*

イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

公開日: : 高野秀行の【非】日常模様

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が増えています。

とても私一人で対応できる状態ではなくなったので、

本の雑誌社の営業兼編集の杉江由次さんにマネージャー役を務めていただくことにしました。

ご依頼の方はまず杉江さんにお問い合わせ下さい。

(私と面識のある方も同様にお願いします)

hon-a@mbh.nifty.com

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

関連記事

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている人なのか説明できない」という人

記事を読む

no image

「またやぶけ」の発見

そうそう、肝心なことをすっかり忘れていた。 奄美で遊んでいるうちに、新刊『またやぶけの夕焼け』(集

記事を読む

no image

また未知動物

磯崎憲一郎の第二弾、『世紀の発見』(河出書房新社)。 帯の惹句によれば 「ガルシア=マルケス『百年

記事を読む

no image

本の雑誌年間ベスト10入り

担当編集者から連絡があり、「アジア新聞屋台村」が「本の雑誌2006年度ベスト10」の8位になったそう

記事を読む

no image

英雄の葬儀

 先日、私がチェンマイに見舞いに行ったシャン人の長老セン・スック(別名クン・チャ・ヌー)が亡くなっ

記事を読む

no image

ソフィア・ローレンと苔

  人生で初めてのことだが、妻と母親と三人で瀬戸内を旅行してきた。 金比羅神社、直島、そして倉敷とい

記事を読む

no image

ソマリ人とイスラエル人

火曜日、ずっと前からコンタクトをとろうとしていたソマリ人の人からメールが来て、 「今日の夕方4時に北

記事を読む

no image

偉いのは荻原井泉水

いつ買ったのかすら憶えていない吉村昭『海も暮れきる』(講談社文庫)を読む。 吉村昭のドラマチック性を

記事を読む

no image

酒浸りなのかと言われても…

私の数ある悩みの一つは、初対面の人に「これが私の書いた本です」とさっと渡せるような本が一冊もないこと

記事を読む

no image

イスタンブール無事到着

昨夜8時ごろ、ようやくイスタンブールに到着した。 東京の自宅を出て、36時間後のことだ。 なんでも一

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

no image
イベント&講演会、テレビ・ラジオ出演などのご依頼について

最近、イベントや講演会、文化講座あるいはテレビ・ラジオ出演などの依頼が

ソマリランドの歌姫、来日!

昨年11月に、なんとソマリランド人の女性歌手のCDが日本でリリ

『未来国家ブータン』文庫はちとちがいます

6月23日頃、『未来国家ブータン』が集英社文庫から発売される。

室町クレージージャーニー

昨夜、私が出演したTBS「クレイジージャーニー」では、ソマリ人の極

次のクレイジージャーニーはこの人だ!

世の中には、「すごくユニークで面白いんだけど、いったい何をしている

→もっと見る

    • 世界でいちばん臭い食品「シュールストレミング」を食べる会・第2弾。楽しかった!が、みんなに御馳走するつもりで大量にもっていったセンベイ納豆をザックから出し忘れてた。無念。 ReplyRetweetFavorite
    • 在米ジャーナリストは「ハイコンテキスト(忖度)の社会とローコンテキストの社会では『共謀』の意味がちがう」と語る。とても興味深い指摘。こういう記事を待ち望んでいたのだ。https://t.co/4DtIdJNWbl ReplyRetweetFavorite
    • レキシの新曲「KATOKU」に大受けしてしまった。日本のポップスも成熟してきたなー。 ReplyRetweetFavorite
    • 妻がこれだけ熱く語った本は近年稀。 https://t.co/G9ZXM1Ac8U ReplyRetweetFavorite
    • 各界有名人の字も見もの。まじめでかわいらしいゲッツ板谷氏、読みにくいを通り越して縦書きのアラビア文字のような石原慎太郎、自民、民進など政党党首たちの字の下手っぷり、などなど。 ReplyRetweetFavorite
    • 寸暇を惜しんで、というか率直に仕事をさぼって新保信長さんの『字が汚い』(文藝春秋)を読んでしまった。構成が素晴らしい。ゆったり落ち着いていて、でも無駄がなく、読みやすくて情感もある。字に喩えるなら、「お手本のような楷書体」。 ReplyRetweetFavorite
    • RT : ★excite・経済⚫︎洞窟愛が詰まった探検家の書『洞窟ばか』辺境作家 高野秀行氏、探検家 角幡唯介氏らからコメントが到着! https://t.co/aYpKILZfLu ReplyRetweetFavorite
  • 2017年4月
    « 3月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
PAGE TOP ↑