*

アコギの神様のコンプリート本、『石川鷹彦WORKS II』を編集しました。

去年の9月から制作にあたっていた本が8月末に出版された。

『石川鷹彦WORKS Ⅱ』 マットブラックでびしっと引き締まった表紙。実は、アーティストのコンプリートブックの編集はこれが初めて。いろんなスペシャリストが制作に関わり、1冊目の『WORKS』よりもさらにいい本に仕上がったと思う。

『石川鷹彦WORKS Ⅱ』
マットブラックでびしっと引き締まった表紙。実は、アーティストのコンプリートブックの編集はこれが初めて。いろんなスペシャリストが制作に関わり、1冊目の『WORKS』よりもさらにいい本に仕上がったと思う。

「石川鷹彦 WORKSⅡ」(石川鷹彦ワークス・ツー) 

石川鷹彦といえば、日本のフォークミュージックを支えた、スーパーギタリスト。

伊勢正三、南こうせつ、かぐや姫、吉田拓郎、イルカ、さだまさし、中島みゆき、アリス、長渕剛、松山千春、森山良子、ふきのとう、水谷豊……。ずらりと並ぶ参加アーティストのディスコグラフィーは、彼がフォークの中心にいたことを雄弁に物語っている。

まさしく“アコギの神様”だ。
その“神様”のWORKS=業績をまとめたコンプリート・ブックが「石川鷹彦 WORKSⅡ」である。

2009年に放送されたNHK趣味悠々に石川さんが講師として出演した際、番組テキストの編集を私が担当した縁で、今回の編集チームに加えてもらうことができた。

ちなみに、Ⅱの名の通り、今回の本は石川鷹彦コンプリート本としては2冊目である。

1冊目の「石川鷹彦WORKS」は、2003年に出版。今回は、そこから10年経過し、ソロ活動にも力を入れてきた軌跡や、参加シングル、アルバムのディスコグラフィー、10年の間に加わった新しいギターや、制作環境、さらに趣味や家族など、さらに一歩踏み込んだ“熱い”本に仕上がっている。

 

ひとえに、初代「WORKS」を立ち上げた、編集長:小林和朋さんの石川さんへの熱い思いが編集チームに深く浸透していたのが、大きな理由だろう。

私は、特別対談として、押尾コータローさんとの新旧ギタリスト対談をおさめた「SPECIAL TALK SESSION」、10年間のソロライブの日時、会場、セットリストを掲載した「石川鷹彦ソロライブ・データファイル」、雑誌、新聞類を紹介する「BOOKS & MAGAZINES SCRAP COLLECTION」、石川家のみなさんに取材した「家族から見た石川鷹彦」の各コーナーを執筆、またはデザインし、その他のコーナーに編集担当として携わった。

自分自身は、超マニア向けの本よりも、初心者でも入りやすく楽しめる(でもちゃんと深みにはまっていけるような)本を作るほうが向いていると思っている。

そういう意味では、コンプリート本は日ごろ自分のいる実用系書籍のフィールドとは若干趣旨が異なり、コーナーのタイトルや、リード文1つとっても、読ませ方や、読ませる相手のツボが違う。

編集長の小林和朋さんは、もともと週刊ゴングの編集部で働いていただけあって、ヒーローの見せ方、讃え方、そして、支えるファンへのアプローチが秀逸だ。

確かに、プロレスラーとミュージシャン、プロレスファンとアーティストのファンは、カリスマ性と熱狂的な支持という点では共通点が多いかもしれない。

「渡さん、このタイトルでは、この本のイメージに合わないですね」
「リード文をもう少し堅めで落ち着いた雰囲気に」

など、いろんな〆切をくぐり抜けながら、書き上げた原稿や、レイアウトがばっさばっさとダメ出しをくらう。

「わかりやすさ」を優先させると、「アーティスト像」がおろそかになる、といったら言いすぎだろうか。読者にとってわかりやすいように、かみ砕いたり、比喩などで説明をすればするほど、手の届かない存在であるはずのアーティストが身近になってくる。

ジャイアント馬場や、アントニオ猪木が普通の人であってはならないのだ。

もちろん、本人たちはいずれも“いい人”だったり、“ふつう”の部分もあると思うのだが、ファンの望むイメージは大事にしなくてはいけない。読み手にとって「わかりやすくなる」ことで、本来触れるべきでない、読者の持っているイメージにまでタッチしてはいけない。その世界観を保ちつつ、“普通の顔”や“飾らない姿”を見せてこそ、コンプリート本のあるべき姿なのかもしれない。

