*

【酒飲み推奨】プレゼント選びに悩んだら、ぜひコレを!

咳、喉、鼻水、○痢という風邪のフルコースに見舞われた年末を経て、新年早々に副鼻腔炎、いわゆる蓄膿症を発症…という、とんだ2014年の幕開けでしたが、おかげさまで抗生物質もよく効いて、平常運転に戻りました。

さて、今回のお話は風邪が一段落したときの出来事です。

昨年の10月29日に創業9周年を迎えた際、何人かのお知り合いからお祝いをいただきました。
その中には、例の赤ペンも含まれておりますが(笑)、ある方は私の酒好きを知って…か知らずか、日本酒を贈ってくださいました。

贈答用の化粧箱に入っていたので、瓶の栓に「菊水」と書いてあるのを確認し、「これはとっておきの楽しみにとっておこう」と思って冷蔵庫に入れたものの、あっという間に日が経ってしまい、そのお酒を再び手にしたのは、風邪の症状がやわらいできたお正月のことでした。

箱から瓶を出して、びっくり!

 IMG_5437
 

なんと、会社のロゴがラベルになってるではありませんか(超うれしかった)。

しかも、ラベルは、シールを貼ったものではなく、瓶に直接印刷してあります。

「もらったときにすぐ箱から出しておけばよかった……」と思ったのものの、あとの祭りで、年明けのご挨拶で、いただいた方に再度お礼のご連絡をしました。

この菊水オリジナル瓶、秋葉原の「ちゃばら CHABARA」にある、菊水酒造さんの直営店でお願いできるんだそうです。

選べるお酒は特定の銘柄だけですが、四合瓶だけでなく、カップ酒や、菊水のよく知られたアルミ缶にもプリントできるとのこと。もちろん、シールではなく直接印刷してくれます。

ラベルの印刷代はお酒の代金に含まれていて、しかもお店にいけば即日で作ってくれるため、ネットの配送を待てないケースや、秋葉原界隈に住んでいたり、働いていたりして、今日手土産で持って行きたい…みたいな人にはうってつけです。

ちなみに、秋葉原で直接買うことができない人でも、ネットから注文ができます(ただし、こちらは店頭のサービスとは違うようです)。

Kikusui Sake Design(菊水 Sake デザイン)
http://shop.kikusui-sake.com/ksd/

 

ところで、この「菊水AISAボトル」をプレゼントしてくださったのは、秋葉原にある、有限会社Imagination Creative(イマジネーション・クリエイティブ)の社長、方喰正彰さん。
http://corporate.imagination-power.asia/index.html

方喰さんは、「秋葉原」「オタク」「マンガ」「キャラクター」に特化したコンサルタントで、マンガやキャラクターなどを使った企業、自治体のブランディングやPR、アニメやオタク関連の商品企画、プロデュースなどを手がけておられます。

まさに「クールJAPAN」のど真ん中で働いている感じの人ですが、いわゆる「ザ・業界人」みたいないやらしさはなく、むしろミステリアスなキャラというか、執事のようなたたずまいが印象的な方です。

アキバに会社を構え、ご当地で特色ある贈り物を見つけるというのも、方喰さんらしいなと思った次第。
私も調布でとっておきの贈り物候補を見つけなくては……(ゲゲゲの○○○とか、石○プロのグッズとか)

ということで、オリジナリティーあふれるプレゼントを探している人や、贈りたい相手が会社や団体などを運営していてロゴマークがある場合や、イラストレーターやデザイナーさんなど、自分のトレードマークを持っている人など、こういったサービスを使ってみるのもいいかもしれません。

PR

関連記事

流行る店と流行らない店を分ける、飲食店の意外な条件とは?

どういうわけか「立地はいいのに、どんなお店ができてもすぐに潰れてしまう」という場所があります。

記事を読む

no image

本当のハーフ&ハーフをキミは飲んだことがあるか!

 昨日の書き込みを台無しにするような、ネタで申し訳ない。  まずはこの写真を見て欲しい。  上がG

記事を読む

no image

12分の1が終わろうとしている・・・

 いまごろですが、明けましておめでとうございます。  年明けから、次の番組テキストの作業がスタートし

記事を読む

校正あるある(あっちゃまずいんだけど)〜ヒヤリハット編〜

昨日、Twitter経由で回ってきたGIGAZINの記事、 「学研ムック「自然農法で野菜づくり」の

記事を読む

創業丸9年を迎えました

2004年の今日、10月29日、会社を設立しました。 創業当日は、江古田のBUDDYで

記事を読む

no image

友あり便りあり、また嬉しからずや

 親、親戚、同僚、友達、先輩後輩。  人にはいろんな知人がいて、いろんな付き合いがある。  人よりも

記事を読む

デジタル化で起こる「紙の本」の行方。東京国際ブックフェアの基調講演を聴いて、電子書籍について思うこと。

一年も半年が経ち、7月上旬の恒例イベント、東京国際ブックフェアの季節がやってきました。 今年の

記事を読む

no image

週末は気をつけたい

 以前はデジタル一辺倒だったが、4年ほど前からスケジュールやTo Doはアナログ回帰している。いわゆ

記事を読む

no image

やれることを愚直にやる。そしてチャンスは逃さない

 最近、平日に酒を飲まなくなった。  いや、正確には家で飲まなくなった。  去年まで「年間の休肝日が

記事を読む

編集者から見たプロフェッショナル(1)フォトグラファー〜瞬間を切るとる魔術師たち〜

編集の仕事は、本や雑誌ごとに複数の人とチームを組み、最終的にひとつのものを作り上げます。 制作

記事を読む

PR

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PR

2020年1月21日(火)@赤羽/新宿二丁目ママ歴27年、涼ママの歌とトークと焼肉ホルモンde笑ってナイト、大盛況でした。

 久しぶりのイベント復帰、どんなことになるだろう……と思いつつ、フタ

2020年1月21日(火)@赤羽/新宿二丁目ママ歴27年、涼ママの歌とトークと焼肉ホルモンde笑ってナイトをプロデュースします。

 あっという間に2019年が過ぎ去り、2020年入り。 明けましてお

小林家と居倉家の対面について書かれた福島民友新聞社の記事。
小林家のファミリーヒストリー 〜信州から会津に行ったご先祖様〜

NHKに「ファミリーヒストリー」という人気番組がある。 毎回、ひ

出版不況の中、デジタルオンデマンド印刷の登場は、業界をどう変えるのか?
出版不況の中、デジタルオンデマンド印刷の普及で出版界はどう変わる?

このところ、本の雑誌社の杉江さんと「おとなの社会科見学」が続いている。

レンガ状に配置された「Project」。今回、会社のサービスを紹介する場所に使いました。
WPテーマ「Perth」の設定で困ったこと③プロジェクトが表示されない!

先日、会社のホームページをリニューアルしました。Wordpressの「

→もっと見る

  • 2022年12月
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  
PAGE TOP ↑