たちと酒盛りをしているシーンで度肝を抜かれる。でもあまりにあっけらかんとして、全然エロくないんだが。 ReplyRetweetFavorite
    • 「へうげもの」は完全に私の戦国〜江戸初期の概念を変えた。加藤清正なんて具志堅用高だとしか思えなくなってるし。 ReplyRetweetFavorite
  • 2020年1月
    « 3月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