最終的には、編集チーム内スタンスの違いもうまい具合に収斂され、バラエティーに富んだ紙面という形で着地したと思う。

 

「家族から見た石川鷹彦」の取材では、石川家のみなさんから貴重な話をたくさんお聞きすることができた。

天才がこの世の中を生きていくのは、本当に大変なことだが、身近に天才を抱えた家族の大変さというのも、また我々一般ピーポーの想像の範囲外にあることは間違いない。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆

『石川鷹彦WORKS Ⅱ』は、全国の書店、楽器店でお求めいただけます。また、オフィシャルサイトから、郵便振替 or ゆうちょ銀行宛て振込でも購入できます。実はAmazonでも購入できるんですが、オフィシャルサイトから購入いただけますと、大人の事情により、私含め、制作チーム全体が泣いて喜びますm(__)m。

石川鷹彦WORKSオフィシャル・サイト

http://www1.icnet.ne.jp/works/works1.html

 

2016年12月より、こちらでも販売中です(送料無料)

PR

関連記事

祝!創立12周年。MOの読み方で世代がわかる、小社とデジタル環境の移り変わり。

先週の土曜日、10月29日(土)、会社創立から丸12周年を迎えた。 干支で一回りしたことになる。

記事を読む

no image

小原孝さんのNHKあなたもアーティスト再放送のピアノテキストを担当しました

「あなたもアーティスト 指1本からはじめる! 小原孝のピアノでポップスを弾こう」 (NHK出版 11

記事を読む

no image

ちょっとミャンマー行ってきます。

ホワイトボード云々を書こうと思っていたら、あっという間に一週間が過ぎてしまいました。  もともと私は

記事を読む

no image

祝!楽典本再版

 外出していたらシンコーの編集部から電話があった。  3月に出たばかりの拙書「楽典本」が重版になると

記事を読む

no image

最近のお仕事8〜9月

ピアノの次はギター!  ということで、NHK「あなたもアーティスト」、小原孝さんのピアノに続いては、

記事を読む

no image

手帳を振り返ってみたら

のんきに北海道を満喫(実際は足にまめが出来たり、朝3時起床だったりと、全然のんきではないんだけれど)

記事を読む

no image

一五一会スコアマガジン Vol.5

  今週はドレミ楽譜出版社より発刊されている季刊誌「一五一会スコアマガジン」の春号を製作中です。 一

記事を読む

no image

夏休みの宿題リターンズ

原稿を書かなくてはならない。 しかし、パソコンに向かうと、マウスを持つ右手が「いいね!」をクリ

記事を読む

no image

続・今月のお仕事2011年2月

サックス&ブラスマガジンのサンプル本が届く。 今号は「最も偉大な管楽器プレイヤー50」と題し、プレー

記事を読む

no image

邦楽ジャーナルの原稿

今日は「邦楽ジャーナル」の「こだわり教えて下さい」の原稿を執筆。 「邦楽ジャーナル」は日本の伝統芸

記事を読む

PR

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PR

2020年1月21日(火)@赤羽/新宿二丁目ママ歴27年、涼ママの歌とトークと焼肉ホルモンde笑ってナイト、大盛況でした。

 久しぶりのイベント復帰、どんなことになるだろう……と思いつつ、フタ

2020年1月21日(火)@赤羽/新宿二丁目ママ歴27年、涼ママの歌とトークと焼肉ホルモンde笑ってナイトをプロデュースします。

 あっという間に2019年が過ぎ去り、2020年入り。 明けましてお

小林家と居倉家の対面について書かれた福島民友新聞社の記事。
小林家のファミリーヒストリー 〜信州から会津に行ったご先祖様〜

NHKに「ファミリーヒストリー」という人気番組がある。 毎回、ひ

出版不況の中、デジタルオンデマンド印刷の登場は、業界をどう変えるのか?
出版不況の中、デジタルオンデマンド印刷の普及で出版界はどう変わる?

このところ、本の雑誌社の杉江さんと「おとなの社会科見学」が続いている。

レンガ状に配置された「Project」。今回、会社のサービスを紹介する場所に使いました。
WPテーマ「Perth」の設定で困ったこと③プロジェクトが表示されない!

先日、会社のホームページをリニューアルしました。Wordpressの「

→もっと見る

  • 2021年9月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  
PAGE TOP ↑