*

【酒飲み推奨】プレゼント選びに悩んだら、ぜひコレを!

咳、喉、鼻水、○痢という風邪のフルコースに見舞われた年末を経て、新年早々に副鼻腔炎、いわゆる蓄膿症を発症…という、とんだ2014年の幕開けでしたが、おかげさまで抗生物質もよく効いて、平常運転に戻りました。

さて、今回のお話は風邪が一段落したときの出来事です。

昨年の10月29日に創業9周年を迎えた際、何人かのお知り合いからお祝いをいただきました。
その中には、例の赤ペンも含まれておりますが(笑)、ある方は私の酒好きを知って…か知らずか、日本酒を贈ってくださいました。

贈答用の化粧箱に入っていたので、瓶の栓に「菊水」と書いてあるのを確認し、「これはとっておきの楽しみにとっておこう」と思って冷蔵庫に入れたものの、あっという間に日が経ってしまい、そのお酒を再び手にしたのは、風邪の症状がやわらいできたお正月のことでした。

箱から瓶を出して、びっくり!

 IMG_5437
 

なんと、会社のロゴがラベルになってるではありませんか(超うれしかった)。

しかも、ラベルは、シールを貼ったものではなく、瓶に直接印刷してあります。

「もらったときにすぐ箱から出しておけばよかった……」と思ったのものの、あとの祭りで、年明けのご挨拶で、いただいた方に再度お礼のご連絡をしました。

この菊水オリジナル瓶、秋葉原の「ちゃばら CHABARA」にある、菊水酒造さんの直営店でお願いできるんだそうです。

選べるお酒は特定の銘柄だけですが、四合瓶だけでなく、カップ酒や、菊水のよく知られたアルミ缶にもプリントできるとのこと。もちろん、シールではなく直接印刷してくれます。

ラベルの印刷代はお酒の代金に含まれていて、しかもお店にいけば即日で作ってくれるため、ネットの配送を待てないケースや、秋葉原界隈に住んでいたり、働いていたりして、今日手土産で持って行きたい…みたいな人にはうってつけです。

ちなみに、秋葉原で直接買うことができない人でも、ネットから注文ができます(ただし、こちらは店頭のサービスとは違うようです)。

Kikusui Sake Design(菊水 Sake デザイン)
http://shop.kikusui-sake.com/ksd/

 

ところで、この「菊水AISAボトル」をプレゼントしてくださったのは、秋葉原にある、有限会社Imagination Creative(イマジネーション・クリエイティブ)の社長、方喰正彰さん。
http://corporate.imagination-power.asia/index.html

方喰さんは、「秋葉原」「オタク」「マンガ」「キャラクター」に特化したコンサルタントで、マンガやキャラクターなどを使った企業、自治体のブランディングやPR、アニメやオタク関連の商品企画、プロデュースなどを手がけておられます。

まさに「クールJAPAN」のど真ん中で働いている感じの人ですが、いわゆる「ザ・業界人」みたいないやらしさはなく、むしろミステリアスなキャラというか、執事のようなたたずまいが印象的な方です。

アキバに会社を構え、ご当地で特色ある贈り物を見つけるというのも、方喰さんらしいなと思った次第。
私も調布でとっておきの贈り物候補を見つけなくては……(ゲゲゲの○○○とか、石○プロのグッズとか)

ということで、オリジナリティーあふれるプレゼントを探している人や、贈りたい相手が会社や団体などを運営していてロゴマークがある場合や、イラストレーターやデザイナーさんなど、自分のトレードマークを持っている人など、こういったサービスを使ってみるのもいいかもしれません。

PR

関連記事

no image

POCOYO(ぽこよ)イギリス発の大注目キャラ

以前書いたように我が家は民放が映りません。 (4/25「民放砂漠」参照) それでいつものようにチャン

記事を読む

no image

正月明けは、このドラマが…

前回、カタカナ人名についてあれこれ書いたら、翌日、楽しみにしていたドラマはあっさり最終回を迎えてしま

記事を読む

no image

知っているようで、知らないことは多い

 Facebookで知り合ったテクニカルライター上田修子さんの共著「仕事を便利にする!クラウド活用T

記事を読む

no image

音楽と、ミャンマーと、ウルトラセブン

 私が担当したリサイタルが文化庁芸術祭の大賞を受賞したことを祝って、知人たちが素敵な記念パーティーを

記事を読む

no image

ジェネラリストのスペシャリスト

昨日、あまりの自分の無節操ぶりを嘆き節で綴ったところ、思わぬ所から助け船ならぬフォローメールが届きま

記事を読む

no image

ゆっくりご飯を食べる。それが至福の時間

 先日、このブログも時々覗いてくれるpuri社長と、珍しく仕事の話をした。  puri社長との出会い

記事を読む

no image

遠方より友きたる

 土曜日、岡山から宮本が上京した。  宮本は大学時代、吹奏楽でいっしょに時を過ごした旧友である。  

記事を読む

no image

映画『レイ、初めての呼吸』を観る

 ちょっと前の話だが、11月のあたま、久しぶりに映画を観に行った。  タイトルは『レイ、初めての呼吸

記事を読む

編集者から見たプロフェッショナル(1)フォトグラファー〜瞬間を切るとる魔術師たち〜

編集の仕事は、本や雑誌ごとに複数の人とチームを組み、最終的にひとつのものを作り上げます。 制作

記事を読む

デジタル化で起こる「紙の本」の行方。東京国際ブックフェアの基調講演を聴いて、電子書籍について思うこと。

一年も半年が経ち、7月上旬の恒例イベント、東京国際ブックフェアの季節がやってきました。 今年の

記事を読む

PR

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PR

2020年1月21日(火)@赤羽/新宿二丁目ママ歴27年、涼ママの歌とトークと焼肉ホルモンde笑ってナイト、大盛況でした。

 久しぶりのイベント復帰、どんなことになるだろう……と思いつつ、フタ

2020年1月21日(火)@赤羽/新宿二丁目ママ歴27年、涼ママの歌とトークと焼肉ホルモンde笑ってナイトをプロデュースします。

 あっという間に2019年が過ぎ去り、2020年入り。 明けましてお

小林家と居倉家の対面について書かれた福島民友新聞社の記事。
小林家のファミリーヒストリー 〜信州から会津に行ったご先祖様〜

NHKに「ファミリーヒストリー」という人気番組がある。 毎回、ひ

出版不況の中、デジタルオンデマンド印刷の登場は、業界をどう変えるのか?
出版不況の中、デジタルオンデマンド印刷の普及で出版界はどう変わる?

このところ、本の雑誌社の杉江さんと「おとなの社会科見学」が続いている。

レンガ状に配置された「Project」。今回、会社のサービスを紹介する場所に使いました。
WPテーマ「Perth」の設定で困ったこと③プロジェクトが表示されない!

先日、会社のホームページをリニューアルしました。Wordpressの「

→もっと見る

  • 2024年2月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    26272829  
PAGE TOP ↑