*

この迷著はどこからツッコミを入れるべきなのか。アブディンの『わが盲想』ついに出版!!

出社したら、ポプラ社から見本誌が。

高野さんつながりの友達で、スーダン人のアブディンが、ついにポプラ社から本を出版しました。

盲目のスーダン人、アブディンが驚異的な日本語能力とパソコンとオヤジギャグを駆使し、四感で日本を描いた凄すぎる迷著「わが盲想」(ポプラ社)

盲目のスーダン人、アブディンが驚異的な日本語能力とパソコンとオヤジギャグを駆使し、四感で日本を描いた凄すぎる迷著「わが盲想」(ポプラ社)


タイトルもずばり『わが盲想』

帯には

「日本語が巧すぎる盲目のスーダン人が、聞き、嗅ぎ、味わい、感じた日本を描く、前代未聞の面白エッセイ!!」

とあります。

鮮やかなレモンイエローの表紙には、盲人用の白杖をもったアフリカのおっさんが笑顔で写っていて、右上にはアラビア語・・・。

盲人で、スーダン人(スーダンはココ)なのに、日本語の本??

「文章は誰が書いてるの? え、本人??」

「どうやって??」

というのが、ふつうの人の正しい反応・・・だと思います。

 

しかし、アブの日本語能力は、その「ふつう」を遙かに凌駕していて、話し言葉はもちろん、メールやブログの文面だけ読んでいると、彼がスーダン人で、目が見えないことなど吹っ飛ぶレベル。

その辺の日本人より、というか、普通のライターでもここまで書けない。

しかも、目が見えないのに、正確な漢字を覚え、きちんと使い分けてるし・・・。

にわかに信じがたい方は、アブのTwitter(@Abdinkun)を見るとわかっていただけると思います。

そんなアブの新刊『わが盲想』は、ポプラ社のウェブマガジン「ポプラビーチ」に連載されていた人気エッセーを加筆、修正してできました。

初めて会った時、まだアブは東京外大の大学院生で、高野さんとタンデム自転車に乗って旅をするという計画を企てていたところに、なぜか私も巻き込まれたんじゃなかったっけ・・・。

結婚し、子どもも生まれ、会った時から10キロ以上も増量したけど、その分、貫禄もついて、作家デビューとしては万全の体制のはず(笑)。

四感をフル活用して描く、アブの世界。

外国の盲人が超人的な日本語能力と、パソコンの音声読み上げソフトを駆使してつづった、日本初の奇書をどうぞご堪能ください。

PR

関連記事

一見ムダなようでも、好きなことに没頭しておくと、後でいいかもよ……というお話

 一件ムダかもしれないことが、ひょんなことで役に立つケースがあります。  特に、子どものころ好きだ

記事を読む

編集者から見たプロフェッショナル(1)フォトグラファー〜瞬間を切るとる魔術師たち〜

編集の仕事は、本や雑誌ごとに複数の人とチームを組み、最終的にひとつのものを作り上げます。 制作

記事を読む

no image

息子、航が1歳になりました。

 私事ですが、息子の航(こう)が8月12日で1歳になりました。  1年はあっという間です。  どん

記事を読む

no image

またハマった…。韓国大河ドラマ

 昨年末、突如盛り上がり、にわかに消えた「チャングム」マイブーム。  数か月の小康状態を経て、再び韓

記事を読む

no image

手帳はデジタル?それともアナログ?

 一昔前なら、首標のタイトルは  「手帳はシステム手帳?それとも綴じ手帳?」  といったところだと思

記事を読む

no image

遠方より友きたる

 土曜日、岡山から宮本が上京した。  宮本は大学時代、吹奏楽でいっしょに時を過ごした旧友である。  

記事を読む

no image

ジェネラリストのスペシャリスト

昨日、あまりの自分の無節操ぶりを嘆き節で綴ったところ、思わぬ所から助け船ならぬフォローメールが届きま

記事を読む

no image

ジューンブライドと、ミャンマーの「黒」デューサー

高校の同期、従兄弟、6月に入って結婚式が相次ぐ。 用事があって出席できなかったが、大学の後輩も10年

記事を読む

no image

話の長い人は「10文字以内で述べよ」のルールを使ってみる

[/caption] 「10文字以内で述べよ」 これは、日本盛で営業マンをしていた頃、親

記事を読む

no image

なぜ人はビールを飲むのか?

 いいメールが届いた。  シャレではない。  私の尊敬する先輩からだった。  生き方、あくなき好奇心

記事を読む

PR

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PR

2020年1月21日(火)@赤羽/新宿二丁目ママ歴27年、涼ママの歌とトークと焼肉ホルモンde笑ってナイト、大盛況でした。

 久しぶりのイベント復帰、どんなことになるだろう……と思いつつ、フタ

2020年1月21日(火)@赤羽/新宿二丁目ママ歴27年、涼ママの歌とトークと焼肉ホルモンde笑ってナイトをプロデュースします。

 あっという間に2019年が過ぎ去り、2020年入り。 明けましてお

小林家と居倉家の対面について書かれた福島民友新聞社の記事。
小林家のファミリーヒストリー 〜信州から会津に行ったご先祖様〜

NHKに「ファミリーヒストリー」という人気番組がある。 毎回、ひ

出版不況の中、デジタルオンデマンド印刷の登場は、業界をどう変えるのか?
出版不況の中、デジタルオンデマンド印刷の普及で出版界はどう変わる?

このところ、本の雑誌社の杉江さんと「おとなの社会科見学」が続いている。

レンガ状に配置された「Project」。今回、会社のサービスを紹介する場所に使いました。
WPテーマ「Perth」の設定で困ったこと③プロジェクトが表示されない!

先日、会社のホームページをリニューアルしました。Wordpressの「

→もっと見る

  • 2024年5月
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
PAGE TOP ↑